2017年01月18日(水) 更新

事務職に未経験でも採用される志望動機の書き方と例文5つ

中途採用担当者から事務職志望の皆さんに一言

Imac 605421 640

採用担当者から一言

事務職に未経験で転職する際にまず抑えるべきことは、事務職と言っても業界や会社によって仕事内容が異なるという事。
「事務職だから」と気楽になるのではなく、その会社の特徴、求人で求められている仕事内容やスキルなどをしっかりと把握した上で臨む必要があります。
その理解によって志望動機に書くこと、面接で話すことも異なってきて、採用試験の結果すら左右しかねません。



事務は、いまや大人気職種!

一般事務や営業事務、経理事務といった事務職は、オフィスの中で一日中雑務や書類整理などを行います。そして事務職は定時で帰れそうな、比較的楽なイメージがあるのではないでしょうか。
新卒でも、他の職種を経験している人でも事務職は未経験でもなりやすく、定時に帰れてプライベートが充実しています。大人気職種のひとつとなっている事務職ですから、求人を出せばたくさんの人が応募してくるのだとか。
そんな事務職を未経験で志望する場合、採用されるのはやはり難しいのでしょうか?ここでは事務未経験の方が、事務経験者に負けない志望動機を書くために必要なことを紹介していきます。

未経験で事務職に就職できる?

Startup 593327 960 720

未経験で事務職へ志望するのは、現実問題どうなのでしょうか?事務職は未経験ということで、選考から外れてしまう可能性があるのか気になりますよね。
事務職は経験者が優遇されるケースが多いようです。しかし、優遇される経験者も昔は事務未経験だったはず。では、事務職未経験の問題と、事務職への就職の可能性を見ていきましょう。

事務職は経験者でも転職しにくいのが現実

一般事務職や営業事務、受付事務などのホワイトカラー系の仕事は、人気が高い職種です。そのため結論から言うと、未経験だと採用される可能性は低いと言えるでしょう。例え募集されていても、アルバイトや派遣社員というケースも多いはず。
たとえば、年齢が30歳以上で現職が事務系、さらに社労士など法律系の資格を取得しているとしましょう。しかし、これまでに社会保険・労務・人事等の実務経験がなければ、法律事務所の事務でも転職は非常に困難です。

未経験でも事務を募集している求人は少なからずある

事務職とは転職希望者が多く、人気の職種となっているのです。しかし、未経験からの事務職への転職は、絶対に無理というわけではありません。確かに他の業界で経験を積んだあと、事務職へ転職するのは大変です。
転職が難しいと言っても、未経験でも募集しているケースは少なからずあります。ハローワークでは、未経験から正社員の営業事務に就いたといった事例もあるのです。

楽な職場を期待する人には事務職だって厳しい

一般事務や営業事務、受付事務に、「残業が少ない」「産休や育休が取れる」というイメージを抱いている方も多いのではないでしょうか。そうお考えなら、少し考えが甘いかもしれません。中小や零細企業だと今は経営も楽ではなく、ギリギリの人員で仕事を回している会社も少なくないでしょう。
そのため、残業が多かったり、福利厚生が充実していない企業も少なくありません。。もちろん、産休も取得でき、仕事もそこまで忙しくなく、家事と仕事の両立も出来やすい事務職もあります。しかし、そういった恵まれた職場は、そもそも辞める人が少ないので、中途採用で恵まれた企業に入れる確率はそう高くありません。

事務未経験者の志望動機の書き方のコツ

事務職経験者でも、事務未経験でも面接の前には志望動機を書く必要があります。未経験で事務職を希望するなら、面接官に経験者よりも良いと思ってもらう必要があります。
志望動機を書く際にも、気合を入れて挑みましょう。ここでは、事務未経験者が志望動機を書く時のコツをご紹介しますので、参考にしてください。

事務職はコミュニケーション能力が大事

Student 732012 640

まずは、事務職の求人をよく見てみましょう。単に事務といってもデスクワークだけ、ということに限定されていません。事務職は顧客との電話応対などもあります。コツコツ作業することが得意で好きだから、という理由では事務職に向いていないと判断する雇い主も存在しています。
問題は求人先が、「どのような事務を求めているか」というポイントです。受付事務でなくても、来客応対がメインとなる事務の求人募集もあるくらいです。事務には、一定のコミュニケーション力が必要と言えるでしょう。また、事務の仕事をしたいという気持ちと同じくらい、誰かのサポートをしたいという気持ちも大切です。

未経験者は役立ちそうな資格を漏れなくアピール

事務の採用担当者は「未経験者」という目で志望動機を見てくるはずです。資格は有利になりますから、取得した資格は全て詳しく記入しましょう。
また、資格はなくてもパソコンスキルが高いのは高ポイント!事務職では、オフィス系のソフトで業務をおこなうことが多いです。「Word」、「Excel」、「PowerPoint」に加えて、現在では「Access」も必須となってきているので、自己PRのためにもできるようになっておきましょう。

素早く正確な事務処理ができる事を根拠つきで述べる

未経験者に求められるポテンシャルには、事務の仕事をいかにして迅速にかつ正確に処理できるかという点があります。確かに性質・性格に向き不向きはありますが、スピーディーな事務処理は好まれるでしょう。
というのは、スピーディーであればあるほど、事務仕事が多く処理できるからです。しかも、正確性が重んじられるので、雑な事務をされては困ります。

送付書類の扱いも丁寧にすると説得力が増す

まずは履歴書一枚にしても、事務書類と考えましょう。封筒の書き方や写真の貼り方などもチェックされますので、丁寧さをアピールしてください。
正確かつ丁寧に、几帳面さを志望動機と履歴書で示すように心がけましょう。送付書類の扱いも丁寧にすると、几帳面さに説得力が増すのです。

自分で志望動機が書けない場合は

Woman 1006102 960 720

上述のコツを見ても、社会人経験が少ないからネタに困る、文章力に自信がなくて上手く書ける気がしないという場合には、転職エージェントサービスを活用する方法もあります。転職エージェントサービスは、仕事を探している求職者に対して、無料で職務経歴書のアドバイスや、非公開求人の紹介などを行ってくれます。
特に第二新卒と言われる社会人1~3年目での転職や、未経験職種への転職では、自力で転職活動をするよりも遥かに早く内定を出すことができるので、迷ったらサービスを利用したほうが無難です。

とはいえ、世の中には溢れるくらいの転職サービスがあり、初めての転職という方は迷ってしまう場合が多いです。もしも、迷ったらテレビCMで紹介されていたり、口コミの件数が多いサービスを選ぶことをおすすめします。 例えば、「ハタラクティブ」はテレビCMでも話題となっており、初心者でも安心して利用できると評判です。また、第二新卒やこれまで正社員経験がない人は、サイトに“第二新卒”や“業界未経験”という表記があるサービスを選ぶといいでしょう。

事務を未経験で受ける際の例文を紹介!

事務職の種類と未経験で事務職に応募したときの志望動機のコツを見たところで、実際の志望動機を考えてみましょう。
志望動機の例文を集めてみましたので、参考にしながら、自分の言葉で文章を組み立て自己PRを考えてみてくださいね。

Office 625893 640

事務職未経験者の履歴書における志望動機の例文①

前職は違う業界に長くいたため事務職は未経験ですが、パソコンを使ってのコツコツした作業が好きなので興味を持ちました。貴社は研修制度も充実しておられますから、経験を重ねて、将来的には戦力の一人としてお役に立てるように早く成長していきたいと思います。

事務職未経験者の履歴書における志望動機の例文②

未経験ではありますが、以前より経理事務として業務に従事したいと考えていたため、簿記2級等資格も取得しました。前職では、〇〇といった業務に従事しており、特に電話対応やパソコンでの資料作成(Excel、Word使用)の業務に携わっていました。
今回は未経験可とのことですので、前職での経験を活かしてスキルを向上したいと考えて応募させていただきました。前職での経験を活かしてさらにスキルを向上させ、貴社に貢献したいと考えます。

事務職未経験者の履歴書における志望動機の例文③

前職では販売担当をしておりました。その業務に携わる中で、データ管理の重要性や、コミュニケーションの大切さを学びました。そのほかにも、POPの作成や顧客管理などの業務もあわせて行っていましたので、パソコンスキルについても自信を持っております。
現在は情報処理の資格を取るための勉強に励んでおります。事務職は未経験ですが前職で学んだコミュニケーション力は受付事務や電話対応が活かせると思い、応募いたしました。

事務職未経験者の履歴書における志望動機の例文④

これまで接客や販売の仕事を経験してきました。今後は経理や事務といった接客以外のスキルや経験を身につけたいと思い、今回事務職へ応募いたしました。未経験ではありますが、前職での経験を活かして、一日も早く貴社の戦力になれるよう努めます。

事務職未経験者の履歴書における志望動機の例文⑤

営業事務は未経験ですが貴社のホームペジを拝見し、とても活力のある会社だと感じ、ぜひ、貴社で働かせていただきたいと思い応募いたしました。 これまで派遣スタッフとして電話応対、データー入力、テレマケーティングによるサービス営業の経験があります。これらの経験を活かして貴社に貢献したいと思っております。

事務にもさまざまな種類がある!

事務と一口にいっても、事務職には、一般事務、営業事務、経理事務、受付事務など、さまざまな種類があります。
主要な事務職の業務内容について知り、自分がどんな事務の仕事につきたいのか、前職のスキルを活かせる事務職はどれか、検討しましょう!

Typewriter 801921 960 720

事務の主な仕事内容

■一般事務…資料作成・データ入力・伝票処理・電話応対など
■営業事務…在庫管理・納期管理・受発注業務・売上業務・回収業務など
■庶務………伝票処理・出張清算・データ入力・ファイリング・電話応対など
■経理事務…原価計算・勘定振分業務・管理帳票の作成管理など
■受付事務…来客対応・スケジュールチェック・雑務など
■貿易事務…英文での船積書類作成・船積手配・船積通知・納期回答など
■医療事務…受付・会計・カルテ管理・診療報酬請求業務など

事務はさまざまな仕事を兼務するのが一般的

事務職は、企業によって業務内容が異なります。またよほどの大企業でもないかぎり、一般事務なら一般事務だけの仕事、営業事務なら営業事務だけの仕事、だけをしているわけではありません。
小さな会社の事務職であれば、さまざまな事務の仕事を兼務するところがほとんどです。募集職種が一般事務であっても、経理事務のフォローをしたり、受付事務が入力業務をおこなうといったことは往々にしてあります。求人内容の業務内容欄は、細かく確認しましょう。

未経験の事務志望動機はこれまでの経験とコミュニケーション能力を自己PRせよ!

未経験で事務職に応募する際の履歴書における志望動機の書き方と例を見てきましたが、いかがでしたか?事務といっても、一般事務、営業事務、受付事務など、種類は様々ですし、業務内容も会社によってはかぶります。どの事務職に就きたいのか決め、そして求人の業務内容欄はしっかり確認しましょう。そこから志望動機作成のヒントも見つかるはずです。
例文からわかるように、未経験で事務を希望するときの志望動機は、前職の経験を活かす、コミュニケーション能力が高いといったところを自己PRするといいようです。また、パソコンのスキルや業務に役立つ資格があれば、それもアピールするようにしてくださいね。

人気のコラム

ログイン / 新規会員登録

ID・パスワードを忘れた方はこちら

SNSでログイン

無料で簡単登録!

転職コラムデイリーランキング

ランキング一覧

おすすめの転職コラム

転職コラム一覧
エントリーシート対策