2016年11月29日(火) 更新

インターンシップを通して自分の強みを探すためのポイント

インターンシップは学生が社会や企業について知り体験する制度

インターンシップは、学生が社会や企業について知るために設けられた制度です。一定期間インターンシップ制度を導入している企業で働き、自分がやってみたい仕事を探したり、自分の能力の適正は何なのかを考えたりする機会にもなります。社会における組織や仕事を経験できる制度で、専門性の高い分野が導入しているケースが多いようです。インターンシップには短期と長期があります。短期インターンは、1日や数週間の体験ができ、長期インターンシップは数か月〜1年という長い期間仕事をします。就職活動で行うインターンシップは、短期インターンが主でさまざまな業種や職種を体験できるのです。

インターンシップで自分の強みを見つけるには目標が大切

インターンシップで自分の強みを見つけるには、目標設定が大切です。目標は、遠いものではなく、「今日はこれを理解する」「一週間後にはこれをマスターする」など、近い将来のものを決めましょう。その目標が達成できれば自信にもつながりますし、目標を達成しながら続けていくと、自分がしたい仕事やなりたい自分像が見えてきます。それが見えた時には、1年後、半年後、1か月後、1週間後、今日、というように逆算して目標設定を立てていきましょう。

一生懸命になれば強みを見つけられる

せっかくインターンシップで仕事を経験できるのですから、まずは一生懸命やってみてください。人は一生懸命になると、普段では想像できないような力を発揮できます。また、適当にしていては分からなかったことも、一生懸命になると気づけるものもあります。自分の強みを知りたいのであれば、インターンシップの期間を存分に利用して一生懸命やってみてください。もちろん強み以外に、反省点も出てくるでしょう。しかし、反省点を改善すると自分の成長につながります。

強みを見つけると同時に社会や組織についても知っておく

インターンシップで自分の強みを見つけると就職活動での自信につながりますし、自分をアピールするポイントも増えます。そして、自分の強みを見つけると同時に、会社でどんな仕事があるのか、組織とはどういうものなのかという点についても勉強しておきましょう。それが分からなければ、社会に出ても組織の体制や会社というものについていけなくなります。さらに、仕事がどういうものなのかも理解しておかなければ「しんどい」「辛い」しか出てこなくなってしまうでしょう。

どんな業界があるのかも知っておくと良い

インターンシップでは学習・経験できることはたくさんあります。自分の強みを見つけるには、それぞれの業界を知っておけば知識となり、自信につながります。自分が興味を持てそうな業界や、調べてみたい業界など、その会社について調べてみましょう。その中でも気になる業界が出てきた時は徹底的に調べてください。その業界がどんな市場なのか、その業界でトップの企業はどのような企業戦略を持っているのかなどを調べてみると、おもしろい会社も出てきます。

強みを得るためには本を読むことも大切

インターンシップを通じて疑問に思った内容や、調べてみたいことなどがある場合は、会社の人に聞くのが一番です。しかし、本を読むのも手段のひとつです。仕事に関しては、その会社の人に聞くのが一番の近道ですが、そのほかで仕事や会社のことなどを知りたい時は本を読んでみましょう。本は知識です。自分では考えもつかなかった答えが書いてあったり、感情が動かされる本に出会えれば自分の感情や価値観も豊かになってきます。それも自分の強みとなるでしょう。

インターンシップで自分の強みを探すには目標を決めて一生懸命取り組もう

インターンシップで自分の強みを見つける方法について見てきました。これ以外でも自分で思いつくアイデアは実践してみてください。人それぞれやり方が違いますし、強みを見つければ就職で有利になり、自分自身のためにもなります。ゆるがない自信というものを身に着けるには、インターンシップだけでは無理かもしれませんが、今の自分より少しでも自身がつけば、十分就職の際のアピールポイントとなるでしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント