2016年11月25日(金) 更新

就活の筆記試験で出る作文の対策方法

就活における筆記試験の作文で求められるものとは

就活の筆記試験の際に作文を行う企業が増えていますが、果たして就活で作文を書かせることにより何を求めているのでしょうか。小学校や中学校の頃は作文を頻繁に書く機会があったはずですが、その際には文章力や大人びた表現力、そして構成力に得点が課されていましたが、就活の筆記試験の作文に求められる評価ポイントはそういった作文自体の得点ではないのです。

アイデアやオリジナリティが重要

就活の筆記試験の作文にはこれらのポイントが大切になります。

・オリジナリティ
・人を引き付ける文章
・分かりやすい言葉

ありきたりな文章や複雑な構成ではなくて人が考え付かないようなアイデア力やオリジナリティなどが重要視され、読み手に分かりやすく伝えられているかが重要になるので、就活の筆記試験における作文対策としてはその点を心がける必要があります。

筆記試験の作文対策:ブログや日記を普段からつける

趣味でブログや日記を書いている人は何もしていない人に比べて文章力が高いというデータもありますから、就活直前で焦るのではなく普段からブログや日記を書く習慣をつけておいた方が良いでしょう。

ブログは人に読みやすい文章を書く術が身につく

最近ではインターネットで人にすぐ公開出来ますから、人に見られているうちに無意識のうちに読み手に分かりやすいような文章を書く術を身につけられるのです。

特にブログに関しましては内容が面白く文章力がある方が読者が付きやすいですから、読者の数を一種のバロメーターとして考えて更新するのも良いかもしれません。文章力が高まれば自然と読者がついてくるようになるはずです。人に公開する機会を作ると、文章力は高まるのです。

筆記試験の作文対策:正しい日本語を身につける

正しい日本語を使えているかどうかも筆記試験の作文においては大切になってきます。近年では言葉が崩れてきてしまい、正しい日本語が分からないという人も増えています。そんな中しっかりとした日本語を使えているか、接続詞は正しいか、支離滅裂な文章になっていないかなど、語学力の確認という意味でも作文は用いられます。

新聞やニュース番組で学ぶ

就活の作文対策として、正しい日本語を学び直すのも時には必要かもしれません。普段から新聞を見る習慣を付けたりニュース番組を見る癖をつけると自然に正しい日本語が耳に入ってきやすいと言われています。

相手に分かりやすく伝える文章・正しい日本語が使えているのかが最低限必要になりますので、日ごろから文章に触れる癖をつけておいた方が良いでしょう。

日頃から作文対策を心がけ、就活の筆記試験に備えよう!

指定された文字数内で自分の伝えたい内容を分かりやすく簡潔に伝えられるかが、就活における筆記試験の作文対策の最低限のラインでもあります。
人が思いつかないオリジナリティを出す前に、しっかり対策をするのが大切です。読みやすい文章と正しい日本語で書くためにも、日頃からできる対策をしていきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

メガベンチャーから新進気鋭のスタートアップまで、世の中に新しい価値を提供する一流ベンチャーの非公開求人に挑む!

    エントリーはこちら    ※面談日程はエントリー後、お電話にて調整いたします。