2016年11月29日(火) 更新

理工学部卒業者の主な就職先3つ

理工学部卒業者の主な就職先①:業務用機器の開発メーカー

理工学部と一括りにしても、その中には大学毎の特色となる様々な学部や学科が設置されています。中でも、ほぼ全ての大学の理工学部に併設されているのが、機械工学です。機械工学というと、主に業務用機器の研究開発と製造を担う機械メーカーなどがその道の業界として代表的で、理工学部卒業者の多くは、こうした業務用機器の開発企業を就職先として選択しています。

大手企業を中心にやり甲斐のある業務内容

機械工学に精通した業界の1つである業務用機器の開発企業は、日本の産業を支える非常に重要な役割を担っていることから、中小企業だけでなく上場企業や一流企業と呼ばれる大手企業が目白押しの業界の1つです。自動車開発に不可欠な機器の開発企業をはじめ、航空業界や鉄道、精密機器など日本国内に於ける物づくりに該当するような全ての工業製品の製造に欠かせない業務用機器に携わるなど、業務を通じて様々なやり甲斐を実感できる就職先です。

理工学部卒業者の主な就職先②:建築・土木業界

理工学部に属する代表的な学部・学科の1つにも挙げられるのが、土木工学や建築工学と呼ばれる分類です。これらの学部・学科では、現代建築に関する様々な研究や開発を専門的な教育課程として実施している為、将来的には建築業界や土木業界などが主な就職先となります。また、最近では都市工学も理工学部の一種として含まれるようになり、建物だけでなく都市計画に通じる地方自治体なども有力な就職先と位置づけられています。

安定した雇用体系と充実の待遇

日本における建築業界や土木業界と言えば、特に従業員に対する待遇条件の良さや福利厚生の充実差が際立って業界の1つとしても知られています。理工学部という理系の専門学部・学科を卒業した学生は、企業側から見ても即戦力となるだけでなく、常に新しい教育課程を導入している最新の建築・土木関連知識を有した有力な人材としても重宝されており、就職先としても非常に有望な条件や待遇が期待できます。

理工学部卒業者の主な就職先③:航空会社・自動車などの輸送機器製造業界

理工学部の数ある学部・学科の中でも、大学毎で最も入学難易度が高いコースとして扱われているのが、航空工学です。航空工学とは文字通り、航空機など上空を飛行する物体に関する様々な研究を行う専門科で、将来的には航空会社などをはじめ、航空機を操縦するパイロットなどの職業を就職先として志望する人材が数多く在籍しているほか、中には宇宙工学に通じる専門学科もあり、こうしたコースでは宇宙開発に通じる公的機関や企業への就職も可能です。また、物理工学や機械工学と連動して、輸送機器の開発や製造を行う企業も、有力な就職先として候補に挙がります。

大学で培った知識がそのまま活かせる

航空業界や輸送機器の開発業界に属することができれば、理工学部の学生時代に培った様々な知識やノウハウがそのまま仕事に活かせる為、実際の仕事内容としてやりたいことをそのまま意欲的に実践できるという魅力があります。また、理工学部の各コースの中でも特に難易度が高い事からも推測出来るように、就職先としての難易度が高くなる一方で、就職後の待遇が破格な点も有力な利点となるでしょう。

理工学部卒業者の主な就職先には「業務用機器開発メーカー・建築・土木・輸送機器製造業界」などがある

理工学部卒業者の主な就職先3つについて見ていきました。大学に設置された数ある学部の中でも、特に就職や転職に強みを発揮しているのが、理工学部です。文字通り理系に属する学部でありながら、物理学や工学など現代の産業に書かすことができない専門的な知識を学べるこの学部では、学生時代の経験がそのまま就職後の活動にも活かせるため、即戦力として様々な業界の企業が率先して採用を進めています。これらの点からも、理工学部の主な就職先である機械メーカーや化学メーカー、建築や土木業界などそれぞれの就職先毎に破格の待遇が期待できるでしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【”無限”選考対策】確実に、1社内定へ

    11/06 (11:00~12:00) 【※WEB面談※】