2019年01月09日(水) 更新

インターンシップの志望動機の作成方法|例文や事前にやるべきこともご紹介

インターンシップの参加には選考の合格が必要

就活対策にインターンシップは有効であり、参加者は例年増加しています。少しでも就活を有利に進めたいなら、積極的に参加することが大切ですが、インターンは希望するだけで参加できるわけではありません。インターンに参加するには、企業に応募し、選考を勝ち抜く必要があります。

選考で不合格になると当然インターンには参加できず、就活対策も思うように進められないため注意しなければなりません。インターンの選考を上手に勝ち抜くには、特に志望動機が重要であり、念入りに考えて作成することが大切です。志望動機で上手にアピールすることができると、参加への道はぐっと近づきます。インターンに参加するための志望動機はどのように考えるのか、詳細な書き方も含めて理解を深めましょう。

インターンシップで志望動機が重視される理由

志望動機を考える際、そもそもなぜインターンシップで志望動機が重要視されているのかを知ることが大切です。インターンの選考では他にも複数の項目で質問を投げられ、評価されます。志望動機以外にも対策を考えなければならない質問はあるはずですが、それらを含めて考えても志望動機の重要度は高いです。なぜ志望動機を念入りに考えなければならないのか、企業が何を見ているかを知って、重要性を把握しましょう。

自社への興味関心を見るため

企業が志望動機を重要視するのは、内容から自社への興味関心を見るためです。インターンシップへの参加は必須ではなく、希望者だけがおこないます。そのため、基本的には一様に高い興味関心を持っているはずですが、それでも学生によって程度の違いはあります。

インターンはそもそも職業体験を通じた学生の成長の場であるため、企業は少しでも興味関心が高く、積極的に取り組んでくれる学生に参加してほしいと考えるのが普通です。綿密な志望動機を提示しているということは、それだけ意欲が高く興味関心も高い、つまりインターンを通して成長しようとする意志も強いと企業は判断します。どれだけ興味関心が強くても、それを伝える志望動機を間違えてしまうと、選考でも不利になりやすいことは理解しておきましょう。

学生の人柄を見るため

学生の人柄を見ることも、インターンシップで志望動機が重要視される理由のひとつです。インターンと言えども、企業の一員として学生を迎え入れるのは確かです。一時的にでも自社に招き入れることになるため、当然信用できるかどうかは非常に重要でしょう。ビジネスの世界では信用が重要視されており、これはインターンに参加させる学生にも同じことが言えます。

信用できない人間を社内に招き入れてしまうと、企業の損失に繋がる可能性があり、危険度は非常に高いです。そもそもインターンの実施にはコストがかかっているため、それ以上の出費は避けたいと考えるのが企業の本音でしょう。成長意欲の有無はもちろん、真面目さ、誠実さなどの人柄を見て、本当に参加すべき人を選定するためにも、志望動機は念入りにチェックされています。

採用メリットがありそうかを見るため

インターンシップは学生の成長を目的に実施されていますが、企業にとっては採用活動の一環でもあります。そのため、参加させる学生は本当に採用メリットがある人だけに絞りたいと考えるのは当然であり、採用候補を選定するためにも志望動機で就職意欲を測っています。

インターンの段階で就職先を決めている人は少ないでしょうが、実際に参加することで、その企業への就職を希望するようになる人は多いです。インターンは企業にとっても採用活動を促進させるチャンスでもあるため、自社で活躍できる優秀な人材を確保することに躍起になっていることも少なくありません。インターンの段階から本選考に繋がっていることを意識し、志望動機も念入りに作成することが大切です。

インターンシップの志望動機例文

例文

  • 大学時代に始めた工場のアルバイトでモノづくりの大変さや楽しさを知り、昔から好きだった貴社の○○のような商品の販売に携わりたいと考え、今回志望しました。将来はメーカーの営業として、多くの人の元に商品を届けたいと思っております。インターンでは実際に業務の流れを経験し、商品が精算され私たちの元に届くまでにどのような過程を経ているのかについて理解を深めたいと考えています。また、貴社への理解を深めることで、さらに志望度を高めて本選考にも臨みたいと考えています。

結論から提示する

インターンシップの志望動機を作成する際には、まずは結論から提示し、なぜインターンシップを志望したのか、その理由を明らかにしましょう。結論ファーストで伝えるのは選考をスムーズに進めるための基本であり、これができていないとアピール力は一気に下がってしまいます。

最初に結論を提示することで、何を伝えたいのかが明確になり、採用担当者に先入観を持たせてアピールすることができます。また、アピールの方向性が定まるため、自分でも何を伝えるのかがを把握しやすく、内容がブレづらいこともメリットでしょう。最初に結論を提示し、コンパクトに主張をまとめることで簡潔に伝えやすくなり、より印象的に志望動機をアピールしやすくなります。

インターンで何をしたいかをアピール

志望動機では、インターンシップで何をしたいかをアピールすることも大切です。インターンシップは参加することで得られるものが数多くありますが、ただ参加するだけでは意味がありません。明確な目的を持ち、それを実現するために積極的に取り組むことが大切なため、何をしたいのかはきちんと提示しておかなければなりません。

ただ参加したいだけでは、目的意識がなく、何となく志望しているイメージを持たれてしまいます。志望度が低いとも思われかねないため、何かひとつでもやりたいことは設定しておきましょう。目的意識を見せることで、やる気を感じ取ってもらいやすく、志望度の高さもアピールしやすいです。やりたいこと、成長したいことを考え、得たいものをきちんと定めて志望動機に反映させましょう。

参加後の姿をイメージさせる

インターンシップは参加してそれで終わりにせず、参加後にまで繋げることが大切です。インターン参加後の姿を採用担当者にイメージさせ、経験をどのように活かしたいかも提示しておきましょう。インターンに参加し、目標を実現して成長した、得るものがあったというのは大切ですが、そこで止まってしまうと参加するメリットは半減してしまいます。

企業は優秀な学生を採用したいと考えていますが、企業が考える優秀は単に能力が高いことではんく、自社で活躍できることです。採用メリットの提示に繋がるよう参加後の姿にも言及して、さらにアピール力の高い志望動機にしましょう。

インターンシップの志望動機を考える方法

インターンシップの選考では志望動機が重要視されるため、特に念入りに考えて作成しなければなりません。しかし、志望動機を作成しようにも、そもそも何から考えてよいのか分からず困ってしまう人も多いでしょう。志望動機は文章構成や書き方のポイントを守ることでアピール力を高められますが、作成するにはそもそもベースとなる部分を考えなければなりません。志望動機のベースを考えるためには何をすべきか、方法を知っておきましょう。

業界・企業研究は必須

インターンシップの志望動機を考えるには、業界・企業研究は必須です。インターンに参加することで、業界や企業への理解を深めることはできますが、事前にある程度知識や理解がないと、志望動機の作成でつまづくことが多いでしょう。志望動機は単にインターンを志望した理由やきっかけを提示するだけではなく、業界・企業への理解度の高さを示すことも大切です。

志望した理由を伝えながら理解度も提示することで、より好印象を与えやすく評価も受けやすくなるでしょう。業界・企業を知るには、テレビや新聞、ネットなどの媒体を使って情報を集めるのがおすすめです。入手した情報は必ずダブルチェックして、本当に正しい情報だけを選り分けて志望動機の作成に活かしましょう。

自己・他己分析もしておこう

自己分析や他己分析も、志望動機を考えるには重要なことです。志望動機ではその企業のインターンシップを志望する理由を述べる必要があり、そもそもなぜ興味を持ったのかという根本的な部分に迫らなければなりません。企業を志望する根本的な理由がないと、単にちょっとした興味だけでインターンに参加しようとしていると思われ、志望度も低いと判断されます。

明確な志望動機を提示するには、自分への理解を深めることが大切であり、自己・他己分析を通して、興味を持ったきっかけや理由を深堀りしておきましょう。なぜその業界に興味を持ったのか、その中でもなぜ該当企業なのかと自身が興味を持った部分を深堀りして、理解を深めていきましょう。

OB訪問もおすすめ

企業への理解を深めて志望動機の作成に役立てるなら、OB訪問の実施もおすすめです。OB訪問では、普段は知れないことまで深堀りして知ることができるため、より業界や企業への理解を深めやすいです。他では得られない情報が手に入るため、志望動機に活かすことライバルたちとの差別化がしやすく、選考もより有利に進められるでしょう。

OBならインターンにまつわる有益な情報を持っている可能性もあるため、OB訪問時にはインターンについての質問をするのもおすすめです。また、OB訪問はインターンの志望動機を考えるだけではなく、就活全体で見てもプラスに働くことが多いです。OB訪問を実施することで企業への興味関心の高さが伝わり、志望度のアピールにもなるため、インターンの志望動機作成にも役立って一石二鳥でしょう。

インターンシップ説明会に参加

インターンシップ説明会に参加し、インターン自体への理解を深めるのもおすすめの方法です。インターン開催に向けて説明会をおこなう企業は多く、参加することでより詳しい情報を得ることができます。インターンの内容についてはもちろん、業界や企業についての説明を受けられる場合もあるため、それも志望動機作成に活かしやすいでしょう。

インターン説明会は、企業が単独でおこなうものと複数の企業が合同でおこなうものに分けられます。すでに志望先の企業が決まっているなら単独の説明会がおすすめですが、まだ決まっていないなら合同の説明会がおすすめです。説明会の参加自体もインターンの選考で有利に働くことは多いため、予定が合うなら積極的に参加しておきましょう。

実施内容を念入りにチェック

インターンシップの情報は企業のホームページやナビサイトなどで公開されているため、志望動機作成にあたっては実施内容をくまなくチェックしておきましょう。ひとくちにインターンといっても企業ごとに実施する内容は違い、得られるものも異なります。志望動機ではインターンを通して何を得たいかを提示しますが、提示したものが実際のインターンで得られないものだとアピール力は半減してしまいます。

インターンを通じた成長の目標は、提示しているならいいわけではなく、その企業で実現し、確実に得られることが大切です。実施内容をチェックしておかないと、得たいものと得られるものがかみ合わず、志望動機の印象が悪くなる危険性があるため、入念に確認しておきましょう。

インターンシップの志望動機作成は入念な下準備から

インターンシップにスムーズに参加するには、志望動機を念入りに考え、作成することが大切です。企業は志望動機から学生のやる気や人柄、採用メリットなどを判断しており、意欲の高さを示すことで好印象を与えられます。インターンは参加することで就活にも役立てられますが、そもそも参加するためには選考というハードルを乗り越えなければなりません。

いかに好印象を与えて志望度の高さを伝えられるかが、インターン選考を突破するカギです。志望動機は内容次第で与えられる印象が大きく異なるため、細部まで注意して作成しなければなりません。入念な下準備でアピール力の高い志望動機を作成し、就活を有利に進めましょう。

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

<安定性重視の方へオススメ>業界国内トップシェア、国内外に550拠点を所有する有望株企業の説明会
  • 2020年卒
  • 会社説明会

<安定性重視の方へオススメ>業界国内トップシェア、国内外に550拠点を所有する有望株企業の説明会

  • 開催場所: 宮城県
  • 開催日時: 2019/03/25
  • 業界国内トップシェア、国内外に550拠点を所有する有望株企業『株式会社アクティオ』のご案内です。

    2112 view

     業界最大級のWebメディア「キャリアパーク」でのアルバイトを募集
    • 2018年卒
    • 2020年卒
    • 2019年卒
    • 就活セミナー

    業界最大級のWebメディア「キャリアパーク」でのアルバイトを募集

  • 開催場所: 東京都
  • 業界最大級のWebメディア「キャリアパーク」でのアルバイトを募集

    5166 view

    <九州>美術館・官庁・大学などからも依頼を受ける地元密着型優良企業の早期説明会!
    • 2020年卒
    • 会社説明会

    <九州>美術館・官庁・大学などからも依頼を受ける地元密着型優良企業の早期説明会!

  • 開催場所: 熊本県
  • 開催日時: 2019/03/26
  • 九州地域就職希望の方へオススメしたい、美術館・官庁・大学などからも依頼を受ける地元密着型優良企業の早期説明会のご案内です。

    344 view

    もっと見る

    おすすめの就活イベント