2017年07月12日(水) 更新

業界研究の方法と教育業界の動向

教育業界といっても幅広いのでターゲットを絞るのが大事

業界研究の方法として、まずは業界の分類をしましょう。教育業界と一口に言っても専門学校や塾、予備校など様々な形態に分かれます。また、子供の教育にスポットを当てて就職活動をするか、大人向けの専門スクールに焦点を絞って活動を進めるかも検討しましょう。誰かに教えることだけが教育ではなく、それに付随するテキストの販売や出版も、広い意味での教育業界に分類されます。業界研究の方法としては、まずはどこに焦点を当てるのかを明確にしましょう。

企業分析は業績・教室や生徒の数などを頼りに進める

教育業界の分類を理解して自分が就職したいジャンルが絞れたら、次は個別企業の分析を進めていきましょう。例えば、塾を運営している会社をいくつかピックアップして、それらの企業のこれまでの業績や教室の数、生徒数などを念入りに調べる業界研究の方法があります。1社だけでなく、複数の企業を比較していく業界研究の方法だとさらに緻密なものになりますが、より深く教育業界について知れるでしょう。

個別企業を分析する方法では同業他社との比較が重要

業界研究の中の個別企業を分析する方法で重要なのは、比較して分析を進めることです。前年度との生徒数の増減や同業他社との売上高の比較、教室が開講しているエリアなどを比較する方法を行いましょう。自分の志望している分野の企業がどのような成長過程を辿ってきたのか、今後の伸びしろはあるかをきちんと業界研究していく方法を行っていると、就職活動の近道となります。

情報を集めるなら企業のHPや業界誌がおすすめ

教育業界や個別企業の情報を得る方法として一番有効な方法は、企業のホームページの閲覧です。特に上場している教育業界の企業には情報開示義務が課されているので、株主や債権者向けに単なる数値だけでなく、グラフや表を用いてわかりやすくデータが掲載しています。また、教育業界に特化した業界誌を購読するのも一つの業界研究の方法です。業界のトレンドがわかるので、業界研究を効率的に進められる方法だと言えます。

教育業界の企業は顧客の獲得に焦っている

塾に絞って業界研究を進めていくなら、まず上場している企業は19社をしっておきましょう。塾には受験対策を主にしている教室と成績アップを目指して、子供達に指導をして教室とに大きく分類できます。少子高齢化で生徒数確保に躍起になっている各運営企業は、ウェブ広告やチラシ、紹介制度をフル活用して入塾者の確保に努めているそうです。塾業界の平均売上高はほぼ横ばいを続けており、新規サービスを手掛ける企業も出てきています。

人が定着しにくいので求人需要は豊富

塾の運営には講師だけでなく、受験指導のスタッフ、広告スタッフ、事務スタッフなど多様な職種が必要です。どの職種の需要が1番あるかを調べることも、業界研究のひとつになるので時間を長く割くことになります。業界研究から求人の数や離職率の傾向を読み解くと、教育業界は人が定着しにくく、求人需要が豊富な業界のナンバーワンの業界であることがわかります。業界研究の方法を上手く活用すれば、教育業界ではどんな職種の需要があるのかもわかるのです。

企業の比較や業界誌で業界研究を!少子高齢化は教育業界に大きい影響がある

教育業界は少子高齢化の波をもろに受けるので、生徒数の確保が重要な課題となっているのが業界研究をするとわかります。業界平均の売上高や生徒数を分析していくとほぼ横ばいになっている企業がほとんどでした。離職率が高く人が不足していることもあり、求人は豊富にあるので就職は比較的にしやすいでしょう。業界研究の方法を上手く活用して、教育関係の仕事に就職できるように頑張ってください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【デベロッパー主催】京都の文化財でインターン!

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時: 2019/08/09