2020年05月28日(木) 更新

履歴書は「ですます・である」でOK?口調に関する疑問解決ガイド

「ですます・だである調」を使う際には「言い切り」や「敬語」について注意する就活生が多い!

キャリアパーク会員の就活生を対象に「履歴書で「ですます調・だである調」を使う場合に注意している点を教えてください!(なければなし!でOK!)」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

就活生の回答

  • 強く言い切る形になること
  • 二重敬語
  • 敬語を適切に使用する
  • 必ず統一させること

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月6日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「履歴書で「ですます調・だである調」を使う場合に注意している点を教えてください!(なければなし!でOK!)」

履歴書を書く場合、「ですます調」にするべきか、「だである調」にするべきか迷う人は多いでしょう。しかし、語尾以外にも、就活生は「言い切り」や「敬語を適切に使用する」、「二重敬語」など敬語の表現にも注意していることが分かりました。

では、語尾だけではなく履歴書の書き方については、どういった点に注意していくべきでしょうか。詳しく見ていきます。

履歴書は自分自身をあらわす重要な書類

履歴書の「ですます」「だである」口調や句読点の使い方をお伝えする前に、履歴書の意味を改めて考えてみましょう。

履歴書は、自分のこれまでの経歴や人柄、熱意などを一枚の紙にまとめたものです。就職活動において、大変重要な書類になるため、ミスなく丁寧に作成しましょう。

魅力的な履歴書にするには志望動機と自己PRがカギ

履歴書の記入項目は大きく2つに分かれます。名前・学歴・資格など、書くべき内容が明確な箇所と、志望動機や自己PRなど、自分の言葉で考えを書く箇所です。

魅力的な履歴書にするには、特に志望動機や自己PRに力を入れる必要があります。この志望動機の部分は、内容や句読点の使い方、さらには「ですます」「だである」などの使い方にも気を配るところが多いです。この志望動機の書き方によって、合否が決まる場合も多くあります。

志望動機作成ツールで、サクッと志望動機を完成させよう

志望動機を作成する際、伝えたいことは沢山あっても、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。そんな時は、「志望動機ジェネレーター」を活用してみましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの志望動機が完成します。無料でダウンロードして、効率的に志望動機を完成させましょう。

口調は「ですます」と「だである」のどちらが正解?

履歴書の肝である志望動機や自己PRの箇所を記入する場合、「ですます」と「だである」調のどちらが正しいのでしょうか?

「ですます」と「だである」の使い方を与える印象と合わせて紹介します。

口調に制限はないが「ですます」調が一般的

特に履歴書の志望動機の口調は、一般的には「ですます」調が使われる場合が多いようですが、「ですます」でも「だである」でも問題ないとされています。

「ですます」調の方が丁寧な印象になるため、この口調を使う人が多いのです。しかし、「だである」調は、意思の強さや自信をアピールする場合は有効に働く場合があります。演出したいイメージによって、「ですます」「だである」口調を使い分けるのもテクニックです。

「ですます」や「だである」の口調は必ず統一する

履歴書の口調は、「ですます」調でも「だである」調でも問題ありません。しかし、1枚の書類の中で「ですます」か「だである」どちらかを使うと決めたら、統一させるのを忘れないようにしましょう。

「ですます」や「だである」の口調がバラバラだと、まとまりのない読みにくい履歴書となります。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

句読点が有効に使われていない文章は配慮に欠ける

続いて、履歴書での句読点の使い方を紹介します。句読点を有効に使っていない文章は、非常にダラダラとしていて読みづらくなってしまいます。

見やすく、読みやすい文章とするためにも、接続詞の後や主語の後などに付けていきましょう。

基本的な句読点の使い方7つ

句読点は、ルールがあいまいな印象があり、つい適当につけてしまったりすることもあるでしょう。しかし、それでは読みやすい文章にはなりません。基本的に読点は、50文字に1~2つが適正です。基本的な句読点のルールを覚えましょう。

【基本的な句読点の使い方ルール7つ】

挿入テキスト


  • 長い主語の後に
    例:非常に明るい性格である私は、○○○

  • 主語+述語のかたまりが複数ある分の区切りに
    例:私は明日の面接のために早めに寝たが、○○○○

  • 接続詞・副詞のあとに
    例:私は冬が好きだ。しかし、○○○○

  • 並列関係にある単語の区切りに
    例:赤、青、黄色のリボンをつけた○○○○

  • 誤解釈を防ぐため
    例1:母は嬉しそうに、踊る私を眺めた。
    例2:母は、嬉しそうに踊る私を眺めた。

  • 漢字・カナの連続を防ぐため
    例:合格するためには、ただただ努力するしかないのだ。

  • 句点はカッコのあとに

効果的に句読点を使うと、相手にとって読みやすい文章になります。

履歴書の「ですます・だである」口調は統一し相手への配慮となる句読点はルールを守り有効に使う

履歴書では、基本的に「ですます」調の口調を使う場合が多いと言われていますが、統一されていれば、「だである」を使っても問題ありません。

口調によりイメージが変わってくるため、場合に応じて使い分けてもいいでしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

D1bd5c6662a77f43

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

メガベンチャーから新進気鋭のスタートアップまで、世の中に新しい価値を提供する一流ベンチャーの非公開求人に挑む!

    エントリーはこちら    ※面談日程はエントリー後、お電話にて調整いたします。