2019年11月14日(木) 更新

就活の面接で一般常識についての問題を出された時の対策方法

面接の一般常識試験で問われている事はなにか

一般常識試験では、社会人として知っておくべき知識の有無や、コミュニケーションや文書を作成するのに必要となる言語能力などが問われています。新聞、ニュースにきちんと目を通すなど、日頃の対策がとても重要です。知っておけば面接対策にも役立ちます。職種などにより多少差はありますが、一般的には社会・国語・英語・数学・理科・文化・時事に関する問題から出題される事が多いです。

面接に備えて頭の回転を良くしておく

一般的な社会常識の理解度や意思の伝達や文書を作成するのに必要な言語能力、売上・利益などを計算する能力、論理的な思考能力などを判断するのが企業側としての目的となります。又理系問題では、売上・利益の算出など、企業での日常業務に必要となる基本的な計算能力が問われます。理系の企業であればその業務で必要となる知識も是非押さえておきたいところです。

面接での一般常識試験の出題傾向

一般常識試験で出題される分野はかなり広いです。しかし難易度はそれほど高くありません。中学や高校で学習した内容をきちんと復習しておく事が重要です。数学問題では、基本的な公式や、計算問題が問われることが多いです。特に、利益や割合計算は頻出します。国語問題では、基本的な言語能力が問われることが多いです。漢字の読み書き、敬語など正しい日本語を使えるようにしておく必要があります。やはり企業として社員に抑えておいてもらいたい知識が問題として出題されます。

日頃からニュースなどに敏感になっておく

もちろん最近のニュースや志望する業界の情報なども問題に出る場合がありますので、チェックしておきましょう。時事に関する問題では、社会人として知っておくべき事柄を中心に出題されます。普段から社会の出来事に関してアンテナを張っておくことが試験攻略への近道になります。新聞やネットで、情報を押さえておきましょう。

面接に備えて一般常識試験の対策

一般常識試験の対策についてですが、Webサイトなどで、「一般常識 対策」のキーワードで検索をすれば、過去に出題された問題や出題されやすい問題の傾向が調べる事ができるので、ネットを使用してリサーチしておく事は試験対策として非常に有効です。又、専門の書籍を購入して集中して対策を行うという方法もあります。書籍を購入するには費用がかかってしまいますが、その分専門家がまとめた資料を手に入れる事ができる事を考えると費用対効果はとても優れていると考えられます。

面接前は平常心で臨むこと

一般常識の数学では、苦手意識をもつ就活生も多いです。まず基本的な公式や計算方法をきちんと復習してマスターすることが重要です。基礎的な計算能力は社会人として生活をする上でも重要なスキルとなっています。覚えた事をしっかりと出せるように、面接前に平常心をキープしておく事も重要になってきます。

実際の面接評価シートで確認する

面接をする際、面接官は面接評価シートを元に就活生を評価しています。面接評価シートには、マナーや身だしなみ、質問に対する受け答えなどの内容をチェックする項目があります。企業や職種によって設定されている項目は異なりますが、参考にすることで、面接官視点を把握することができます。「面接評価シート」を無料で手に入れて、面接前に最終調整をしたり、就活生同士の練習で活用したりしましょう。

面接で一般常識問題を出されても、冷静に対処を

いかがでしたでしょうか?一般常識試験で問われていること、出題傾向、試験対策について書いてゆきました。やはり一般常識試験は日頃からの対策が最も重要になります。日頃からニュースや新聞、インターネットを活用して情報収集を行う事が一番の対策となります。逆に言ってしまえばそれ以外の対策方法はなく、それさえこなしておけばクリアできる問題である事が言えます。ですので、日頃からの情報収集をしっかりとこなしていれば一般常識試験など恐るに足らずとなります。

幅広い視野を持つ事で実際に会社で働くことになった時にも必ず役に立つ事ですので、勉強をしておいてデメリットはありませんので学習を行う事をおすすめしたいです。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

F0236d146680c72d

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント