2016年11月29日(火) 更新

面接で印象が悪い人の特徴3つとその予防策

面接で印象が悪い人の特徴①:会社の基本情報を知らない

面接で印象が悪い人の特徴として、会社の基本情報を答えられないというものがあります。いくらそれっぽい志望動機や自己PRを並べていても、もしその企業の基本的な情報すら答えられないのであれば、到底その企業への志望度が高いようには聞こえないでしょう。ですから、それにより面接で悪い印象を与えてしまうのです。

社長の名前・社員数・事業内容などを覚えておく

では面接で悪い印象を与えないためには、具体的にどういった情報をおさえておけばいいのでしょうか。面接で悪い印象を与えない方法として、まず社長の名前や社員数は絶対に覚えておかなくてはいけません。また、事業内容、取引先などは基本的な情報だと言えます。面接で印象が悪いと思われないように、しっかりおさえておきましょう。

面接で印象が悪い人の特徴②:挨拶や声が小さい

面接で声が小さいと、悪い印象を与えてしまうでしょう。挨拶や声が小さいと、どうしてもそれだけで陰気に見えてしまいます。受ける会社がどんな会社であるにしても、明るい雰囲気の人の方が採用される可能性が高いです。陰気だとそれだけで悪い印象になってしまうので、面接では注意しましょう。

常に明るい気持ちでいることを意識する

面接でそういう点から悪い印象を与えないためには、常に明るくいることを意識しておくと良いでしょう。常に明るい気持ちでいれば声も多少大きくなりますし、挨拶もきちんと出来ます。そうして面接で良い印象を与えられるようになるのです。これには慣れが必要かもしれないので、場数を踏んで慣れていきましょう。

面接で印象が悪い人の特徴③:話がわかりづらい

面接では、話がわかりづらいと印象が悪いと思われるでしょう。話がわかりづらいと、結局何が言いたいのかわかりません。面接官が、結局何がいいたいのかわからないと思ってしまうと、採用される確率は低くなるでしょう。そのため、相手に伝わるような話し方をしなくては悪い印象を与えてしまいます。

結論から話すように心がける

わかりやすい話し方をするには、まず結論から述べると良いでしょう。たとえば志望動機を聞かれたら、「志望動機は何々です。何故なら~」と先に結論を述べて、後からその補足を入れるのです。すると、話がグッと聞き取りやすくなります。そうすれば、面接で悪い印象を与えなくて済むでしょう。

面接で悪い印象を与えないポイントは「基本情報をおさえる・大きな声で話す・わかりやすく話す」

以上、面接で印象が悪い人の特徴とその予防策のご紹介でした。面接で印象が悪い人には、会社の基本情報を知らない、声が小さい、話がわかりづらい特徴があります。これを予防するには、会社の社長名や事業内容を調べる、明るい気持ちを意識する、結論から話すようにするのがポイントです。それらを心がけておくだけで、最低限悪い印象を与えることは避けられるでしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント