2016年11月29日(火) 更新

就活で筆記試験が行われる目的と有効なテスト対策

筆記試験を行う目的とは?

新卒採用の選考で、筆記試験を行う目的は何なのでしょうか?多くの企業がやっているから自分も受ける…というのも決して悪い事ではありませんが、目的意識を持って対策・受験をした方が、良い結果が出るでしょう。

筆記試験の目的は"足切り"

企業が就活で筆記試験を行う最大の目的は、点数によって足切りをすることです。特に大企業ほど、この傾向が顕著だといわれています。大企業には多くの学生が応募・エントリーしますよね。しかし、一人一人の応募者の選考を行っていては、いくら時間があっても足りなくなってしまいます。

そのため、選考に進むための最低限の条件として、筆記試験突破が課されるのです。筆記試験は客観的評価の指標ですから、結果についてはシビアに判断されると思っていいでしょう。

配属先を決めるための参考になるケースも

筆記試験の結果は、多くの企業で内定後も保存されるようです。それは、その結果によって、入社後の配属先を決めるからです。
もちろん、筆記試験の結果だけでキャリアが左右されるわけではありませんが、入社後にも影響すると思っておけば、全力で受験できますよね。

就活の初期段階では筆記試験が用いられる

筆記試験は選考活動の初期段階で実施されるケースが多くあります。筆記試験を通らなければ、面接にすら進めませんので、筆記試験を突破するための最低限の実力をつけておく必要があります。

筆記試験では、紙面のタイプや、テストセンターでパソコン上で受験するタイプなど、形式はまちまちです。

筆記試験を突破しないと直接話を聞いてもらえない

「実際に会って、面接で話を聞いてもらえば自分の良さが伝わるのに・・・」
と思っていても、筆記試験で落選となってしまってはどうしようもありません。自分を直接見て評価してもらうために、筆記試験対策に時間を使うのは大きな価値があります。

筆記試験の形式は様々

筆記試験といっても、難関大学の入試問題のように難しい内容ではありません。しかし、毎年この試験でたくさんの人が苦戦するのは、問題数に対して制限時間が短いのと、計算問題等の解き方をすっかり忘れてしまっているためです。事前対策は絶対に必要といわれています。

Webテストが増えている

テストの種類や形式、実施方法はさまざまですが、パソコンで解くWebテストが増加・浸透しています。
新卒採用の筆記試験で使われるWebテストは、

■SPI
■CAB
■GAB
■TG-WEB

があります。新卒採用において、書類選考・面接以外に筆記試験を実施する会社では、上記の総合適性検査を使用している企業が多いです。
これまで、検査はペーパーテストが主だったのですが、最近は自宅や指定された会場でパソコンを使って受けるWebテストが増えていますので、対策が取りやすくなっています。

Webテスト用のテキスト・参考書で問題を解いて慣れよう

Webテストで出題される問題のパターンはある程度決まっています。元々それほど多くの問題数が準備されている訳ではありませんので、とにかく問題集を解いて慣れるのがWebテスト対策としては1番良いです。

Webテストは自宅で行う事がほとんどで、パソコン、タブレット、電卓、紙とペンなど、何を使っても自由です。どうしたら問題を解くスピードが上がるかも試行錯誤してみましょう。

対策①:お決まりのパターンは解法を暗記する

筆記試験・Webテストでは、お決まりになる出題パターンがあります。言語問題であれば、類義語・対義語を問うものもあります。それらは、同じ問題が繰り返し出題されるケースが多いので、典型的なパターンを覚えておけば即答できます。

また、Webテストでは計算問題についても似た問題がよく出てきます。参考書を解きながら、問題の数値を置き換えても解けるくらいにするといいですね。

対策②:練習では短めの時間で解くようにする

筆記試験・Webテストの本番は、自宅以外の環境で受けるケースが往々にしてあります。仮に自宅で受検するWebテストだったとしても、本番という緊張は独特のもの。ですから、練習時よりも解答に時間がかかるでしょう。

もしも本番で納得のいく結果を出したければ、短時間で解く訓練をしておくのがベストです。そうすれば、緊張感のある本番でも、時間内に解ききれる可能性が高くなりますよ。

就活での筆記試験・Webテストは足切りが目的!しっかり対策を立てて受験しよう!

就活で筆記試験が行われる目的と有効なテスト対策について見てきましたが、いかがでしたか?
就活で筆記試験を実施するのは、大半が足切りのためです。なので、そこでクリア出来なければ、直接自分の話を聞いてもらえるチャンスはなくなります。新卒就活に臨む学生が面接に進むためには、書類選考・筆記試験をパスするのが必須で、大手企業ほどその傾向にあります。

Webテストは出題パターンがある程度固定化されている分野もあります。そこの分野を繰り返し解き、短時間でも解答できるようにしておくのがおすすめ。今回ご紹介したことを参考に、目的意識を持って、筆記試験・Webテストに臨んでくださいね。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント