2020年06月25日(木) 更新

エントリーシートの書き方|避けるべきNGワードと採用に近づく志望動機のポイント

エントリーシートにおけるNGワードを決めている就活生は多い

就活生の回答

キャリアパーク会員の就活生を対象に「エントリーシートで使わないようにしているワードがあれば教えてください!」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。


  • 否定的な言葉、〜できない

  • 行動力

  • 様々なや、いろいろな、などの抽象的な言葉

  • コミュニケーション

  • 抽象的なワード

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月6日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「エントリーシートで使わないようにしているワードがあれば教えてください!」

就活生の多くは、エントリーシートで使わないようにしているワードを決めているということがわかりました。なかには「否定的な言葉」や「抽象的な言葉」を使わないようにしている就活生の意見もあり、マイナスな印象を与えないための工夫をしているといえます。では、具体的にどのようなワードがエントリーシートにおいてNGとされているのでしょうか。この記事では、エントリーシートの書き方についてご紹介していきます。

エントリーシート提出時から採用判定は始まっている

エントリーシートの志望動機と書き方とNGワードをご紹介する前に、ポイントを押えましょう。就活の結果は、面接の前から違いが出てきます。結果には、エントリーシートが関係しているのです。エントリーシートを提出したときから、すでに採用判定が始まっています。では、受かるエントリーシートとは一体どのようなものなのでしょうか。

エントリーシートは結論から先に書いて興味をひく

エントリーシートや志望動機に共通している項目ですが、結論は先に書きましょう。結論を先に書くことで、相手の興味をひきます。エントリーシートは、採用担当者の目にひっかかなければ意味がありません。就活におけるエントリーシートや志望動機は、掴みが大切です。

エントリーシートのNGワードとは

受かるエントリーシートを書くポイントについては、参考になりましたか。面接を受ける前から、自分の評価に繋がるエントリーシート。ここで失敗はしたくないですよね。ここからは、絶対に避けたいエントリーシートでのNGワードを例を見ながら確認してみましょう。

「色々」「○○性」「○○的」などの抽象的な言葉

エントリシートで使っていけないNGワードは、抽象的な言葉です。「色々がんばりました」「様々なところで活躍」「積極的」などがあげられます。抽象的な言葉は、はっきりしなかったり、主観で違ってしまいます。採用に影響を与えるエントリーシートでは、NGワードです。

「将来性」は他の企業に対しても使えるありきたりなNGワード

抽象的な言葉は、面接官の心に響きません。NGワード例をあげると、「将来性」があります。「将来性」というワードは、他の企業に対しても使える言葉です。企業が安定し続けるという保障はどこにもありません。「企業の経営が傾いたら退職するのではないか」という不安を、面接官に与える可能性もあるのです。

インターンの時期までに、自己分析を終わらせておこう

就活には自己分析が必須。遅くても、インターンの時期までに終わらせる必要があります。ただ、やり方がわからず、上手く進められない方も多いはず。

そんな時は、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして、万全の準備を整え、内定への最短距離を走りましょう。

受かるエントリーシートの書き方【志望動機】

就活に大きく響いてくる、エントリーシートの内容。エントリーシートは、面接前の選考の第一段階でもあります。一体どう書けばいいのか、迷っている就活生も多いと思われます。では、受かるエントリーシートの書き方を志望動機の面から見てみましょう。

選んだ理由を業界・職種・企業の順に書く

志望動機を書く場合は業界を選んだ理由、次に希望職種、最後に企業を選んだ理由を書きましょう。

【業界】:まずはXXXX業界に絞って就活を行いました。理由は日本の産業を支えているのはXXXX業界であり、かつ形は変われど今後も長期にわたって人々から必要とされる唯一の業界だと考えたからです。自分自身の努力が周囲の人のみならず日本全体の活性化に繋がるというやりがいの貴社の仕事で出来ると感じました。

【職種】:その中でも私はXXが向いていると考えました。何故なら自分のXXの能力が・・・

【企業】:XXとしてこの業界で勤めようと思った時に、XXXであるXXにいち早く取り組んでいらっしゃることに強く魅力を感じました。XXのような人材を求めていらっしゃる企業理念から、自らのXXという能力を活かしたいです。

志望動機には「軸」を定めるのが大切

志望動機には、「軸」が必要です。軸はキャリアの根本です。それがわからないと、「本当にうち会社ででいいの?」と相手は思ってしまいます。
軸を示すには、仕事では「○○」ということを重視(軸がある)している。私は「○○」を成し遂げたい。とキャリア上の目標を語りましょう。なぜなら、XXという理由があるからだ。(なぜ、あなたがその目標にこだわるのか理由を語る)この点、貴社は「○○」(なぜその軸に会社が合致するのかを語る)という流れで語りましょう)

エントリシートの志望動機にはNGワードである抽象的な言葉を使わないようにしよう

エントリーシートの志望動機と書き方とNGワードについて、まとめました。エントリーシートの志望動機は書くのに迷いますが、迷って当然です。エントリーシートの志望動機が、一生を左右するかもしれません。それだけ、エントリーシートの志望動機は大事なんです。抽象的な言葉を使わずに、魅力的な志望動機を書いていきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

納得の内定が最短面接1回で狙える!求人フェア@関東

    10/02 (15:00~16:00) 【※オンライン開催※】

【幅広い事業に一貫して携われる】顧客の理想を叶え続ける不動産企業

    ※エントリー後に主催企業より届くご案内メールにて日程調整をお願いいたします。