2016年11月29日(火) 更新

無い内定で死にたいと思わずに就活するポイント

いつまでも内定が取れない状態を「無い内定」と呼ぶ

大学生や高校生が、学生最後の年になると就職活動をする事になり、早い方だと夏になる前に内定を取れる方がいます。所が、秋になって卒業間近になっても内定が取れない状態で悩んで死にたいと悩み始める学生が増えていくのです。このように、いつまでも内定が取れない状態を「無い内定」と呼ばれています。内定が取れなくて死にたいと考えないで済むには、死にたいと考えてしまう原因を見つける事が重要です。

無い内定の状態になると死にたいと考えてしまう

無い内定で死にたいと考えてしまう事は就職活動をどれだけ頑張っても、内定が取れないからと言われています。実際に同級生の友達が次々に内定を取っていくのに、いつまでも内定が取れていないと死にたいと考えてしまうのでしょう。しかし内定を取れないで悩む学生は数多くいるので、無い内定が続いても、それほど深刻に考えないでリラックスして就職活動に臨んだほうが良いのです。

無い内定の状態が続いてしまうとストレスが溜まってしまう

無い内定が続いて、死にたいと考えてしまうのはストレスがたまっているのが原因と言われています。その為、ストレスをためなければ、死にたいと思わないで済むのです。例えば、何社も面接試験を受けたのに内定が取れない場合は、一生内定が取れないと思い焦ってしまいます。無い内定の時は、休養を時々するようにして、リラックスした状態で就職活動するのが重要です。リラックスしない状態で面接試験に臨めば、面接官の質問に満足に答えられず、ますます内定を取れなくなるでしょう。

就活エージェントを利用するのがおすすめ

無い内定が続くのが嫌で、休養しないで早く内定を取りたいと考えている方もいるでしょう。そのような場合は、就活エージェントを利用すれば、ストレスをためないで済みます。この就活エージェントを利用すれば、面接のアドバイスやエントリーシートの書き方などを教えてくれるので、1人で悩んで死にたいと思わないで済むでしょう。就活エージェントは、マイナビエージェント・リクルートエージェントなど数多くあるので、ご自身の合うエージェントを選べば、心強い味方になってくれるはずです。

無い内定を脱出するには多くの採用者を求める企業を狙う

就職活動しているのに無い内定が続いて、死にたいと悩まないで済む最も有効な方法は何なのでしょう。それは、内定を取ることで、実はそれほど難しいものではありません。仕事内容が多少ハードで、次々に社員が辞めて行き人材不足に困っている会社もあります。そんな企業では、採用者を多く取ろうとしているので内定を取りやすいのです。どの企業でも良いから内定を取りたいと考えている方は、求人で多くの採用者を求めている企業に応募してみるのも良いでしょう。

就活がうまくいかない原因を模索すべき

無い内定が続いたとしても、理想の企業に就職したいと考えている方は、しっかりとした対策を取る必要があります。例えば内定を取りたくて、面接で必死にアピールする学生がいますがこれは逆効果になる場合も多く、面接官の質問に冷静に答えられる学生が好印象を持たれやすいでしょう。このように、なぜ就職活動が上手くいかないのか?その原因を見つけて対策を立てれば、理想の企業でも内定を取れる確率は高くなるのです。死にたいと考える前に、就活方法を見直してみましょう。

無い内定で死にたいと思わないようにストレスを発散して採用されやすい企業を狙おう

多くの学生が、無い内定で死にたいと考えてしまいますが、企業は1社だけではありません。仮に10社応募して内定が取れなかったとしても、次の応募先で内定を取れたら問題はないのです。ただし、計画を立てないで応募を続けていけば、同じ結果になってしまいます。なぜ内定が取れなかったのか?その原因を見つけて対策を立てる事が重要です。1人では、その原因を見つけられない場合は就活エージェントを利用して、死にたいと思う前に対策を考えてもらえるようにしましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【WEB・電話面談】1,000社から厳選!好待遇なホワイト企業に内定できる!

    【0120-082-118より日程調整のためご連絡差し上げます。】