2018年10月11日(木) 更新

【最新時事問題】就活の筆記試験で出題された際の事前対策法【2018年注目のニュース5選】

就活での時事問題で見られている箇所

就職活動の中で、時事問題を聞くことによって、企業の採用担当者は就活生のどういった点を確認しているのでしょうか。企業が、選考を通して筆記試験として用いられる基礎能力を見る言語理解のようなテストだけでなく、時事問題を問うことには意味があります。企業の採用担当者がどういった意図を持って、選考の課題を課しているのかを知ることは、選考を有利に進めるためにも不可欠です。基礎能力を問う問題や一般常識を問う問題は、選考でどういった役割を持っているのか理解しておきましょう。

基礎能力

基礎能力テストで問われることは、就活生の能力や人となりを判断する目的で実施される場合が多いです。有名なのは、SPIと呼ばれるテスト形式であり、このテスト形式を選考に導入している企業は、多いです。
しかし、このテストで問われる能力テストは、あくまで働く上で必要となる基礎的な能力に過ぎません。言語理解や非言語理解などの問題は、しっかりと準備をしていれば、回答が難しいようなものではないです。企業としても、仕事を行っていくために、最低限備えていてほしいと考えている能力を判別しているに過ぎません。このことから言えることは、基礎能力テストを行うだけでは、働く上での最低限の部分しか分かりかねるということです。最低限の出来ていて欲しい基準を満たしている就活生同士を、それ以上振り落とすことが出来ないという限界が生まれてしまう欠点があります。

一般常識

一般常識までを問うようなテストを実施するのは、大企業と呼ばれている企業が主です。これは、ほとんどの企業が基礎能力テストの段階で、就活生の中から働く上で必要な能力を持っているかどうか判断できるからです。しかし、大企業では、集まる就活生もかなり大人数になります。そのため、基礎能力テストだけでは、設定している基準を満たしている学生の数が絞り切れません。
そこで、一般常識と評して時事問題のような誰にでも公平かつ、日常的な差が出やすい事柄を筆記試験として、追加でテストすることになります。基礎能力のテストに出される問題は、対策次第で誰にでも解くことが出来る問題です。しかし、大企業のような競争力が高い環境では、言われたことをやっているだけでは十分ではありません。働く中で、常日頃から人並み以上のことを求められていることが、一般常識を問うことからも分かります。一般常識を問われる企業に就職するためには、人と同じ努力だけでなく、常に努力して自分を磨いていなければいけません。

情報収集力

一般常識の問題を問う企業は、常日頃から人一倍の努力を行うことが出来る人材を求めていることが伺えます。その努力の中でも、時事問題を筆記試験として扱う意味を考えて見ましょう。企業の採用担当者が時事問題を問う理由は、就活生の情報収集力を見ることを目的にしています。
いつの時代や場所においても、情報は何事にも勝る武器になります。成功を収めるためにも、情報をいかに集め、利用していくのかにかかっています。そして、これは、企業の成功のためにも、同様のことが言えます。置かれている環境が変化する中で、必要な情報を集めることすら出来ない企業は、社会から淘汰されるしかありません。企業の採用担当者は、このことを分かっているからこそ、就活生に情報集力という能力を期待します。時事問題にアンテナを張り、社会の環境の変化を知っている学生は、入社後にも成長を期待しやすいです。反対に、世の中の時事問題に興味関心がないような就活生は、変化の意志が薄く見えてしまい、入社後に成長を見込みにくいです。

時事問題の特徴とは?

当然ながら最新の時事問題は、リアルタイムでどんどん変わってきます。筆記試験で、どんな最近の時事問題が出題されるかは、その年によって大きく異なるでしょう。ここで大切になってくるのは、いかに日頃からニュースに関して敏感になっているか、最新の時事問題について考えているかという点です。

企業によって出題される時事問題の傾向が変わる

企業によって、出題される時事問題の傾向は変わります。話題になっているニュースについて聞かれる他に、その企業が属する業界の最新の話題について、質問される可能性もあるでしょう。時事問題の種類や難易度は企業によって異なりますので、志望企業と関係の深いニュースなどもしっかり確認しておきましょう。

最新の時事問題が出題される

企業ごとに出題される問題の傾向が変わりやすいのが、就活での時事問題です。もう1つ時事問題で注意しなければいけないのは、最新の時事問題が出題されるということです。世の中では、常に新しい出来事が起こり続けています。1年前の出来事も、すぐに情報としての価値が古くなってしまう危険性があることを肝に銘じておきましょう。
最新の時事問題を押さえておく必要がある理由は、現代の情報伝達の速度にあります。インターネットが広く普及されたことによって、世界中の情報を瞬時に入手できるようになりました。そのため、今までは時間を置いて発信されていた情報が、想像もできないようなスピードで手元に届くことになります。企業としても、自分たちの分野だけでなく、最新の情報をどれだけ処理出来ているのかを問うことに意味を見出しています。そのため、就活では、最新の時事問題も知っておく必要があります。

時事問題の対策は?

就職活動のために、時事問題を対策することは、簡単ではありません。しかし、競争率の高い企業の選考を突破するためには、時事問題も対策しなければなりません。日ごろからニュースを追っている人にとって、時事問題対策は苦になりませんが、あまりニュースに興味を持てない人は、かなり大変な作業になります。しかし、ここでニュースを追うことに慣れることで、その後の社会人生活にプラスになること間違いなしです。将来のためにも、時事問題の対策を徹底しましょう。

過去の出題傾向を確認してから問題集を買う

企業によって出題される時事問題の傾向は変わりますので、過去にどういった問題が出題されていたか確認して問題集を買うようにしましょう。出題傾向を把握していれば、効率よく時事問題の対策をすることができます。どういったジャンルの問題が出やすいのか、口コミや先輩の声をチェックしてみてください。
過去の出題傾向がわからず問題集を購入するのに迷っているという場合には、無料の時事問題集もありますので利用して見るといいでしょう。

情報媒体で常に最新ニュースを確認する

時事問題対策で有効な手段の1つは、情報媒体を利用して常に最新ニュースを確認することです。特に、今ではスマートフォンでもニュースが確認できるので、電車などの移動時間を利用することを心がけましょう。
就職活動を本格的に始めることになれば、自由に使うことの出来る時間は制限されます。そのため、移動時間を有効に活用するか否かは、大きな差になります。スマートフォンを活用してニュースを確認するのは、いつでも出来ることです。時事問題対策として、まずはこのような時間を活用しましょう。
ただし、スマートフォンで情報収集を行う時に注意しなければいけないことがあります。それは、得られる情報が偏りやすいということです。意識しなければ、自分が興味を持っている情報だけが集まるという欠点を、スマートフォンを用いての情報収集は抱えています。就職活動では、時事問題として広くニュースを知っていることが求められるので、情報の偏りに注意しておきましょう。
就職活動で新聞という情報媒体がお勧めされる背景には、情報の幅広さにあります。新聞は、世の中の大きな出来事を網羅しているので、過不足なく情報を集めることが出来るという強みを持っています。情報媒体は、目的や状況に応じて、上手く活用しましょう。

業界の研究を徹底的にする

筆記試験で出題される時事問題を考えているのは、当然ながらその企業の人間です。そのような見方をした時に、全く関係のない業界から時事問題を出題するよりは、志望する企業の業界に何かしら関係性のある最近の時事問題を選択する確率が非常に高いのも事実です。 したがって、受ける企業の業界研究を徹底して行うことが、結果的に筆記試験の対策になるというケースは多々あります。業界で過去に何があったのか?最新の動向はどのようになっているのか?そうしたことを研究しておくと、就活の筆記試験で最近の時事問題を出題される時の対策にもなるのです。

2018年の時事問題の例

新時事問題①休眠預金等活用法が施行される

2009年1月1日以降の取引から10年以上の取引のない預金などが、民間公益活動に活用される「休眠預金活用法」が、2018年1月1日から施行されました。銀行で眠ってしまっているお金は年間で約500億円に上っており、過去は、金融機関の収入になっていました。しかし、この制度が施行されたことにより、若年層の支援や地方活性化などのNPOや自治会といった民間公益活動を行っている団体へ助成や融資されることになっています。
「休眠預金活用法」が施行されることによって、ITを利用した金融サービス「フィンテック」などへの対応を求められている金融機関へのさらなる負担が予想されます。また、政府としても、休眠預金に関する具体的な活用方法を打ち出すことが出来ていないという現状があります。政府は、来夏までに、休眠預金活用に関する方針を打ち出すとしています。

時事問題②オウム真理教の一連の裁判が終わる

1995年の地下鉄サリン事件などに問われていたオウム真理教元信者の高橋克也被告の上告が棄却する決定がされたことによって、すべての事件で起訴された192人の一連の刑事裁判が終了しました。警察の強制捜査から刑事裁判が終了するまでに、約23年を要したことになります。元代表の松本智津夫死刑囚ら13人の死刑が確定しており、2018年7月6日に刑が執行されました。
地下鉄サリン事件は、日本の犯罪史上でも例のない無差別テロ事件です。29人の死者と6,500人以上の負傷者を出すほどの規模でした。

新時事問題③コインチェックにハッカーが侵入

仮想通貨取引所であるコインチェックから、約580億円分の仮想通貨が外部からの不正アクセスで流出されるという事件がありました。この仮想通貨は、「NEM」と呼ばれ、約580億という被害額は、過去最大の仮想通貨流出事件とされています。
コインチェックは、仮想通貨の取引所としては、国内でも大手とされていました。仮想通貨13種類の売買が可能であり、特に「アルトコイン」という種類の仮想通貨を積極的に取り扱っていました。事件後、コインチェックは、「NEM」を保有していたユーザーへ補償を行いました。補償の総額は、約463億円に上りました。

時事問題④司法取引の導入

政府による閣議によって、他人の犯罪を明らかにすることで、罪が軽くなる「司法取引」の導入が決まりました。「司法取引」の対象になるのは、詐欺などの経済犯罪や、覚せい剤取締法違反などの銃器や薬物販売が該当します。容疑者や被告が、共犯者について証拠を提供することによって、罪が軽くなる仕組みであり、欧州ではすでに導入されています。
「司法取引」によって、組織の末端の犯罪から、組織の上層部に至る犯罪までの立証が可能になるというメリットがあります。しかし、証拠や供述に依存するため、虚偽のリスクがあり、冤罪を生み出してしまうことが懸念されています。そのため、虚偽の供述などをした場合も、犯罪の対象になります。

時事問題⑤カナダで行われた主要国首脳会議

2018年6月8日、9日にカナダの東部シャルルボワで主要国による会議が開催されました。今回の首脳会議で焦点になったのは、トランプ政権の強気な通商政策についてです。米国と他の参加国である6国の関税に関する亀裂が、一層深いものになりました。また、米国のトランプ大統領が、過去に首脳会議に参加していたロシアの復帰も提案する一幕もありました。最終的にトランプ大統領は、首脳宣言の受け入れを拒否し、閉幕前にカナダを去るという事態になりました。トランプ大統領が提案した米国の輸入関税導入は、日本においても多大な影響が予想されます。特に、自動車産業に関して、カナダやドイツと同様に日本でも甚大な影響は避けることが出来ません。

時事問題に対応できるよう日頃からニュースを見て対策をしよう

筆記試験では、どのような時事問題が出るか解りません。だからこそ、日頃からしっかりと最新のニュースに対して敏感になっておく必要があります。就活の時にだけ時事問題をチェックするのではなく、社会人になってからも関心を持つようにしましょう。あくまでも内定を勝ち取るためだけでなく、社会人の心得として身につけてください。

登録必須!おすすめ就活サイトランキング5選

50dd77d86e3fca37

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

就活に焦る理系の方へ。外資系商社グループが行う<理系学生のための、理系の仕事について考えるインターン>
  • 2020年卒
  • 会社説明会

就活に焦る理系の方へ。外資系商社グループが行う<理系学生のための、理系の仕事について考えるインターン>

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2018.12.03 12:00 ...

外資系商社グループが行う<理系学生限定1dayインターン>のご案内です。就活に焦る理系の方へオススメです!

32 view

3年生向け!【ANA/三井住友銀行/伊藤忠などに内定実績あり】内定に2日で近づける就活準備講座「en Career Creation Lab.」
  • 2020年卒
  • 就活セミナー

3年生向け!【ANA/三井住友銀行/伊藤忠などに内定実績あり】内定に2日で近づける就活準備講座「en Career Creation Lab.」

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2018.02.08 09:00 ...

今回ご紹介するのは、大手企業へ多数の内定者を輩出している就活準備講座「en Career Creation Lab.」です。わずか2日間で、完璧な準備が行えます!

22121 view

【3社に絞り込んでご紹介】余計な企業は紹介しません!
  • 2019年卒
  • 会社説明会

【3社に絞り込んでご紹介】余計な企業は紹介しません!

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:   ...

今回ご紹介するのは、丁寧な選考対策を受けられる就活サービス「Career Trip」です。実績のあるアドバイザーが、内定までサポートしてくれます!

34901 view

もっと見る

おすすめの就活イベント