2016年11月29日(火) 更新

テストセンターを転職のため受験する際にしておくべき対策3つ

転職におけるテストセンター対策①:パソコンからのテスト受験になれる

テストセンターでのWebテストはペーパーテストと違い、パソコンで受験します。そのため対策として、パソコンの円滑な操作は当然のことながら、画面上で問題を見て、画面上で回答するという一連の流れに慣れておく必要があります。

模擬Webテストを繰り返し行う

問題がパソコンの画面上に表示されると、意外に問題が理解しにくかったり、ペーパーテストよりも解きにくいと感じる人が多い傾向にあります。いつもなら簡単に分かるような問題でも、紙かパソコン画面かの違いだけで違和感を感じ、うまく思考が働かないためです。
さらに計算用紙、キーボード、画面と、見るものが多い点も、集中できなくなる原因のひとつ。
特に転職は、しばらく試験自体をしていない人が多く、余計にやりづらく感じます。そのため、まずは模擬Webテストの回数をこなし、パソコン画面上での受験に慣れておきましょう。

転職におけるテストセンター対策②:会場に近い雰囲気を作る

いつも何気なく試験勉強をしているかもしれませんが、勉強だけではなく会場の雰囲気に慣れておくのも大切ですね。もし転職活動の選考試験をテストセンターで受験するなら、自宅の環境をできるだけテストセンターに近い雰囲気にして、勉強をしましょう。

緊張感がある空間を作って勉強したり模試を受けておこう

テストセンターでの受験は自宅で行うWebテストとは違い、用意された会場で受験します。慣れた場所で行うのと違い、初めての会場での受験は予想以上に緊張するもの。
これは既に社会に出て働き、いくつもの緊張するシチュエーションを経験しているはずの転職者でも、テストセンター独特の雰囲気に負けてしまうケースが珍しくありません。自宅のデスクに会場にあるような仕切りを簡易的に作ってみたり、テレビ等は全て消し、静かな環境で模試や勉強をしてみてください。

転職におけるテストセンター対策③:転職用の対策本で勉強

本屋さんに行くと、テストセンター対策の参考書はたくさんあります。その中でも「転職者用」として、転職を目指す人向けの対策本が販売されているものがあります。テストセンター対策として、それらを購入して勉強するのがもっとも効率的でしょう。

対策本を使用した勉強がもっとも効率的

ただ漠然と模試を繰り返すだけでは問題を解くコツなどが分からず、ただの丸暗記となり、非効率な勉強になってしまいます。参考書は実際に受験した人からの報告により問題が作成されているものなど、実際のWebテストが忠実に再現されています。
問題を早く正確に解ける方法などが記載されているため、対策本を読むと効率良く勉強できます。新卒者と転職者では、Webテストの問題が異なる可能性がありますので、しっかりと対策をしてテストセンターを攻略しましょう。

テストセンターの対策法を実践して転職を成功させよう!

テストセンターを転職のため受験する際にしておくべき対策3つ、紹介しました。
テストセンターでの受験は自宅でのWebテストなどとは違い、独特の雰囲気の中で受験します。会場の雰囲気を作ってパソコンでのテストに慣れておき、参考本を見て効率の良い勉強をしたうえで、テストセンターに臨んでください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント