2016年11月29日(火) 更新

集団面接で他の受験生と一緒になったときのコツ

集団面接のコツは難しく考えない事

集団面接は1次面接として広く取り入れられるようになってきています。個人面接に比べて集団面接は難しいという印象を持っている人がいるかもしれませんが、実は集団面接はそこまで難しくはありません。集団面接は個人面接の短縮バージョンと言っても良く、個人面接ほどチェックされることもなければ色々と質問されることもありません。集団面接のコツは難しく考えない事です。

集団面接に挑むときのコツは話のネタをいくつも持っておくこと

また集団面接では他の人よりも少し抜きん出ていればそれだけでも突破できるので寧ろ個人面接の方が遥かに難しいのです。しかし集団面接には集団面接ならではの癖もあります。例えば集団面接では他の話の内容と被ることもあります。これは避けるべきで、他の人と話が被ってしまうと二番煎じになったり、新鮮味が欠けますから話のネタは幾つも持っておきましょう。また同じ話をすると比較されやすくもなるのです。

その他の集団面接で役立つコツ

集団面接では周りの受験者の話もしっかりと聞いておく事が大事でありコツです。他の人の話し内容を聞いていないと「人の話を聞く気がない」として採用担当者から見られることにもなります。また採用担当者がどういった話を聞きたがっているのか、その反応はどうか、といったことも他の受験者の話を聞いていれば見えてくるものです。また集団面接ではなるべく話の内容は短時間にまとめることがコツです。

集団面接で話す時は結論から話すのがコツ

できれば自己紹介をするにしても、経歴を話すにしても1分で終わらせるぐらいの意識を持ちましょう。集団面接では受験生はあなただけではありませんから、あまりにも長い話は受験生のみならず採用担当者からも顰蹙を買いかねません。加えて、話す時間が短い集団面接ですから話すときには結論から話すということも覚えておきましょう。このあたりのコツをしっかり押さえて挑みましょう。

集団面接のコツは自分よりも能力の高い受験生に恐縮しないこと

集団面接でよく起こりがちなのが自分よりも能力の高い受験生に恐縮してしまうことです。集団面接のメンバーの中に一人ぐらいは自分よりも学歴もコミュニケーション能力も高い人がいるもので、それは避けようと思っても避けられません。そう言った場合に恐縮してしまったり、ドギマギしてしまったりするとその変化を採用担当者は必ず気づきます。こういったことがマイナスポイントにもなりますから注意しましょう。

集団面接では他の人の話を急に振られることもあると思っておくのがコツ

集団面接はあくまで相対評価であり集団面接で一番になる必要はまったくないのです。集団面接では話のタネやバリエーションを個人面接以上に持っておくことも必要です。他の人の話の内容から急に振られることもありますので、集団面接では個人面接以上に色々な話の引き出しは持っておくと良いでしょう。

集団面接を突破するコツは他の受験生に恐縮しないこと

集団面接は個人面接よりも簡単な場合もありますが、他の人と同じ内容は話せないといった癖もあります。また集団面接では他の受験者の話を聞く、話の内容を簡潔にまとめる、他の受験生に恐縮しないといったことも必要です。話のタネやバリエーションも個人面接以上に考えておくと対応力が上がります。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

F0236d146680c72d

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

メガベンチャーから新進気鋭のスタートアップまで、世の中に新しい価値を提供する一流ベンチャーの非公開求人に挑む!

    エントリーはこちら    ※面談日程はエントリー後、お電話にて調整いたします。