2019年10月07日(月) 更新

面接で聞かれる意外な質問・プライベートな質問の意図

面接での意外な質問の意図とは?

面接で、企業のことを沢山聞かれると思いきや、意外な質問をしてくる面接官もいます。その意外な質問で一体面接官は何の意図があって聞いているのでしょうか?

意外な質問で対応力・柔軟性を見ている

面接では、意外な質問を問われる場合がありますが、それは対応力や柔軟性を見られています。また、回答の過程も大事で理論的であるかどうか、自身がどのような思考なのかもチェックされています。
しかし、このような意外な質問は、貴方の採用を本気で考えているという気持ちの表れと捉えることもできます。

意外な質問には冷静な対処力も見られている

仕事をしていく上で、意地悪で自分勝手なお客さんがいたり、無理難題を押し付けてくる得意先があったり…。これはよくあることです。そういった時でも、冷静で上手に対処できる人を企業は欲しがっているのです。

面接でのプライベートな質問の意図とは?

面接での意外な質問の意図については、ご理解いただけましたでしょうか?
面接で聞かれるプライベートな質問には、趣味や、休日は何をしているのか、好きな歌手は?といったものが挙げられます。これは、自身の信条や交友関係を聞き出してる事が多く、表現力等も見られている場合が多いです。ここでは、面接でのプライベートな質問の意図について見ていきます。

プライベートな質問は本質を知るため!

面接官によっては、形式だけの受け答えをする相手の本質を知りたいがために、プライベートな質問を聞くことがあります。このような場合、質問に答えることを拒否すると、面接官への印象が悪くなることもあります。

プライベートな質問には判断力も求められている

仕事に直接絡む内容と言えませんが、例えば結婚であれば今後の業務にかなり関わってくるので、予定が明確になっているものは率直に答えるのが当然です。

両親の職業についても関係ないとは言い切れません。両親の定年後、一緒に住むことになる場合、地方に引っ越す可能性も大です。また、業務遂行に全く関係のないことや、プライベートな趣味などを聞かれて咄嗟に答える必要はありません。むしろ答えるのはマイナスです。その人の性格を判断するために必要な材料であると認識されているかもしれません。

プライベートな質問はコミュニケーションを図るためでもある

コミュニケーションを図るという目的でプライベートな質問をするケースもあります。面接では緊張する人が多いので、どうしてもその時間だけで素を知ることが難しくなってきます。しかし、これから仕事を一緒に行なうかもしれない一員として、楽しく仕事ができるかどうかを判断するためには、なるべく多くのコミュニケーションを取る必要がありますよ。

面接において第一印象が与える影響は大きい

自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

面接での意外な質問・プライベートな質問の意図は判断力や柔軟性

面接で聞かれる意外な質問・プライベートな質問の意図について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。面接での意外な質問、プライベートな質問は絶対に何かしらの意図が隠れています。適当に質問しているわけではなく、柔軟性や判断力を見られています。意外な質問、プライベートな質問には適当に答えずに、意志を持った発言・思考力を伝えましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

Bc13609351f58bdb

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【WEB・電話面談】1,000社から厳選!好待遇なホワイト企業に内定できる!

    【0120-082-118より日程調整のためご連絡差し上げます。】