2018年06月01日(金) 更新

【最終面接ガイド永久保存版】落ちる人の特徴から逆質問対策まで徹底分析

最終面接を実施する理由

入社意欲を確認したい

採用担当者は1次面接や2次面接で、就活生の能力や適性を確認しています。グループでの面接が主流で、一人ひとりの個性を確認しているわけではないのです。
それに対し、最終面接では個人での実施が主流になります。個々人を向き合い、入社意欲を確認するのが目的です。企業は、内定を出した就活生が他の企業に行ってしまうことは避けたいと思っています。本当に、内定を出したらこの就活生は入社してくれるかどうかを確認するために最終面接を実施するのです。

企業とのマッチ度を把握したい

企業とのマッチ度を把握したいことも、最終面接を実施する理由となります。いくら優秀な人材であっても、社風と合わなければ早期退職になりかねません。早期退職は、就活生にとっても企業にとってもマイナスです。できれば避けたいことなので、どの程度企業とマッチしているのかを把握します。

最終面接で落ちる人の特徴

最終面接で落ちると思っていない

最終面接まで残ったからといって、内定が確定するわけではありません。最終面接であっても、気を引き締めてのぞむ必要があります。
最終面接で落ちるわけがないと思っていれば、採用担当者もその雰囲気を察します。もし、これが大切な商談だった場合、後少しで取れそうなのに最後の最後で気を抜いてライバル社に取られてしまったなんてことがあれば大失態です。最終面接も、業務の一環であると認識しておきましょう。

言っていることに一貫性がない

1・2次面接で言ったことと、最終面接で言ったことが違っている場合も、最終面接で落とされます。言っていることに一貫性がないと言うことは、「嘘を付いている」「話を誇張している」「自己分析がしっかりできていない」と思われてしまいます。そのような就活生を。採用担当者は取ろうと思いません。

緊張してあがってしまっている

緊張も、採用担当者にマイナスな印象を与えてしまいます。特にあがり症の人は、リラックスした状態でのぞめるよう対策が必要です。緊張すると、相手に「自信のない人」と捉えられてしまうことがあります。面接対策不足と判断されることもあります。第3者にお願いをして面接の練習をしておきましょう。

机上では優秀だがコミュニケーション力が欠如している

個人のスキルがいくら高くても、相手とコミュニケーションが取れないのであれば仕事に差し支えます。職種にもよりますが、仕事は様々な部署と連携して行います。その中で、個人プレーをしている社員は周囲の邪魔になります。他の部署との連携をしっかり取れる社員の方が仕事が進むのです。コミュニケーション力が異常に欠如していれば、最終面接で落とされる要素となります。

最終面接の都市伝説?

日程変更したら落ちる?

最終面接で、日程変更したら必ず落とされるわけではありません。日程変更しても、基本落とされることはないと覚えておきましょう。
もし、最終面接で落ちてしまったら、他に落とされた要素があるか、日程変更時に失礼があったかのどちらかです。日程変更時に、企業側への配慮が見られなかったり、礼儀ができていないと見なされれば、落とされる理由になります。日程変更は、慎重に行いましょう。

最終面接合格後の面談で落とされることがある?

最終面接後に、面談を実施する企業もあります。面談を実施しない企業もあるため、面談も選考のうちなのではと思う就活生もいるでしょう。しかし、よほどの失礼がない限り面談で不採用通知をもらう就活生はいません。
社員に対しタメ口をきいたり、就活でタブーとされている質問をしたりしない限り落とされることはありません。面談前に、社会人としての小本的な振る舞いを予習しておきましょう。

最終面接は運ゲー?

最終面接は運ゲーと言われていますが、対策をしていれば必ずしもそうではありません。しかし、他の就活生と僅差で落とされている可能性はあります。能力テストが1点差だったり、全く同じ能力の人のうち1人を選ばなければいけない中落とされたりすれば、運ゲーであると言われても仕方ないでしょう。そうなった場合でも後悔しないよう、対策が必要です。

最終面接において落ちるフラグ3つ

最終面接は、合格率も比較的高く、しっかりと解答すれば内定のチャンスが得られます。しかし中には、面接官からの反応が悪く、落ちるフラグが立つときもあります。必ずしも落ちると決まっているわけではありませんが、知っておくと面接中に挽回できるかもしれません。

①面接時間が短い

まず挙げられるのが、「面接時間が短い」というフラグです。就活生に興味がある場合、時間をかけてさまざまな質問をしていきます。ウマが合わなかったり、魅力的な回答が得られなかったりした場合は相対的に質問数が少なくなり、結果的に面接時間が短くなってしまうのです。

②採用担当者のメモ取りが少ない

「メモ取りが少ない」という点も、落ちるフラグになります。最終面接終了後、メモした内容をもとに採用担当者が話し合う場合が多いです。評価が高ければメモに書き出す内容もたくさんありますが、低い場合はその内容も少なくなります。「話は聞いてくれるけど、メモを取る様子がみられない」と感じたら、状況を挽回するよう練り直さなければなりません。

③親切すぎるぐらい丁寧な対応をされる

落ちるフラグはネガティブな行動ばかりではありません。「親切すぎる対応」など、ポジティブに感じる行動がフラグになっている可能性があります。企業にとって、就活生は入社していないため「顧客の1人」です。ぞんざいな態度で面接をおこなったうえ不採用と通知すると、ネット上の書き込みなどで悪い評判を流されるかもしれません。そういったリスクを未然に防ぐために、あえて就活生の機嫌を良くする話をしたり、エールを送ったりするのです。

最終面接で出されやすい質問傾向

社意欲や企業研究度を掘り下げる質問

最終面接では、入社意欲や企業研究度を掘り下げたような質問をされます。その質問で、志望度や企業とのマッチ度を見られているのです。必ずと言って良いほど質問されますので、事前に回答を用意しておきましょう。

入社意欲・企業研究度に関する質問

・なぜ弊社を志望されたのか、改めて教えてください
・何故他社ではなく弊社が良いと思われたのですか
・現在選考を受けている企業は他にもありますか
・もし内定が出たら入社しますか
・弊社の事業ついてどのようなことをご存知でしょうか
・弊社の企業理念に対し、どう思われましたか
・弊社の強みや弱みは何だと思いますか
・弊社に勤務した場合のキャリアプランがあれば教えていただけますか
・最近気になっているニュースを教えてください

入社後のキャリアビジョンに関する質問

入社後のキャリアビジョンに関する質問もよくされます。仕事に対するビジョンや方針が、企業と合致しているのかを見られているのです。1次・2次面接は、ある程度能力が秀でているとアピールできれば、通過できます。しかし、最終面接では就活生本人の考え方と会社が抱えるビジョンにズレがあると、落とされてしまうかもしれません。

キャリアビジョンに関する質問

・ビジョンが一致しているかどうか
・この会社で働いているイメージを持っているか
・この会社への志望度が高いかどうか
・この会社に入って仕事をする覚悟感は持っているか
・一緒に働きたいと思えるか
・マナーや言葉遣いはきちんとできているか
・過去に例のない斬新な案を出してくれそうか
・自分の意見をしっかりと主張できるか
・この会社のことを知ろうという姿勢があるか

就活状況の確認に関する質問

就活の現状に関する質問もよくされます。この質問は、受けた企業が第1志望であるかどうかの確認でもあります。内定を出しても、他の企業へ行ってしまっては意味がありません。採用担当者は、内定を出した就活生には入社してもらいたいと思っているのです。かといって、嘘はいけません。就活の状況は、正直に答えた方が印象が良いです。

最終面接のカギは「逆質問」

採用を見越した質問でもOK

最終面接で社長・役員に好印象を与えるには、どういった逆質問が効果的なのでしょうか。最終面接まで選考をクリアしてきた場合は、ある程度採用を見越した質問をしてもOKです。社長・役員に好印象を与えられる逆質問としては、以下のものが挙げられます。

逆質問一覧

・入社までに勉強をしておくことがあれば、教えてください
・○○が私の強みなのですが、その他にどのような資質が必要ですか
・○○の資格を持っているのですが、御社の事業で活かせますか
・面接官の方々が仕事をしていて嬉しかったことを、教えてもらえませんか
・入社から現在まで、最も苦労されたことは何ですか
・従業員の方に対して、どのようなスタンスで業務にあたってほしいと考えておられますか

面接の状況を見て質問数を決める

逆質問をしていい数は、とくに決まっていません。最低でも、2~3個の逆質問を用意しておくと良いでしょう。面接の状況に応じて質問数を調整すると、気配りをアピールできるかもしれません。時間がありそうならば逆質問を増やし、忙しそうであれば減らしてください。逆質問をたくさん用意してきたからといって、時間を気にせず全てを聞くのはNGです。常に、相手を思いやる気持ちを持っておきましょう。

「逆質問はありません」はNG

「何か聞きたいことはありますか」という質問に対して、「とくにありません」と回答すれば、最終面接に落ちる可能性が高まります。質問がないという回答は、社長・役員から見たときに、会社に興味を持っていないと言っているようなものです。せっかく会社の深い情報を聞き出せるチャンスに、逆質問をしないのはもったいないでしょう。逆質問の中には、社長・役員クラスにしか聞けないこともあります。逆質問というチャンスを、なるべく活かしてください。

最終面接で社長・役員を困らせる逆質問もある

企業研究をすればわかる質問や待遇面を意識した質問は、「志望度が低い」「熱意が薄い」といった誤解を招きます。ネガティブな質問も同様で、そもそも仕事をするのが嫌なのではないかと悪印象を与えかねません。クローズドクエスチョンは、話しの広がりがみられない質問の仕方なので、就活生と面接官双方が消化不良な形でやり取りすることになります。これら4つの逆質問方法は必ず避けてください。

NGな逆質問

・企業研究をすればわかる質問
・ネガティブな内容の質問
・待遇面を意識しすぎた質問
・クローズドクエスチョン

最終面接の対策法は失敗談から学べる

これまで紹介してきたように最終面接で気をつけるポイントはたくさんあります。最終面接は就活生を見極める最後の機会なので、企業としても今まで以上に注意深く就活生をチェックしています。その一方で、最終面接まで来たから落ちたくないと、今まで以上にアピールしようとして空回りしてしまう就活生も少なくありません。この最終面接マニュアルには、そんな就活生の最終面接での失敗談が載っています。印象を良くする努力も必要ですが、最低限印象を悪くしない秘訣を心得ておくだけでも、採用担当者から受ける評価は良いものになるでしょう。【最終面接マニュアル】で先輩たちの失敗談をチェックして、同じ失敗を繰り返さないようにしましょう。

最終面接を受ける際のコツ

会話を適度に楽しむ

最終面接では、適度に緊張感を持ちつつ会話を楽しむ余裕を持ちましょう。面接は、緊張感の全くない友人同士の会話ではありません。しかし、ガチガチに固まった体で受け答えをしていく場でもありません。自分が主導権を握っている、というくらいの気持ちで最終面接に挑むと良いです。

受け答えは素直に

最終面接に限りませんが、面接では本来の自分をアピールする場です。無理に、自分を大きく見せる必要はありません。話の内容を誇張したり、見栄を張って嘘をつく行為は、逆効果です。受け答えは、自分らしさを出すためにも素直に対応しましょう。

明るい雰囲気を出す

同じ内容の回答でも、雰囲気が明るいか暗いかで受ける印象は異なります。できるだけ、明るい雰囲気での受け答えをしましょう。明るい雰囲気を出せば、自然と口角が上がりハキハキとした声を出せます。事前に、鏡で練習しておくと良いでしょう。

ネガティブな受け答えはしない

最終面接では、明るい印象を残した方が良いです。質問には、できるだけネガティブな回答をしないようにしましょう。ネガティブな回答は、ポジティブな回答に比べて印象が強いです。いくら良い回答を前に話していても、「あのネガティブな発言した子ね」と覚えられてしまう可能性もあります。

最終面接の結果が来ない場合は?

2週間を目安に連絡してみる

最終面接の結果が来ない場合、選考から2週間後を目安に連絡してみましょう。
理想は、最終面接で結果がいつ出るのかを聞くことです。しかし、当日は緊張していて忘れてしまうこともあるでしょう。その際は、2週間を目安にしてみてください。
いつまでも連絡を待っていることは避けてください。もしかしたら、採用担当者が就活生を試しているのかもしれません。

メールでは埋もれてしまうので電話にする

最終面接の結果を確認する際は、メールではなく電話にするべきです。採用担当者の受信箱は、採用や他の仕事メールがたくさんきます。メールでは、他のメールに埋もれて見られない場合が高いです。確実に聞きたいのなら、電話にしましょう。

最終面接では効果的な逆質問をして好印象を与えよう

最終面接まで進んだからには、そのまま内定をもらいたいものです。社長・役員は、最終面接において、就活生の考え方と企業のビジョンにズレがないかをチェックしています。ビジョンのズレをなくすためには、企業研究がカギとなるでしょう。逆質問をする際、採用を見越した内容でも問題ありません。入社できる可能性を見据えたうえで、今後必要なスキルなどを聞いてください。ネガティブな逆質問やクローズドクエスチョンは、好印象を与えられませんので気を付けましょう。また、逆質問をする前に、必ずと言っていいほど聞かれる自己PRなどで、好印象を与えることも大切です。キャリアパークでは、自己PRを完璧にするためのマニュアルを用意しました。好印象を与えたい19卒のみなさんは、ダウンロードしましょう。

【落ちるフラグを見落とすな!】1次・2次面接でも役に立つ『最終面接対策マニュアル』

「受け答えもしっかり出来たし、いい雰囲気だったのに…」

うまくいったと思った面接でお祈り…。
どこが悪かったのか考えても分からない、このままでは対策も立てられないですよね?
最終面接は、これまでの面接とは違います。今までと同じ対策をしていては内定は遠のくでしょう。

今回は、就活生がやってしまいがちな失敗例から最終面接対策を1冊のマニュアルとしてまとめました。
・最終面接への臨み方
・定番質問への回答法
・最終面接に落ちる人の特徴
など、1次2次面接でも使える情報が盛りだくさん!このマニュアルで最終面接対策を始めましょう!

ダウンロードする

登録必須!おすすめ就活サイトランキング5選

B21b6c267fd3df5b

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

常識の枠を超え、ゼロからイチを創り出す。実践型3Daysインターンシップ【交通費・宿泊費支給】
  • 2020年卒
  • インターン説明会

常識の枠を超え、ゼロからイチを創り出す。実践型3Daysインターンシップ【交通費・宿泊費支給】

  • 開催場所: 東京都, 愛知県, 大阪府, 福岡県
  • 開催日時:  2018.07.30 10:00 ...

ゼロからイチを創り出す経験を、学生のうちに。立案で終わらず、実践にまで挑戦するインターン【交通費・宿泊費支給】

413 view

【東証一部上場】独自特許技術で「インターネットの未来」を切り拓く企業
  • 2019年卒
  • 会社説明会

【東証一部上場】独自特許技術で「インターネットの未来」を切り拓く企業

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2018.01.09 12:00 ...

独自の特許技術をもち、インターネットの次の時代を創り出す。最先端IT企業の説明会です。

2901 view

「モノを売るより創るほうが興味がある」という方へ。スキルアップしやすい環境で手に職つけるIT企業!
  • 2019年卒
  • 会社説明会

「モノを売るより創るほうが興味がある」という方へ。スキルアップしやすい環境で手に職つけるIT企業!

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2018.03.08 12:00 ...

「モノを売るより創る方が興味がある」方へ。スキルアップしやすい環境で手に職つけられるIT企業の説明会、開催です!

4877 view

もっと見る

おすすめの就活イベント