2019年11月22日(金) 更新

インターンシップで無能と評価されてしまったときの対処法

インターンシップでは「人間性」「仕事観」「常識」を見られる

インターンシップで企業が見ているのは「人間性」「仕事観」「常識」の3つの項目となります。人間性の項目では、得意・不得意や人物像を見ており、仕事観の項目では仕事への姿勢や業務への取り組み方を見ています。また、常識の項目ではマナーがあるかどうか、それから取引先を困らせない程度の一般常識があるかが見られています。

仕事はある程度できるだけでよい

企業側もインターンシップ生のことを「新人以下」の存在と見ていますので、仕事がずば抜けてできる必要はありません。しかし、「仕事観」や「人間性」を見られているという点から、ある程度のレベルである必要があるでしょう。では、インターンシップにおいて、無能さを露呈してしまった時、どのようなリカバリーの方法をすればいいのでしょうか。

無能と評価されたらムードメーカーに徹する

インターンシップで無能と評価されてしまった時、リカバリーの1つに挙げられるのが「仕事はできないけれども憎めない」という、人間性のアピールです。自分の人間性をアピールするには「低姿勢で向上心がある」模範的新人社会人である必要があります。常に明るく、そして笑顔で。職場のムードメーカーとなってみてはどうでしょうか。

人間性のアピールにはマナーが大事

ムードメーカーに徹して、人間性をアピールする場合は、「挨拶」ができなければなりません。また、「失敗しても前向き」であるポジティブさが求められます。無能と評価されてしまったら、この2点は必ず抑えておきましょう。人間性をアピールするなら、マナーとポジティブ思考への切り替えが必要になりそうです。

通過するエントリーシートを作成する

インターンの選考に通るためのESを作成するために、実際の通過者のESを参考にしましょう。そこで活用したいのが「インターン選考通過者が実際に提出したES集」です。JALや日清製粉、三菱UFJ銀行や大正製薬などの通過者が提出したESを無料でダウンロードできます。設問の内容も確認できるため、事前の対策として持っておきたい資料です。

無能と評価されてしまってもプラスに捉える

インターンシップで無能と評価されてしまっても、それは「スキル不足が見つかった」「無知を知れた」とプラスに捉えましょう。インターンシップは、実際の業務を経験できる貴重な機会なのですから、就職までにスキル不足を潰しておくと、後々、随分と楽な思いをするでしょう。

自分の可能性を広げるチャンス

インターンシップで無能と評価されてしまっても、すべてをマイナスに捉えてはいけません。インターンシップでは、自分の無能さから見直しができたり、就活での改善点が見つかったりする可能性があります。これまでの人生でしたことのない経験をすることによって、反対に得意分野も見つかります。これにより、自分の新しい進路を見つけられるかもしれません。たとえ無能と評価されても、自分の可能性を広げるチャンスなのです。

インターンシップで無能と評価されても可能性を広げる場と捉え人間性をアピールしよう

インターンシップで無能と評価されてしまっても、挽回可能です。面接の時までに、無能とお評価された足りない能力を鍛え、その点をアピールできます。また、インターンシップでの失敗は「若いうちの失敗」と同意義だと思うと気楽になります。インターンシップは、就活において大事な機会です。たとえ、どのような評価を受けようとも、頑張ってください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

個別面談へご参加ください
  • 18年卒
  • 23年卒
  • 22年卒
  • 20年卒
  • 24年卒
  • 19年卒
  • 21年卒
  • 就活サポートサービス

個別面談へご参加ください

個別面談へご参加ください

41947 view

おすすめの就活イベント