2017年11月01日(水) 更新

最終面接の倍率と受かる人の割合|合格率を上げるためのコツとおさえておくべきポイント

最終面接とは

最終面接は役員が面接官となる

就活をする際に必ずついて回るものが「面接」です。面接による選考が一回で終わる企業もあれば、一次、二次と繰り返し面接を行うところもあります。そして、一番最後にする面接を「最終面接」と呼びます。
最終面接は、別名「役員面接」と呼ばれており、多くの場合、その企業の役員が面接官となります。 一次面接や二次面接では、人事や配属される部署の部長や上司に当たる人間が面接官になるケースが多いでしょう。ここが最終面接との大きな違いです。当然、今までの面接とは見られるポイントも違うのです。

最終面接は顔合わせではない

「最終面接は役員との顔合わせ」だと思っている人もいるかもしれませんが、決してそうではありません。最終面接も選考のひとつだと思って対策をしなければ、落ちてしまう可能性は大いにあります。 社長などの役員と顔を合わせるのですから、むしろ今まで以上に対策が必要だといってもいいでしょう。実際、最終面接で落ちる人の割合は低くありません。

最終面接では「企業の価値観との価値観のマッチング」を重視している

最終面接では、「価値観のマッチング」を重視している企業が多くあります。
面接は、一次面接や二次面接では能力を把握し、最終面接では人間性を見極めるという構図になっているのです。 企業に適した人間かどうかを読み取れる役員や社長による最終面接は、大量におこなうことができません。そのため、他の要素でふるいをかけた後に「価値観のマッチング確認」がおこなわれるのです。
役員の考えと違った意見を持っていたら、採用される可能性がぐんと低くなるでしょう。

最終面接の倍率と合格率

最終面接の倍率は2~3倍

気になる最終面接の倍率ですが、一般的には一次・二次に比べて低く、2~3倍だといわれています。これは、筆記試験や一次、二次面接と選考を重ねるごとに、人数が絞られてくるからです。ただ、最近は大手企業の倍率が高くなってきているようです。

最終面接の合格率は50%

実際にどのくらいの割合で合格を勝ち取れるのでしょうか。企業にもよりますが、一般的に最終面接の合格率は50%くらいだといわれています。最終面接までの選考段階が多い企業は合格率が高く、選考段階が少ない企業は、合格率が低い傾向にあります。最終面接の段階では、人事の中で「半分は内定」が決定していることも事実ですが、役員の最終的な判断で内定が出ないことも充分あり得るのです。
いずれにせよ、倍率の情報に気をとられるよりも、面接の準備に力を入れることが大事になります。一次、二次と選考を通過してきて気が緩みがちですが、しっかりと対策をしましょう。

最終面接はどの面接よりも緊張しやすい

就活生は、「最終面接」に非常に緊張感を感じながら臨んでいるようです。以下は、就活生からいただいたご意見です。

質問:最終面接は、それまでの面接と違ってどのような特徴があると思いますか?そう思う理由とあなたなりの対策を教えてください。

就活生の回答

一次面接や二次面接と最終面接との大きな違いは、企業の幹部の方が参加されていて、非常にプレッシャーを感じやすい環境で行われるという点です。企業によっては一次面接の段階から圧迫面接のようなプレッシャーをかけるやり方のところもあるかもしれません。しかし、自分が受けた企業に限って言うと一次面接は緊張感はあったものの、比較的話しやすい環境を面接官の方が作っていただいた印象にあります。しかし、最終面接は本気で社員を確保したい企業側の意図もあるのか、自分の発言に対するコアな部分の考え方について問われることが多く、非常に委縮してしまいました。ただ、それを逆手にとって堂々と発言できると一気に評価が上がるのだろうなと感じました。

※上記は就活生から取得したアンケート回答をもとに、編集部で表記や表現などを一部調整のうえ、記載しております。

最終面接の合格率・通過率を上げるために知っておくべきコツ

自分に自信を持つ

最終面接では、「役員が面接官」だというプレッシャーをひしひしと感じるでしょう。それにより、今までの面接よりも緊張するケースも少なくありません。緊張によって声が小さくなったり、挙動不審になってしまったら、大きなマイナスイメージとなってしまいます。 そうならないためには、自分に自信を持って下さい。少なくとも、今までの選考を勝ち抜いてきたことを自信に変えましょう。そうすれば、堂々と発言ができるようになるはずです。大きな声でハキハキと話せば、少なくともマイナスにはなることはありません。

面接官に気に入られる

面接官に気に入られる」というのも、最終面接においては非常に重要なポイントになります。そのためには企業研究やOB訪問はもちろん、ブログやSNSのチェックも欠かしてはいけません。 社長の趣味などを把握できれば、雑談の材料になるでしょう。思わぬところで会話が弾めば、気に入ってもらえる可能性もあります。フィーリングも大きな判定要素となる最終面接では、欠かせない対策になり得るのです。

面接官に良い印象を与えるコツ

  • 事前に最終面接官になりそうな社長や役員などの情報を仕入れておく(ホームページ、パンフレット等)
  • 会社の歴史(特に立ち上げなど)を調べておいて、回答に織り込んだり質問したりする
  • 最終面接官が気持ちよく話せるように心を配る
  • 質問する時には最終面接官の名前を積極的に呼ぶ

回答に一貫性を持たせる

「面接官に気に入られたい」「役員にアピールしたい」という気持ちが先走るあまり、回答に一貫性がなくなってしまっては元も子もありません。話の信憑性がなくなってしまっては、どれだけアピールしても効果は薄くなるでしょう。 そうならないためにも、回答に矛盾が出ないように一貫性を持たせて下さい。

熱意と入社意思を伝える

最終面接では、能力面に関してはそこまで深掘りされません。なぜなら、能力面は一次、二次の面接で確認してあるからです。最終面接では、「入社意思」が見られます。
企業側からすると、就活生に内定を出した後に辞退されたら、その人の選考にかけた時間が無駄になってしまうことになり、とても手痛いものとなります。 選考はタダでやっているわけではなく、膨大なお金と時間を費やしているのです。
最終面接に合格したいのであれば「入社したい!」という熱意を役員に伝えましょう。 最終面接後に御礼のメールなどを贈ると、より熱意が伝わります。

第一志望だと答える

上記で、最終面接では入社という熱意を伝えなければならないと述べました。そのためには、「第一志望ですか?」という質問に対して「はい」と答えるべきなのは明確です。ここでは正直に「いいえ、他に志望している企業がいくつかあります」などと発言したら、採用される可能性はぐんと低くなります。

就活生の回答

  • 「第一志望です」
  • 「受けている企業はありますが、御社が第一志望です」
  • 「ほかの内定はありますが、御社が第一志望です」

最終面接の倍率は2~3倍だが落ちる人の割合は低くない

最終面接は、役員が面接官となる場合が多いです。そこでは、企業の価値観とのマッチングの確認がおこなわれます。
最終面接の倍率は、それまでおこなわれてきた選考よりも低くなりますが、落ちる人の割合は低くはありません。しかし、倍率に囚われずに対策することが大事なのです。
最終面接では、スキルなどの能力よりも「入社意思」を重視される傾向にあります。自分に自信を持って堂々と答えられるようにしましょう。そのためには、企業研究などの面接対策をしっかりおこなってください。

【大学3年生限定】難関企業に受かる実力は?就活力診断シート

平均点は58点!あなたの就活力は?

80〜100点 Sランク
就活力高い
60点〜79点 Aランク
就活力普通
40点〜59点 Bランク
就活力低め
39点以下 Cランク
就活以前に習慣を見直す必要あり  

今すぐ診断する!

登録必須!おすすめ就活サイトランキング5選

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

【1開催地1〜3名限定募集】日本初の内定保証制度付きサービス『TECH::CAMP』無料体験会
  • 2019年卒
  • 会社説明会

【1開催地1〜3名限定募集】日本初の内定保証制度付きサービス『TECH::CAMP』無料体験会

  • 開催場所: 東京都, 大阪府, 愛知県
  • 開催日時:  2017.09.18 21:00 ...

日本最大級のテクノロジースクール『TECH::CAMP』を無料で体験できる説明会

17476 view

【文理不問】国家公務員の仕事研究セミナー 〜セキュリティ・IT人材編〜
  • 2019年卒
  • 会社説明会

【文理不問】国家公務員の仕事研究セミナー 〜セキュリティ・IT人材編〜

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2017.12.15 18:00

内閣官房内閣人事局主催の国家公務員の仕事研究セミナー(セキュリティ・IT人材編)についてご紹介いたします。

183 view

《19卒》ハイレベルなコンサル&マーケティングを体感できる、1Dayインターンシップ!地方創生の最前線、日南市市長も登壇!
  • 2019年卒
  • インターン説明会

《19卒》ハイレベルなコンサル&マーケティングを体感できる、1Dayインターンシップ!地方創生の最前線、日南市市長も登壇!

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2017.12.12 23:00

地方創生の最前線を知れるチャンス!!見過ごすな!!

704 view

もっと見る

おすすめの就活イベント