2016年11月29日(火) 更新

転職でもある!圧迫面接を華麗に乗り切る対処法3つ

転職の圧迫面接の対処法①:ポジティブにとらえる

圧迫面接は新卒で若い人にだけ行われると思われがち。しかし、実は転職・中途採用でも圧迫面接は度々行われているようです。

対処法の1つ目は、圧迫面接をポジティブに捉えることです。中途採用の面接官の本音として、どうでもよい人には圧迫面接までして時間をかけません。あたりさわりのない内容だけを話してはやく切り上げてしまおうと考えるのです。

中途採用で圧迫面接が行われるのは”見込みがある”証拠

中途採用で圧迫面接が行われるのは、経歴やある程度の受け答えを観察して見込みがあると思った場合だけなのです。見込があると思った転職者には、「圧迫面接をしたときにはどのように対応できるか」見たいという意図があって圧迫面接をします。

ですから「転職や中途採用なのに圧迫面接までされた」と悲観する必要は全くありません。ここまで時間をかけて面接をしてくれているのだとポジティブにとらえるべきなのです。

転職の圧迫面接の対処法②:感情を上手にコントロールする

新卒だけでなく、転職や中途採用でも行われることが多い圧迫面接ですが、転職や中途採用者の場合は特に、これまでの経験をみられます。当然人間関係力も新卒よりもアップしていると期待されるでしょう。

そのため、2つ目の対処法としては、感情を上手にコントロールすることが挙げられます。何を言われても涼しい顔で受け答えができるようにしましょう。

中途採用ではムカッとしても”冷静な切り返し”で面接官をうならせよう

中途採用の圧迫面接ではムカっとくるような怒りたくなるような事をよく言われます。しかし、そんな場合でも嫌な態度をしたり、顔に「失礼な!」という感情を出したり、ムカッとした表情を露骨に浮かべたりするのはNGです。大人げない、感情のコントロールができない人間だと思われてしまうでしょう。

それではせっかく面接まで辿り着いたのに損です。やはりあなたもその会社に入社したくて面接を受けている訳ですから、何か嫌なことを言われたとしても、うまく切り返してみて下さい。「さすがだな」と面接官をうならすような対応を目指しましょう。

転職の圧迫面接の対処法③:YES・BUT法を利用する

新卒だけではなく、転職や中途採用でも行われる圧迫面接ですが、誰でも自分を否定されると落ち込んだり、ムカッとしたりするものですよね。面接官も人間なのでそこは知っています。そこで有効なのが3つ目の対処法がYES・BUT法です。

まずは否定せずに受け入れる!次に反論するのが中途採用で高評価の回答

例えば圧迫面接で、あなたを罵倒するような変なことを言われたとします。その場合もまずは面接官の言う事を否定しないのが大切です。まずはYESで答えましょう。具体的には「おっしゃることはわかりますが」「おっしゃることはもっともですが」などというように相手の発言に対して理解を示します。

そして、そのあとにBUTを使いましょう。具体的には「しかし、これは裏を返せば、このような良い面もあるのです」「短所と考えればそうなりますが、心配性は裏を返せば慎重な性格でもあり御社のお役に立つと思います」などです。

このように相手の失言を否定せずに1回は受け入れて、その後で根拠ある理由でもって反論するのが、圧迫面接で高評価を受ける受け答えです。

転職の圧迫面接は「ポジティブ思考」「感情コントロール」「YES・BUT法」で対処

いかがでしたでしょうか。今回は、新卒だけじゃない、転職・中途採用での圧迫面接の対処法3つをみていきました。圧迫面接の受け答えには、ちょっとしたコツがありました。

ムカッとする質問もあるかと思いますが、そこは感情を抑えてうまく受け答えをしていきましょう。圧迫面接を華麗に乗り切るには毅然とした態度で臨むのが勝機を掴むポイントです。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

F0236d146680c72d

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント