2016年11月29日(火) 更新

就職試験の筆記に受かるための重要な対策法3つ

就職試験の筆記に受かるための重要な対策法① 問題の傾向を掴んで効率的に

就活の筆記試験対策は、とにかく効率的に終わらせることが大事

就活では、企業に申し込んでも、多くの企業では、一次試験である筆記試験を乗り越えないと、面接等のステップに進めません。そんな、就職試験対策には手を余りかけられないので、就活ではとにかくやることがたくさんあります。
就活の筆記試験対策は、とにかく効率的に終わらせることが大事。そんな、就職試験対策をやるにあたって、まずは就活でどういった問題が出されるのかを、知ることから初めて行きましょう。

企業によるが筆記試験ではSPIなどの能力試験問題が多い

筆記試験は企業によって様々ですが、一般的に筆記試験では、WEBテストであるSPIIなど、能力試験問題が出されます。
試験場所もパソコンで受験したり、会場で受験したりといったように会社によって様々であることは覚えておきましょう。しかし、能力試験問題もほとんど似たり寄ったりで、そこまで大きな違いはなので安心してください。

就職試験の筆記に受かるための重要な対策法② 一般常識問題の勉強法は大事なポイント

就職試験の筆記対策の中でも、対応が難しいのが一般常識問題です。
これは一般常識を問う試験であり、「我が国の政体は何か?」といったように、社会人であれば普通に知っている内容が出題されます。
就職試験対策で、一般常識問題が厄介なのは、範囲が広いことです。国語の基本的な熟語問題や最新の時事問題まで、とても範囲が広く、きっちりと一般常識問題の対策をしようとしたら、かなりの時間がかかります。

就職試験対策をする際に一般常識問題が出される企業か確認しよう

しかし、この一般常識問題は課される企業もそこまで多くありません。
マスコミ関連の企業は必ずと言っていいほど聞いてくるのですが、他の業界では、筆記試験でも問われることはありませんから、もしも志望する企業で一般常識問題が出されないのであれば、何も対策しなくても良いでしょう。
しかし、面接のこともあるので基本的な時事知識は押さえておくことをオススメします。

就職試験の筆記に受かるための重要な対策法③ 問題集に取り組む

問題集を2周程度すれば、筆記試験対策としては十分

志望する企業がどういった筆記試験を調べたら、それに対応する問題集を2周程度すれば、筆記試験対策としては十分。後は、志望企業と同じ試験を出す企業の筆記試験を何度か受けておけば、本番慣れも出来てより安心できます。

SPIなどは一度受ければ、点数結果などを他の企業で受ける際にも使えますから、ベストスコアは、志望企業を受ける前に出しておくと余裕ができて良いでしょう。

余談ですが、有名企業は地頭を見極めるためやふるい分けで実施する

筆記試験対策はこのように対策がしやすいものですが、それならば、どうして筆記試験を課すのでしょうか。
それには地頭の見極めという目的があります。SPIなどの試験は問題辞退難しくありませんが、時間に比して問題量が膨大です。
そのため、いかに効率的に捌いていくかと言った、地頭の見極められるのです。また有名企業ほど筆記試験で、足切りを図っているということも知っておきましょう。

就職試験対策はSPIや一般常識問題といった筆記試験の対策では必要なものを把握すべき

就職試験対策をする際、まず志望企業がどんな問題を出すのかを知ることが肝心です。
あとは、それに対応する問題集を何度かやり、ベストスコアを出しておくと余裕が出て良いでしょう。一般常識問題試験では、就職試験対策をすることが難しいですが、必要になる企業は多くありません。

就職試験にはあし切り、そして地頭の良さを知るという目的がありますので、企業の意図を知って対策をしていきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント