2021年09月22日(水) 更新

【SPIのWEBテストでカンニングが見つかる可能性】就活での不正を絶対にしないために知るべきこと

就活生にアンケートで聞いた生の声はコチラ!

SPIで不正行為をする人はいるのでしょうか?キャリアパーク編集部が独自にアンケートを行い、学生たちの生の声を集め、代表的な声をまとめました。

質問:SPIを行っている会社に対してどのような印象をお持ちで、どのような対策をしていますか?苦手な問題とその理由、オススメの勉強法や書籍などもあわせて教えてください。(対策をしていない人はその理由を教えてください。)

就活生の回答

現在海外に留学中のため、テストセンターの受験を帰国日前までに締め切ってしまう会社が多いのはとても残念なことだと思います。webテストを設けている会社は、留学生には優しいので助かります。しかし、友達に手伝ってもらうなどの不正行為をしている人が多くいると聞いたので、webはあまり意味がないような気もします。対策に関しては本を一冊買い解き、インターネット上で模擬テストが受けられる場合は受けています。苦手な問題は非言語で、時間が足りません。

※上記は就活生から取得したアンケート回答をもとに、編集部で表記や表現などを一部調整のうえ、記載しております。

Webテストならカンニングは簡単?!でもバレるのか

Webテスト形式のSPIの場合、カンニングは驚くほど簡単にできてしまいます。
テストセンターと違い身分証もなければ、試験監督もいませんから、テキストや参考書は見放題、全くの別人に受験してもらう替え玉受験だって簡単にできてしまいます。

ただし、カンニングが簡単にできるからといって絶対にバレないわけではありません。カンニングという不正を行えば、必ず歪みが生じますからそこから事実が漏れバレる可能性があります。

場合によってはカンニングを疑われる可能性もある

カンニングでSPIを受験した場合、点数が異常に伸びてしまいます。全ての科目において満点を取るような結果を出してしまえば、採用担当者はまず間違いなくカンニングを疑います。

もちろん実力で高得点を取っていれば問題ありませんが、不正な手段で高得点を取ると人は必ず不自然な行動をとってしまうものです。カンニングは簡単ですが、就職試験はそこで終わりではありません。その後の面接や試験が進むにつれて必ずバレることになりますから、採用担当者の目はごまかせません。

SPI問題集&模試を無料で手に入れよう

SPIをクリアしなければ、面接を受けることさえできません。対策には、多くの問題集を解くことが効果的です。

そこで活用したいのが「SPIパーフェクト問題集&模試」です。

問題集と模試で、計200問の例題を解くことが可能です。詳しい解説付きなので、ぜひ活用して志望企業の選考を突破しましょう。

SPI試験の結果は参考程度!カンニングするメリットはなし

就活生にしてみればSPIの結果は非常に重要ですが、採用する企業側からするとSPIの成績はあくまで参考程度のものにすぎません。学校の入学試験のように高得点をとればそれで合格というものではありませんから、リスクを負ってカンニングするメリットはほとんどありません。

その後のペーパーテストで実力がバレてしまうことも…

多くの企業では、SPIを最初の関門と位置付けており、SPIの成績を参考に選抜した後でまた独自のペーパーテスト行うのが普通です。

ペーパーテストはカンニング対策が施された会場で受けることになりますから、今度はカンニングで高得点を取ることはできません。カンニングで高得点を取ってきた受験者は、必ずこのペーパーテストで実力を見極められてふるい落とされることになります。

大学3年生のうちに、あなたが受けないほうがいい職業をチェックしよう

就活では、自分が適性のある職業を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My analyticsで強み・弱みを理解し、自分がどんな職業に適性があるのか診断してみましょう。

面接官はカンニングを見抜く?!

無事ペーパーテストを突破したとしても、今度は面接が待ち受けています。就職試験の面接官は、最初からカンニングの疑いのある人物をチェックしています。

疑わしい人物には事実を探り出すために様々な質問を仕掛けてきますから、よほど周到な人物でない限りカンニングの事実はこの段階でばれてしまいます。

面接での受け答えバレてしまう可能性大

面接官はカンニングの疑いのある人物に対してWebテストの問題の解き方について質問したり、異常な高得点であることを匂わせたり、具体的な勉強方法を聞き出したりするなどして、受け答えの内容や態度を鋭くチェックし不正の有無を見抜こうとします。

どんなに上手に受け答えしたつもりでも、本人の意識していない部分で必ず違和感が出てしまいますから、完璧にウソを突き通すのはまず不可能です。軽い気持ちでやってしまったカンニングが原因で将来が、真っ暗になってしまう可能性もありますから、正々堂々とSPI試験に臨んでください。

SPIのカンニングはバレる可能性が高いのでやめましょう!

SPI試験でカンニングした際にバレる可能性について紹介してきました。
SPI試験やWebテストでカンニングすること自体は非常に簡単です。しかし、カンニングで高得点を取ったからといって就職に有利になるとは限りません。嘘や不正はいつか必ずバレるものです。

常に慎重に行動し言動には最新注意を払っていても、たった一言の発言でウソがばれてしまうことは珍しくありません。決定的な証拠がなかったとしても、カンニングをしたという疑いがかけられてしまえば、企業から信頼を得ることができず採用にふさわしくない人物だと判断されてしまいます。SPIはきちんと勉強すれば必ず高得点が取れる試験ですから、まっとうな努力をしましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント