2019年11月19日(火) 更新

【めんどくさいはNG!!】就職前の企業研究を面倒、難しいと感じさせない為の方法

企業研究が面倒な理由、大事な理由

人によっては、企業研究はめんどくさい側面が強いかもしれません。そもそも実際に働くまでは企業の実情は分からないわけだし、研究していようがいまいが、就職が難しいことに変わりはないと思います。しかし、やはりその企業を志望するなら、その企業のことはある程度知っていてもらいたいものです。面接の際に明らかに企業にも職種にも関心がなさそうな人が来ると、面接する側としても残念な気持ちになります。「なんでうちの会社を受けようと思ったのだろう?」と感じさせると、その時点でアウトです。

企業研究は面倒でも必ず意味がある

面倒だとは思わずに、豆知識や雑学のようなつもりでも良いので企業研究をして欲しいと思います。やはり面接の時点で、企業や業界や扱う商材に関して詳しい、関心がある人というのはそれだけで格段に印象が良くなります。慣れないうちは難しいかもしれませんが、企業研究には必ず意味があります。多くの人は就職した後に気付くものです。面倒に感じても、前向きな気持ちで企業研究を行いましょう。

就職が難しいからこそ自分を大切にする

そもそも企業研究がめんどくさいと感じるような会社であれば、入社してからも合わないでしょう。これははっきり言えます。長く続く人は、企業や業界に関心のある人、扱う商材が好きな人、ともに働くメンバーに愛着がある人のいずれかです。給料のためだけ、入社しやすいからというような理由では、たとえ入社できたとしても長続きしません。就職するのが難しい世の中なので「入社できればなんでもいいや」という人が後を絶たないのだと思います。自分をぞんざいにしないで欲しいと思います。

企業研究をして自分に最適な会社を探す

面倒でも企業研究、もしくは自分自身の研究は欠かさないで欲しいと思います。企業と自身のやりたいことがどれだけマッチしているのか、しっかり調べて考えて行動して欲しいと思います。就職はどんな会社であれ難しいものです。面倒でも企業研究をしっかり行っておく事で、将来的には必ず生きてくるはずです。今はめんどくさいかもしれませんが、将来はめんどくさい事でもやっておいて良かったと感じられるはずです。

自分にとって面倒ではない企業研究をする

企業研究を通して学んだことは会社に入ってから以降も役立ちます。たとえばもし「思っていたのと全然違った」ということであっても、「企業は都合悪いことを隠して良い面ばかりをアピールする」ということを、知識だけでなく体験として自分の人生の糧にできるからです。

企業研究をした経験が必ず糧になる

企業研究した企業に入れなかったとしても、自分の中の一つの知識として役立ちます。企業研究が面倒だ、めんどくさいと思う場合は、とにかく関心がもてる企業を探しましょう。就職が困難な時代であっても何にかしらの人材を求めている企業はあります。自分にとっての研究しがいのある企業は、就職サイトの中かもしれないし、情報誌の中かもしれないし、街のスタッフ募集広告の中にあるかもしれません。色々と探してみましょう。

自分の就活力を知る

就職に成功するためには、まず自分の就活力を知っておく必要があります。就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。ぜひ、「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。

企業研究を面倒、難しい、めんどくさいと考えず、前向きな気持ちで取り組んで就職を目指そう

いかがでしたでしょうか。企業研究というのは、めんどくさい、難しい、面倒だというイメージを持つ人がいるかもしれませんが、そもそもは雑学や豆知識としては面白いものです。だからテレビ番組で色々な企業が特集されるのです。自分にとっての良い企業というのは、企業研究もして、自分自身の気持ちも研究しなければ導きだせません。ぜひ色々と調べて良い進路を見つけてもらいたいと思います。就職した後に、やっておいて良かったと思えるはずです。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント