2019年11月26日(火) 更新

テストセンターを採用している企業の探し方と対策方法

テストセンターを採用している企業の探し方は採用概要に注目をする

採用概要には、内定までのプロセスが記載されていることがほとんど

テストセンターの採用企業の探し方には、採用概要に注目をする方法が挙げられます。
採用概要には、内定までのプロセスが記載されていることがほとんどで、適性検査の項目に、【適性検査(テストセンター)】と明記されている、企業も存在します。

また、企業説明会の後に、そのまま適性検査が行われる場合は、テストセンターではなく、ペーパーテストである可能性が高いです。

エントリーをして採用企業かどうか確認することもできる

就活はエントリーをどれだけしても問題なく、選考の案内を無視しても、辞退と受け取られるだけで済みます。
まずは、エントリーをして選考の案内メールを受け取りましょう。テストセンターの受験を求める文面が含まれていれば、テストセンターの採用企業であることがわかります。案内メールには、より詳しく採用までのプロセスが書かれていることが一般的なので、採用概要から読み取れない場合は、とりあえずエントリーしましょう。

就活の際にはテストセンターの対策は必須となる

就活の際には、テストセンターの対策は必須と言えます。
多くの企業が適性検査を選考に取り入れており、更にテストセンターとWEBテストの採用企業がほとんどです。そのために、就活をする際に、面接までたどり着くため、テストセンターの対策は必須。できるだけ早めに行動しましょう。
企業によっては適性検査を行いませんが、10社以上受けるのであれば必ずテストセンターを受けることになるでしょう。

テストセンターは制限時間内にスムーズに解く対策を練る

テストセンターの問題は中学生レベルなので、復習をする程度で済みます。
しかし、制限時間が非常に短く設定されているので、ただ解けるだけでは攻略できません。簡単な問題だからこそ、よりスピーディに解くことが求められるいます。問題を見た瞬間、答えがわかる程に勉強しておく必要があります。テストセンターの採用企業が多いので、こういった対策は避けられません。

SPI対策に反復練習ができる問題集をプレゼント

SPI問題を反復練習する際におすすめなのが「SPI模試&問題集」です。模試には、言語と非言語の問題が100問収録されています。今なら100問解ける問題集もついてくるので、合計200問の例題を解くことが可能です。詳しい解説つきなので、問題が解けなかったという人も力をつけることができるでしょう。分からなかった問題をそのままにせず、解説を読んで意味や解き方を理解することが大切です。無料でダウンロードできるので、腕試しがしたいという就活生にもおすすめです。

採用企業のテストセンターの評価基準を知って得点対策する

テストセンターの採用企業が、テストセンターのどのような結果に注目しているのかを知りましょう。
企業によって、偏差値60以上でなければ無条件で、不採用とする場合もあり、評価基準が明確にわからない限りは、偏差値70を目標に勉強に取り組むことになります。

しかし、例年の傾向からある程度の合格ラインや評価基準がわかるので、企業研究は必ず行っておきましょう。

テストセンターの採用企業は能力面に注目している

テストセンターを選ぶということは、性格適性以外の部分に注目しているということです。WEBテストでも自宅で性格適性検査を受けられるので、わざわざテストセンターを選ぶ必要はありません。つまり、それなりの得点を取って高い偏差値であることを示さなければ、充分に不採用になる可能性があるということです。

テストセンターの採用企業について概要から決めたあと制限時間と評価基準を調べて対策を考えることがオススメ

テストセンターの採用企業の探し方と対策についてご紹介しました。
テストセンターの採用企業を特定したら、次は企業研究をして求める人物像を知りましょう。求める人物像が分析力や解析力を持っている人物であれば、テストセンターの非言語試験の結果を重点的に見られる可能性があります。テストセンターを行う目的は採用企業によって様々なので、重点的に見られる部分を知って正しく対策しましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

Aba7b1a5b32f5a54

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

電気代を賢く節約!今よりもお得に使える電気会社をご提案<全国申込可能>

    エントリー後【0120-426-647】から詳細のお電話を差し上げます。