2016年11月29日(火) 更新

就活におけるOB訪問のメリットと注意点

OB訪問では資料からは得られない貴重な情報が得られる

就活するために、希望する業界や職種の企業情報集を、収集する必要があります。今では、インターネットで検索収集したり、資料請求はがきやインターネットから申し込みするなどの就活方法もあります。しかし、それはせいぜい企業のきれいに整理された会社案内パンフレットです。その実際の仕事内容、社内の雰囲気などパンフレットなどから得られない貴重な情報を得るために、OB訪問があります。

OB訪問で裏情報まで得られる

就活で業界研究や企業研究を行い、志望企業を見つけ出し、応募して選考を受ける際にその企業の事をどこまで理解しているかが、志望動機にもつながり大切になります。OBがいれば良い意味でも、悪い意味でも生きた情報や裏情報を得られるでしょう。パンフレットにも載っていない人事担当者にも聞けないこと、また気になる事などをOB訪問により本音など裏情報も含め聴き出し、就活を進めるうえで、重要な判断材料にもできます。

就活におけるOB情報は就職課などに保管されている

就活でOB訪問したい時には、そのOB情報は出身校の就職課や、キャリアセンターなどにあります。学校によっては整理の仕方が違いますが、企業ごとのファイルが都道府県ごとアルファベット順などに並べられ、そのファイルには会社案内や求人票と同時にOBの氏名や入社年度が掲載されています。また就活のサポートとして、専用端末から検索できる学校もあります。さらに指導教官、所属ゼミや研究室、部活・サークルの先輩、家族などの人脈から探し出すという方法などがあります。様々なものを活用して、就活を進めましょう。

時と場合によってメールや電話でアポイントメントを取る

就活のOB訪問に対し、企業によっては出身校ごとにOB社員をリクルーターとして決めているところもあります。そのため、事前に確認しておいた方が良いでしょう。OBリクルーターがいなければ、OB情報からメールの連絡先がわかっているときは、勤務に影響の無いよう、メールによるアポイントメント、また勤務先の電話しか分からない時には、電話に出た人に悪い印象を与えないように、どのような目的でOBと面談したいのかを伝えるのが大事です。

OB訪問では相手の都合を優先した日程調整を行う

就活に際し、学校の先輩だからといって、OB訪問を軽く考えてはなりません。先輩にとってはどのような後輩が訪問しようとしているのかは、先輩の評価に影響を与える場合もあります。訪問日時や場所なども、OBの希望内容を優先させ、迷惑と思われないようにしておきましょう。訪問した時の印象で、生きた情報が得られるかどうかが決まるかもしれません。生きた情報は就活する、とても大事になるので、模擬面接を受けるくらいの心構えでお願いする必要があります。

知りたい情報を整理するなど事前準備が大事

就活でOB訪問するためには、事前準備が大切です。OB訪問の成否は、企業のパンフレットを読めば分かる内容の質問ではなく、人事担当者などに質問できないような内容を用意しておきましょう。また、OBが担当している部署と自分が希望する部署が違う時は、事前にその部署の情報も教えて欲しいと事前にお願いし、自分が本当に知りたい情報をしっかり整理し質問ができるかどうかにかかっています。

就活におけるOB訪問は貴重な裏情報まで得られるが先輩を立てた行動が大事

就活でOB訪問をし、OBとの面談も順調に進み、自分が本当に知りたかった情報を得られれば、必ずOBにお礼のメールや電話を入れましょう。また人事担当者にもOB訪問をさせてもらい大変参考になり、ますます受験したくなった事を伝えることは、OBの顔を立てることにもなると同時にOBから人事担当者に推薦してもらう事もあるかも知れません。人事もマニュアル通りの面接より社員であるOBの情報が参考になります。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント