2016年11月29日(火) 更新

筆記テストに有効な企業別対策方法

一般常識などの筆記テストは採用を左右する

筆記テストと言われても、そこまで難しい内容が出ないので、楽勝だと思っている方も結構います。しかし出される内容は企業により多岐にわたっていることと、一般常識などの問題が出題されるため、油断をすることは許されません。間違って点数を低くすると、それだけで企業に与えるイメージは悪くなってしまうので、内定に近づくことはできません。対策が必要です。

HPで企業の出題傾向を探ろう

企業の出題傾向を知っておくことも大切になります。企業によってなかなか知ることは難しいですが、企業によっては筆記テストの情報が出てくることもあるので、知っていれば対策は容易にできます。この内容が出されるという話を、就職関連のサイトで見ておくだけでも、十分な対策に繋がることがあります。後は数をこなして、少しでも慣れることです。

時事問題もニュースや新聞で対策しよう

筆記テストには、自分の知識を問うような問題が多く出てくるのですが、その中でも難しいのが時事問題です。ニュースを見ていることが、社会人にとって企業にとって重要なこととなるので、この問題に解答できないと恥をかきます。この問題だけで判断されてしまうこともあるため、時事問題については対策を十分に取ることとなります。

普段から企業に関係するニュースには敏感に!!

筆記テストの対策として行うのは、日頃から企業に関係するニュースを見ることです。これだけでも起こっていることが大体分かります。寝る前にニュースを見たり、企業に関係するインターネットのニュースを見ておくだけでも、時事問題を対策できます。出題されて分からないものが出てくるのは避けたいので、新しい時事問題を中心に、出されそうな問題を知っておくといいです。特に金融関連の出題は多くなりますので、気を付けてください。

筆記テストでの高得点は大きなアピールポイント

筆記テストで高得点を取る適性検査を兼ねている企業もそれなりにありますが、筆記テストで高い点数を取ることは、企業への大きなアピールになります。テストで高得点を取っていることは、点数の低い方と同じようなラインにいる時、確実に上に見てもらえます。面接をする際にも、筆記テストで点数が高かったことに触れてもらえるので、多少優遇されることもあります。

日々対策を続ければ必ず成果が出る

毎日のように対策をしていれば、筆記テストで高得点を取ることは結構簡単です。出題される内容は、大学のテストに比べれば圧倒的に簡単ですし、高校生くらいの問題が出されることも結構多いのです。傾向が多少異なっていることだけ知っておけば大丈夫ですし、時事問題や適性検査等の項目だけ間違えなければ苦労しません。毎日の対策によって、安心して回答できることも多くなります。

日々企業の情報を集め筆記テスト対策を行おう

企業によっては、筆記テストを行っていることがあるので、なるべく毎日対策をして積み重ねを行ってください。積み重ねることによって、多少ですが問題を解きやすくなったり、自分が弱いと思っている分野も解けるようになります。注意しなければならないのは、筆記テストと言っても時事問題等の変わった内容が出されることで、ニュースを見て対策をすることになります。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【WEB・電話面談】1,000社から厳選!好待遇なホワイト企業に内定できる!

    【0120-082-118より日程調整のためご連絡差し上げます。】