2017年06月29日(木) 更新

【中小企業?有名企業?】圧迫面接をしているのはどんな会社なのか

忍耐力が必要な企業が圧迫面接をやりそうと考える就活生が多い

就活生の回答

キャリアパーク会員の就活生を対象に「あなたが思う圧迫面接をやりそうな企業の特徴を教えてください!」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

  • 忍耐力を求めるところ
  • IT
  • ストレスが多い、仕事が多い、上下関係が厳しい
  • ストレス耐性が要求される業務を伴う
  • 大手、体力仕事の企業。航空、旅行、銀行など

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月7日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「あなたが思う圧迫面接をやりそうな企業の特徴を教えてください!」

就活生の多くは、忍耐力が必要な企業が圧迫面接をやりそうと考えているようです。なかには「ストレスが多い、仕事が多い、上下関係が厳しい」や「ストレス耐性が要求される業務を伴う」という意見もあり、仕事で受けるストレスに耐えられるかの判断材料として圧迫面接があると考える就活生が多いということがわかります。この記事では、どんな企業が圧迫面接をおこなっているのかや対応についてもご紹介していきます。

中小企業における圧迫面接

中小企業における圧迫面接は、中小企業ですから採用人数自体が有名企業や大手企業に比べると少ないという事があるようですね。その中でも中小企業側からすればできるだけより優れた人材を採用したいという思いがあるでしょう。

どのようなことを言われても冷静な対応を!

ただワンマン社長などがいるような小規模な会社だった場合、面接官も圧迫面接をするにあたってきちんとした教育を受けていない場合もあるかもしれませんのでそのあたりは注意が必要です。

その会社に入りたい場合はどのようなことを言われたとしても冷静に対応できるようにしたいものです。事前に圧迫面接があってもうろたえることのないように、どのような質問が来そうか事前にきちんと想像しておいて練習するのも良いでしょう。

有名企業における圧迫面接

圧迫面接は、中小企業のみならず、有名企業や大手企業でも行われます。有名企業や大手企業では、一次試験、二次試験と何回も試験や面接が行われて振り分けられることも多いようですが、特に時間をかけて面接者をチェックしたい最終面接には圧迫面接を実施する企業も多いようです。

圧迫面接のノウハウを研修で受けている可能性も

有名企業や大手企業の面接官は中小企業に比べると比較的面接のノウハウなどをきちんとした研修で受けていることも多いようです。

中小企業と、有名企業や大手企業どちらが多いのかと聞かれれば困難な質問ですが、どのような企業でもその手法を使っている場合が考えられますので、どのような質問がとんできても大丈夫なように事前にしっかりと対応を考えておきたいものですね。

圧迫面接はどんな企業に多いか

圧迫面接はどのような企業に多いのでしょうか。それは、中小企業や有名企業、大手企業かかわらず、業種にかかわってくるかもしれません。

顧客と密着にかかわる業種で多い

一番多いのが、営業やクレーム対応など顧客と密着にかかわる業種の場合です。そのような場合には、業務でお客様を怒らせてしまっては大変です。できるだけ冷静でどのようなことを言われてもきちんと対応ができるような人材を取りたいと考えていることでしょう。

一般事務職や技術職などであったとしても、対人関係はどんな職場にでも必要ですからきちんと対応ができる人物が求められることも多いことでしょう。いずれの職種を受けるにしても、圧迫面接があるかもしれないという事をあらかじめ予想して面接にのぞむことが必要です。

圧迫面接をしているのは中小企業なのか、有名企業なのかに関するまとめ

圧迫面接は中小企業、有名企業、大手企業どのような企業でしていることが多いのかについてみていきましたがいかがでしたでしょうか。
圧迫面接をする企業は年々減少しているという話もありますが、実施しているところももちろんあります。是非面接を受ける際の参考にして、圧迫面接があったとしても乗り切れる用意をしてみましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント