2016年11月29日(火) 更新

インターンシップを夏休み中の8月に行うメリット

8月にインターンシップするには2か月前の応募が必要

多くの学生に注目されている8月に行われるインターンシップに参加するには、4月中旬~6月末頃まで募集が行われているので、この時期に応募するようにしましょう。そして8月頃からインターンシップが開始されます。注意点として、企業が募集の締め切りをする前に応募しなければ、8月のインターンシップを利用出来ないので気を付けましょう。

ワークショップや業務見学を行う企業が多い

8月に行われるインターンシップの期間は5~30日間で、短い期間となります。そのため、企業は長い時間をかけて仕事を教えられないので、ワークショップや業務見学を行っている企業が多いです。給与は業界によって違いますが、時給や日給で支払う企業が多くあります。インターンシップで高級の業界で知られているのが、外資系コンサルタントやIT系です。

インターンシップに参加すると採用に結び付く可能性がある

8月は就職活動が行われる直前に行われるので、インターンシップが就職活動に結びつく場合があります。企業からインターンシップで優秀な人材と評価されたら、1次選考を免除してくれる場合があるのです。さらに、8月のインターンシップを利用した学生を専用にした採用枠を用意している企業もあるので、8月のインターンシップは内定を貰える近道と言えるでしょう。

実際の仕事を学生が体験できる機会は貴重

就職活動をする前に、勤めたいと考えている企業の情報を知りたい学生は大勢います。8月は就職活動をする直線になるので、就職活動の参考になるでしょう。実際に、企業がインターンシップを行う目的は、学生に社会で働く意味を知ってもらうためです。そして学生がイメージしている仕事と、実際の仕事では違う場合が多いので、就職活動を始める前にインターンシップで仕事を体験出来る機会は貴重だといえます。

8月のインターンシップなら余裕を持って参加できる

多くの学生が8月にインターンシップを行うのは、夏休みで1ヶ月以上も自由な時間があるからです。8月以外であれば、週末しか自由な時間がありませんが、夏休みであれば余裕を持ってインターンシップを行えます。就職活動に不安を感じている学生は、長い休みのある8月に、インターンシップを利用したほうが良いでしょう。

就職後に後悔する可能性が減る

インターンシップは、就職活動が有利になると言われています。就職活動の面接で、インターンシップを行ったことを話せばアピールポイントになるからです。そしてインターンシップに参加すれば、どの業界の仕事が合うのか理解を深められるでしょう。そのため、内定を貰った後に仕事を始めてから、イメージしていた仕事内容と違うと後悔する可能性が減ります。

8月に行われるインターンシップのメリットは内定のチャンス・時間の余裕

学生が8月にインターンシップを行うメリットは数多くあります。就職活動する直線の時期で、勤務したいと考えている企業の仕事内容を体験出来るのは、就職活動の良い参考になるはずです。企業によって、8月にインターンシップを行った学生の採用枠を準備している所もあるので、自由な時間のある夏休みにインターンシップは利用したほうが良いでしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

個別面談へご参加ください
  • 23年卒
  • 24年卒
  • 22年卒
  • 20年卒
  • 21年卒
  • 18年卒
  • 19年卒
  • 就活サポートサービス

個別面談へご参加ください

個別面談へご参加ください

41555 view

おすすめの就活イベント