2017年07月04日(火) 更新

ストレス耐性が低いとやってられない圧迫面接の質問例集

圧迫面接では面接官が意図的に威圧的な態度などを取る

就活生なら誰もが恐れる圧迫面接。圧迫面接に対する心構えをする前に、どのような面接を圧迫面接というのか把握しておきましょう。
圧迫面接とは、企業の面接官が意図的に就活生に対して威圧的な態度をとったり、意地悪な質問をするものを指します。そういったケースでどのような対応をするのかを観察するために行われる場合が多いです。企業は、ストレス耐性やプレッシャーの大きいシーンでどのような対応をするのかをチェックするために圧迫面接をするのが一般的でしょう。

圧迫面接でされる意地悪な質問例

圧迫面接では、どのような意地悪な質問をされるのでしょうか?圧迫面接に対するイメージがつかみやすくなりますので、いろんなパターンを知っておきましょう。

圧迫面接の質問例

  • この業務は未経験のようですが、仕事がちゃんとできると思いますか?
  • やる気がなさそうですね
  • あなたを入社させて何かメリットがありますか?
  • 志望動機が浅いですね
  • 先程◯◯とおっしゃいましたが、何か根拠はあるのですか?
  • あまりいい学歴ではありませんね
  • あなたは当社に向いていませんね
  • 話がつまらないです

質問例を頭に入れておき圧迫面接を乗り切ろう

圧迫面接について見ていきました。圧迫面接とは、意地悪な質問や威圧的な態度を取られるものです。圧迫面接は、意地悪な質問やプレッシャーの中で、どのような対応ができるのかを見られています。圧迫面接がなぜ行われるのかわかっていれば、意地悪な質問をされても落ち着いて答えられるでしょう。この心構えがあるとないのとでは、直面した時の焦り方が全く違ってくるので、是非頭に入れておいてください。
上記の圧迫面接の質問例を参考に、少しでも対策しておくといざという時に慌てずに済みますよ。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

F0236d146680c72d

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント