2018年10月11日(木) 更新

【自分史の活用方法】就活で必要な項目と書き方の例文

自分史とは?

今までの経験を振り返るもの

自分史という振り返り方を、就職活動の大きな枠組みで考えた場合自己分析のための手段と考えることが出来ます。自己分析と言われると、小難しいことのように思えますが、自分史として今まで経験したことを振り返る機会と捉えることで、自己分析と呼ばれる時よりも考えやすくなります。
将来の働き方を決める際に、今までの経験を振り返ることはあまり意味がないと感じることもあるかもしれません。実際に就職活動を始めているならば、過去を振り返る時間があるならば、企業説明会やOB訪問を優先するべきと感じることもあるでしょう。しかし、人間が持つ本質的な動機は、幼少時代から大きく変化しないものです。自分という人間が、どういった時に気持ちが高まるのか。自分が、どういった時に気持ちが落ち込んでしまうのかを知っておくことは、将来を考える上で大きな役に立ちます。

自分史はESや面接で役立つ

自分史を作成することは、今までのことを振り返るためだけに効果を発揮するわけではありません。ESや面接をといった選考過程を突破するためにも、必要なことになります。
採用担当者から見た時に、たくさん会うことになる就活生の中から自社にとって有意義な存在を見つけださなければいけません。そのため、企業が学生を評価するための判断基準は、学校でどういったことを勉強して来たのかや、志望動機としてどのようなことを考えているのかに留まりません。就活生が過去にどういった経験を持っているのかに加えて、その経験を得るに至った経緯まで、深く知りたいと考えます。
採用担当者が、就活生のことを深く知りたいと考えている以上、相応の準備をしていなければ、期待に応えることは出来ません。自分史を作成することは、こういった深く掘り下げられることになる質問をされた時の、手助けとして役立てることが可能です。

自己分析で作成できる

自分史を作成することは、就職活動の中でも自己分析の一種です。そのため、極端な話ですが、ペンとノートと考える時間さえあれば、今すぐに1人で行うことが出来る作業です。
自分が過去に経験したことを全て思い出し、感じたことや行動に至った背景を説明出来るのは、自分1人だけです。自分史を作成することは、思いのままに自分を表現出来る唯一の場と捉えておきましょう。特に、就職活動では、最終的に採用担当者からの評価という外部の考え方によって、自分の考えが左右されることになり得ます。そのため、従来の自己分析だけでは、自己分析の段階でも、他者からの評価を気にした分析になりがちです。しかし、それでは、本当の自分が持っている考えを深く探ることが叶わなくなってしまいます。他者からの評価を気にするばかりの自己分析は、面白みもありません。そのため、自分を素直に振り返ることが出来る自分史だけは、まず1人で作成しましょう。

自己分析シートを無料プレゼント

「自己分析に時間を取っていられない」という就活生に朗報です!キャリアパークでは、たった36コの質問に答えるだけで「強み」・「適職」がわかる自己分析シートを無料でプレゼントしています。就活生は、下記から入手して、効率よく自己分析をおこないましょう。自己分析で自分の強みや志向性などを理解して、早いうちから対策・行動することが早期内定の第一歩です。就活後期になって焦りだす前に、必ず済ませておきましょう!

自分史に必要な項目は?

①生い立ち

生い立ちは、自分史を作成するための根幹に当たる部分になります。どういった場所で生まれたのか、どういった成長をしてきたのかを思いのままに書き起こしましょう。
生い立ちを考えることが、自分史を作成するために重要な理由は、他の項目を考えやすくするために役割を発揮するためです。今までどのようなことを経験し、どういったことを考えてきたのかを振り返るためには、どういった人生の道筋を歩いてきたのかをはっきりさせなければいけません。
最初は、自分の生い立ちを考えることは難しいと感じるかもしれません。しかし、そこは、自分のためだけに作成している自分史です。自分を形成してきたことを思いのままに書き出すことが、そのまま生い立ちとして成立します。難しく考えることをせずに、思いつくままに書き始めてみましょう。

②学業について

私たちが成長してきた長い年月の中で、学業に身を置いた時間はとても長い時間が該当します。そのため、学業についても、自分史の項目に加えましょう。どういった科目を得意にしてきたのか、またどういった科目を苦手にしてきたのかを振り返ってみましょう。
そして、学業に関して振り返る中で、最も大切なのは、得意な科目や苦手な科目が生まれてしまった背景にどういった理由があるのかを解明することにあります。学業の初めから、得意な科目や、苦手な科目を持っていたわけではないはずです。なぜ、科目ごとの優劣が生まれてしまったのかを、一度考え直しましょう。このような得意と不得意を見直すことで、自分が将来的に壁にぶつかったときの対処法を練ることが期待出来ます。

③課外活動について

学業以外にも多くの時間を利用することが出来た中で、課外活動として取り組んできたことを整理することも、自分史作成の項目に使用出来ます。数ある課外活動の中から、自分が取り組んできた課外活動を選択した意味を今一度問い直しましょう。
取り組んできた課外活動を始めた切っ掛けは、昔からの憧れや、友人からの誘いなど、人によって多種多様なはずです。また、最後までやり遂げることが出来た活動もあれば、途中で断念してしまった活動もあるかもしれません。取り組んできた課外活動1つひとつにどういった行動の背景があったのか、自分史作成の中で意味付けをし直しましょう。
課外活動として取り組んだことは、就職活動の面接などで学業以上に興味を持たれることもあります。質問された時に、しっかり回答出来るように準備しておきましょう。

④人間関係について

企業に就職することになった後にも、人間関係について確実に考えることになります。そのため、自分史を作成する時に、人間関係という項目から今までを振り返ることは、将来の自分を助けることに繋がります。
家族との人間関係に始まり、学校での人間関係など多くの人との関わりを持ってきたはずです。その集団の中で、自分はどういった役割を果たしてきたのかを振り返りましょう。また、人間であれば、相性のいい人やあまりよくない人がいるのも受け止めなければいけません。相性のいい人と悪い人を上手く見極めることも社会人として活躍していくために、必要な能力の一部です。成果を残せる社会人になるためにも、人間関係の在り方を整理する機会を設けましょう。

⑤プライベートな思い出

仕事とプライベートを両立させることが出来ることが、一人前の社会人の条件です。仕事を頑張るためにも、プライベートを充実させることで、双方を上手く循環させることを目指す必要があります。
そういったことからも、過去にどういったプライベートな事柄が思い出として浮かび上がるのかを思い出すことは、自分史作成で行っておくべきでしょう。プライベートな思い出の中で、いい思い出の時はどういった行動をしていたのか、悪い思い出の時には何が良くなかったのかを整理してください。
就職活動の面接を想定した時にも、何気なく話すプライベートのことが採用担当者との共通の話題として盛り上がることも期待出来ます。そういったことが採用の合否に影響することはありませんが、プライベートな話題はリラックス効果も期待出来ます。

⑥成功・失敗体験

成功してきたことと、失敗してきたことを自分史の項目に当てはめることも、いい自己分析の効果を見込めます。特に、失敗体験について振り返ることは、何よりも得難い財産になるはずです。
確かに、過去に失敗した体験をそのまま同じ体験をするようなことはありません。そのため、失敗を振り返ることは、無意味と考えることも出来るかもしれません。しかし、失敗した原因を特定しておくことは、将来を見据えるためにも大きな意味を持ちます。失敗してしまったと思える体験の中で、何が問題だったのかを自分史を利用して思い返しておきましょう。
生きていく中で、失敗は常に起こり得ます。これは、社会人になっても同様です。就職活動では、いかに失敗と向き合うことが出来る人間であるのかを見せることで、いい評価を得ることが出来るでしょう。

⑦得意・不得意なこと

得意なことや不得意なことは、誰しもが持っています。大切なことは、自分が何を得意としているかや、不得意にしているのかを自信を持って申告出来ることです。
企業に入社し、仕事をしていく中で、仕事内容の割り振りがされていくことになります。そのため、得意なことや不得意なことがはっきりしている人の方が、任すことの出来る仕事も明確にしやすくなります。もちろん、仕事の中で、得意なことを伸ばし、苦手を克服する努力は必要になります。しかし、得意と不得意が明確であれば、自分の立ち位置も分かりやすく出来るでしょう。
仕事を想定した時のことを考えても、得意と不得意なことの差別化は過去を振り返ることで見えてくるはずです。自分史で、得意と不得意を明確にして、分かりやすい人材になりましょう。

自分史の書き方ポイント

書き方①0歳~現在までの出来事を書き出す

自分史を書く場合、どの程度昔のことから参考にすればいいかわからないものです。自分の過去を0歳から現在まで全て振り返って、深く掘り下げてみましょう。幼少期の行動にも、意外と本人の性格が現れやすいといえます。また、生まれた場所や生い立ちも、自分自身に何らかの影響を与えている場合が多いです。小学校時代のクラブ活動や習い事、スポーツについても深く掘り下げてみましょう。

書き方②SNSを見返す

近年は、FacebookやツイッターといったSNSを利用している人も多いでしょう。SNSを見返すと、意外な自分の一面が見えたり、いつ・どこで・どんな出来事があったかを振り返ったりすることができます。昔の自分が何をし、何を考えていたのか確認してみましょう。また、家族や友達等、身近な人たちについて調べることも大切です。

書き方③幼いころのことを家族・友達に聞いてみる

近年は、FacebookやツイッターといったSNSを利用している人も多いでしょう。SNSを見返すと、意外な自分の一面が見えたり、いつ・どこで・どんな出来事があったかを振り返ったりすることができます。昔の自分が何をし、何を考えていたのか確認してみましょう。また、家族や友達等、身近な人たちについて調べることも大切です。

書き方④テーマごとに過去を振り返ってみる

過去の出来事を振り返ることができても、どう活かせばいいのかわからないという人は、始めのうちにテーマを決めて自分史を書き出してみましょう。「人間関係」「趣味」「当時好きだったもの」等、ひとつのことに内容を絞れば、自分史を作りやすくなります。そうすれば、芋づる式に他の記憶と結びついたリ、その出来事ひとつひとつの共通点が見つかりやすくなります。

自分史で振り返るべき項目の例

・生まれた場所・生い立ち
・自分が当時ハマっていたもの
・趣味
・部活
・勉強や学業について
・人間関係
・過去に悩んでいたこと
・プライベートな思い出やイベント
・得意なことと苦手なこと
・短所や長所
・成功体験や失敗した経験

書き方⑤自分史は箇条書きの項目に文章をつけていく

自分を作成する時には、文章量に無理な制限をつけないようにしましょう。項目ごとに気のすむまで文章を付け加えていくことが、自分史作成のポイントです。例えば、自分史の中で学業についてという項目を考えるとします。項目に沿って、「小学4年生の時に、算数が得意だと気づく」や「中学2年生の時に、苦手だった社会が先生との出会いにより好きになる」など付け加えていきましょう。
自分史の書き方で、意識した方がいいことの1つに、自分史の中に常に空白のような余裕を作ることなどがあります。思いのままに作成することが、就職活動を助ける自分史が完成に近づきます。そのため、後から、文章をつけていくこともあるかもしれません。そういったことをしやすくするためにも、箇条書きの項目に文章をつけていくようにしましょう。

自分史の例文

自分史を書いてみようと思っても、見本となる指針がなければ書き始めるのは難しいでしょう。そこで、自分史を書くときの例文をいくつか紹介します。ぜひ、自分史を作る時の参考にしてみてください。
自分史を書くときには、事細かに思い出すことせずに、一部の重要な事項を重点的に書き出すようにしましょう。重要なことに詳しい詳細まで付け加えることで、自分の心の変化に敏感に気づくことが出来ます。自分では、思い切って書くことが大切です。

学業について

「小学4年生 英語を習い始める」
姉が英語を習っていることに憧れて、英会話教室に通い始める。アクティブな授業で楽しく英語に触れる。

「中学2年生 英語の映画や音楽に興味を持つ」
授業などでも好成績で英語に自信を持ち、英語の映画や音楽にも興味を持ち始める。外国に対する漠然とした憧れのきっかけ。

「高校2年生 短期留学参加」
夏休みにオーストラリアへの短期留学に参加。英語力は通じなかった。しかし、必死にコミュニケーションを頑張った。ただ好きだった英語で、挫折と成長を味わう。今まで以上に英語を熱心に学びたいと思える経験になった。

「大学3年生 長期留学」
アメリカへの長期留学を経験する。英語力自体に問題を感じることがなくなり、語学力の成長を実感する。語学力に問題はなかったが、勉強についていくのは大変だった。将来は、語学力だけでなく、もっと専門的なことをしならければ社会で活躍出来ないと思い知らされた。

課外活動について

「大学1年 ファーストフードでのアルバイト」
とりあえずお金欲しさに、最初のアルバイトを始める。何となくで始めたせいで、やりがいを感じず半年間で辞める。一緒に働く人や環境の大切さを知る。

「大学2年 カフェでのアルバイト」
好きなことでアルバイトをし始める。コーヒーについて知識が増えた。接客業の大変さを改めて痛感もした。1年半続けた後、学業や就職活動の兼ね合いで辞める。好きなことで仕事をしたいと考えるキッカケ。

成功・失敗体験

「成功体験」
高校時代に部活動で県大会ベスト4に入賞したこと。何事も結果を残すためには、努力の先にしか答えがないことを実感する。どんなことでも近道がないということを知ることが何よりの財産だと分かった。

「失敗体験」
大学時代のアルバイトでの人間関係が上手くいかなかったこと。世の中には色々な考え方をする人がいることを分かっていなかった。時には、どうしても共感できない考えをする人もいることを理解しなければいけない。

自分史の活用方法①:自己PRや長所・短所を分析する

就活における自分史の作り方・活用法の一つ目は、「自分の自己PRや長所・短所を分析すること」です。自分史でこれまでの自分の人生を振り返ることで、「これまで自分ががんばってきたこと」「アクシデントにぶつかったときの自分の対処の仕方」「自分の短所をどのように克服してきたか」を分析することができます。

面接で長所・短所を分かりやすく説明できるようになる

例をあげて説明します。「意識はしていなかったけれど、自分はアクシデントにぶつかると誰にも相談せずに一人で抱え込む癖がある」「困ったことがあると、友達に助けを求める性格だ。他力本願といえばそうだが、そのおかげで自分の実力以上に成功体験が多い」というように、分析するのです。こうすることで、エントリーシートや面接で、自己PRや長所・短所を聞かれたとき、これまでの成功・失敗談などをあげてわかりやすく説明できます。

自分のスキル・価値観を洗い出せる

自分史を作成すると、自分のスキルや価値観について洗い出すことができます。自分の学んだことや経験について振り返りつつ、練習や技術の習得のためにどう頑張ったのか、思い出してみましょう。どんな些細なことでもいいので、思いついたことはとにかく書いてみることが大切だといえます。そうすると、何を大切にして物事に取り組んでいるのか、自分の価値観を改めて把握することができます。また、自分の価値観に影響を与えた出来事についても知るきっかけになるでしょう。

自分史の活用方法②:志望会社や業界が自分に向いているか確認できる

就活における自分史の作り方・活用法の二つ目は、「志望する会社・業界が自分に向いていることを再確認すること」です。就活が始まる前は、漠然とした憧れで「ここの会社で働きたいなあ」と思っていても、実際に就活が始まると「自分は本当にこの会社で働きたいのか」という不安にいつも苛まれます。向いていると思いこんでいた会社で落とされてしまうと、さらに自信がなくなってしまうでしょう。

客観的に自分を見つめ冷静に判断する

就活が始まる前に自分史を書いてみることで、客観的に自分を見つめることができ、どのような会社や業界に向いているのかを冷静に判断できます。また、憧れの会社がある場合には、自分が入社するためには今から自分をどこまで高めていけばよいのか、客観的に考えることができるようになるでしょう。自分史が就活の指針の作り方に役立つのです。また、就活では落ち込むこともあります。そのとき、自分に対する客観性を身につけておくことで、落ち込みながらも「次はどうすればいいのか」を冷静に分析することができるようになるでしょう。

自分史の活用方法③:志望動機を論理的に書けるようになる

就活における自分史の活用法の三つ目は、「志望動機を具体的なエピソードを交えながら論理的に書くこと」です。志望動機の作り方を考えるとき、ぼんやりとした憧れや「人のために働きたいから」というような抽象的な動機では、エントリーシートの広い志望動機欄を埋めることはできません。志望動機の作り方としては、自分史を振り返ることで、「どうして自分がその会社に憧れをもったのか」「そのきっかけは何だったのか」に気付くことができます。

具体的なエピソードを盛り込むことで説得力が生まれる

具体例をあげれば、「入院したときおいしい病院食に元気づけられた。その体験から、病院食・介護食の開発の第一人者である御社に入社したいと思った」というように、ただ「おいしい病院食を作りたいと思ったから」だけではない具体的なエピソードを盛りこんだ志望動機欄を書くことができるのです。志望動機欄は、就活の際、会社が最も重要視する項目です。自分史を使って志望動機を考えることで、ぼんやりとした憧れだけではない、説得力のある志望動機を作り方に役立てることができるでしょう。

自分史は就活で活かせる!上手に活用して有利に進めよう

就活が始まる前に、一度自分史を書いてみましょう。そして、書いた自分史は捨てたりなくしたりしないように、大切に保管しておくことが大切です。採用試験や面接の際に自分史を見直すことも忘れないようにしましょう。後になって「こんなこともあった」と書き足していくのに便利です。

【面接対策におすすめ】優良エージェント5選

4defc2533f9c93b7

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

【in 大阪】ESなし/面接スキップetc... 特別選考ルートをご紹介!
  • 2019年卒
  • 就活セミナー

【in 大阪】ESなし/面接スキップetc... 特別選考ルートをご紹介!

  • 開催場所: 大阪府
  • 開催日時:  2018.03.13 00:00 ...

年間1,500名以上の内定を生み出している就活生向けサービス、ベネッセi-キャリアの「doda新卒エージェント」が19卒向けのスペシャルセミナーを開始しました! 各セミナー人数限定で、1日で埋まってしまう可能性もありますので、エントリーはお早めに!

44736 view

【仕事で活躍したい!認められたい!】本気で頑張る女子就活生のためのサービス「就活美人」
  • 2020年卒
  • 就活セミナー

【仕事で活躍したい!認められたい!】本気で頑張る女子就活生のためのサービス「就活美人」

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2018.12.01 00:00

社会で活躍したい女性のためのサービス「就活美人」の無料登録を受け付けています!女性だけのコミュニティで疑問や悩みを解消しましょう!

300 view

3年生向け!【ANA/三井住友銀行/伊藤忠などに内定実績あり】内定に2日で近づける就活準備講座「en Career Creation Lab.」
  • 2020年卒
  • 就活セミナー

3年生向け!【ANA/三井住友銀行/伊藤忠などに内定実績あり】内定に2日で近づける就活準備講座「en Career Creation Lab.」

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2018.02.08 09:00 ...

今回ご紹介するのは、大手企業へ多数の内定者を輩出している就活準備講座「en Career Creation Lab.」です。わずか2日間で、完璧な準備が行えます!

22108 view

もっと見る

おすすめの就活イベント