【出版業界のインターン選考情報まとめ】対策として知るべき業界の市場規模・シェアランキング

更新 / 13895 view

インターン選考の対策として出版業界について知っておこう

本

インターンシップに参加するには、選考を突破しなければそのインターンに参加することは当然できません。
まず、そのインターンの選考を突破するため、その業界について知っておくことで、選考で自己アピールがしっかりと出来るものになります。
そこで、出版業界の情報をまとめていますので、みていきましょう。

出版業界の市場規模

その業界について知るため、どれくらいの市場規模なのかをしっておくことは、業界研究をするうえで、とても大事なポイントです。
では、出版業界の市場規模を紹介します。

【出版業界の市場規模】
業界規模:1兆0,515億円
経常利益計:613億円
売上高純利益率:+3.6%
過去5年の伸び率:+2.3%
総資産額:9,774億円
労働者数:8,638人
平均年齢:38.2歳
平均勤続年数:9.7年
平均年収:610万円
(平成25年7月-平成26年6月 決算)

出版業界 売上高&シェアランキング TOP10

10位 クイック
9位  インプレスホールディングス
8位  文溪堂
7位  昭文社
6位  ゼンリン
5位  プロトコーポレーション
4位  学研ホールディングス
3位  ぴあ
2位  KADOKAWA
1位  ベネッセホールディングス

※業界動向SEARCH.COM(http://gyokai-search.com/3-hon.htm)より抜粋

上記の情報を見ても分かるように、出版業界は非常に大きなマーケットだということです。
こういった市場規模を把握しておくことは、その業界を知るうえで基本中の基本です。また、出版業界のシェアランキングも一度は聞いたことがるような出版社ばかりですよね。しっかりと出版業界、出版社の売上高&シェアランキングは把握しておきましょう。

出版業界のインターンシップを突破するための基本対策

上記では、出版業界がどういった業界か、どの出版社が売上高とシェアランキング上位にいるのかなど、なんとなくでも理解できたと思います。
次に、ここで紹介するのが、出版業界のインターン選考の基本的な対策を紹介していきますので、みていきましょう。

出版業界のインターンシップを突破するための基本対策

インターンシップ選考を突破するための対策①:出版業界で働きたい理由と会社への思いをアピール

出版社のインターンシップ選考は人気が高く、倍率もかなり高いです。
出版業界のインターンシップ突破するための対策として、まずは、あなたの熱意や業界やその会社への想いが大事です。
そのためには、上記で紹介したような業界研究はもちろん、インターン選考を受ける出版社を徹底的にリサーチして、どういった理由であおの出版社のインターンに参加するのか、何がしたいのかなど、自分の考えに関しても熟考しておきましょう。
特に、この出版業界では大事なポイントですので、しっかりと自分の考えをまとめておきましょう。

インターンシップ選考を突破するための対策②:出版社に関する本や雑誌の思い出などを盛り込む

次の、出版業界のインターンシップ突破するための対策は、出版社に関する本や雑誌の思い出などを盛り込むということ。
熱意についても分かりやすさと同じく、エピソードを添えることが有効です。特に、その出版社で出版している本や雑誌が自分にとって大事なものであった体験を伝えたいもので、それが自然と詳しくなった、というアピールに繋がります。

具体的には、その出版社の雑誌の昔からの愛読者であるとか。あの本で人生観が変わった等のエピーソードがあるといいでしょう。その為に企業研究は事前にしておきましょう。

出版業界のおすすめインターンを紹介

ここまで、出版業界のインターン選考のポイントについて紹介していきました。
では、最後に出版業界のおすすめインターンを紹介とその企業毎の記事紹介もしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

本

出版業界のおすすめインターン①:大日本印刷

出版業界のおすすめインターンで、大日本印刷でのインターンシップを紹介しますが、出版業界では、面接も大事ですが、やはりエントリーシートを魅力的に書く方法も大事ですので、紹介記事を参考にしてみてください。

出版業界のおすすめインターン②:日本経済新聞社

日本経済新聞社のインターンも出版業界で活躍したいと考えている人には、オススメのインターン。
この紹介記事では、日本経済新聞社の歴史など、簡単な企業研究も紹介していますので、参考になります。新聞社のインターン選考では、企業研究はかなり重要な要素です。

出版業界のおすすめインターン③:凸版印刷

出版業界のおすすめインターンとして、凸版印刷を紹介します。
凸版印刷のインターン選考では、業界への理解としっかりした志望動機が対策して有効ですから、参考にしておきましょう

出版業界のおすすめインターン④:ベネッセコーポレーション

出版業界のおすすめインターンとして、ベネッセコーポレーションを紹介しますが、ベネッセコーポレーションのインターンシップは採用選考に影響しますので、ぜひ参考にしてみてください。

出版業界のインターンシップ選考の対策でもっとも大切なのは出版社への熱意!

いかがでしたか?
今回は、憧れの出版業界のインターンシップ選考の対策について紹介していきました。
とにかく、この出版業界は、就職でも人気の業界ですので、かなりの狭き門だと覚悟しておきましょう。インターンだからと甘くみていたら必ずインターン選考で落ちると言っても過言ではありません。
そんな出版業会のインターン選考では、とにかくあなたのやる気や意欲を最大限アピールしていきましょう。あなたの熱意が出版業界のインターンを突破する鍵になります。

【厳選100問】苦手分野をささっと克服できるSPIパーフェクト模試

Spi %e8%a8%b4%e6%b1%82%e5%ba%83%e5%91%8a header1

SPIで落ちるのはもったいない。
7〜8割の学生はSPIで落とされると言われています。
弱点の把握と克服は、リアル模試から。

詳細はコチラ