2016年11月29日(火) 更新

グループディスカッションが行われる目的と対策ポイント

グループディスカッションの目的として内容から性格を見る

グループディスカッションが行われる目的や意図は様々

グループディスカッションが行われる意味は様々です。
初対面の学生と議論をすることになるので、その内容からどれだけ実力を発揮できるかを見られています。内容では積極性や協調性に加えて、自分の意見をまとめる能力など、社会人において必要不可欠な性格や能力を見られています。

緊張したからと言って思うように、発言できない内容となってしまうと不採用になる可能性が高いです。

グループディスカッションでのアドリブ力から本質を見る目的も

グループディスカッションの内容は毎回異なるので、合わせて対策をすることはできません。
アドリブ力が求められるので、攻略のノウハウやコツを身につける必要があります。グループディスカッションが行われる意味は、アドリブ力を試すことと、嘘で塗り固めていない学生の本質を知ることです。場数を踏んでグループディスカッションの内容に慣れておきましょう。

インターンシップでのグループディスカッションの目的は・・・

インターンシップの内容では、グループディスカッションが行われることが多いです。
この場合のグループディスカッションが行われる意味は、企業のことをより深く知ってもらいたいという企業側の願いが関係しています。テーマは、その企業や業界に関する内容となっているので、それを対象に議論をすることで、より業界や企業の業務を知ることができます。

グループディスカッションで目星を付ける目的がある

インターンシップにおけるグループディスカッションが行われる目的は、企業のことをより深く知ってもらいたいということだけではなく、その内容からで優秀な学生の目星を付けることも含まれています。
学生としては、インターンシップであっても企業との接点ができる貴重な機会なので、好印象を与えて選考を有利に進められるように内容を充実させることが求められます。

採用選考におけるグループディスカッションの目的は?

グループディスカッションで面接よりも、深く性格・能力・適性を判断

就職活動の選考におけるグループディスカッションが行われる目的は、面接よりも、深く性格や能力を見ると共に、適性があるかどうかを判断することです。発言や行動から、企業の社風や業務内容の適性があるかどうかを判断されます。
求められる能力を示す際には、積極性や協調性が高ければ良いという訳ではなく、ある程度の独創性や頑固さなども企業によっては求められていることを知っておきましょう。

どの程度の積極性や協調性が求められるのか知っておく対策を

グループディスカッションに参加する前に、予め企業研究をしておきましょう。
グループディスカッションが行われる意味と、求められることを把握しても、その企業に適性があることを示せなければ、次の選考には進めません。企業研究をして、その企業であればどの程度の積極性や協調性が求められ、他にどの様なことが求められているのかを知っておきましょう。

グループディスカッションの意味・内容は能力判断して優秀な学生を見つけるために行う

今回はグループディスカッションが行われる意味と内容についてご紹介しました。
グループディスカッションを攻略するためには、それが行われる意味を知っておく必要があります。その意味を把握することで、求められる能力を知ることに繋がります。企業によって、グループディスカッションを行う意味は異なるので、企業研究をしておいて、何をどの程度求められているのかを事前に把握しておくことが大切です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

F0236d146680c72d

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント