2016年12月12日(月) 更新

コミュニケーション能力を面接でアピールする際に知っておきたいコツ

コミュニケーション能力は企業が強く求める項目の一つ

企業は「企業のために働く人材」を求めます。採用してお給料を払うのですから当然でしょう。企業はいろいろな人材を求めますが、その一つがコミュニケーション能力を発揮してくれる人材なのです。ですから、就活においてこの能力をアピールすることで、採用に有利に働くのです。しかし、単に「コミュニケーションが得意です」と面接でアピールするだけではだめでしょう。コミュニケーション能力を相手に伝わるようにアピールするにはいくつかのコツがあるのです。

相手に伝わるようにしっかりまとめるのが大事

面接においてアピールポイントは、しっかりとまとめて話すのが大切です。「相手の意図するところを常に考えた行動ができます。」や「コミュニケーションには、お互いの信頼関係が重要だと思います。」など、しっかりとしたまとめ方をした方がより相手に自分のコミュニケーション能力が役に立つ長所であると伝わります。そして、「貴社においても、お客様との信頼関係を大切にして、そのニーズに応えられるように努力します。」と締めましょう。このように相手に伝わるようにしっかりまとめてアピールするのは面接においてもコツです。

面接でコミュニケーション能力をアピールするコツ:エピソードをしっかりと話す

「私は、コミュニケーション能力を使って、何らかの課題を解決した」というエピソードを話しアピールするのはコツです。この人を採用すれば、わが社にとって働く人材として活用できると印象が伝わります。このエピソードをしっかりと話すのがコツとして大切であり、コミュニケーション能力がなければうまく話すことはできないでしょう。面接で具体的にコミュニケーション能力を発揮した場面を話すのは、自分の長所をより効果的にアピールするコツだと言えます。

積極的に自分が関わったことを伝えるのが大事

あなたの持っているコミュニケーション能力を使って話すエピソードでは、学生のとき、あるいは前職で、何らかの改善を行った、何か交渉がうまくいったなど、積極的に自分が関わったことを話すのがコツです。面接では具体的なエピソードをまじえて自己PRをすることで、アピールの説得力というものが増します。自分がどれだけ役に立ったのか、どういった場面で活用したのかを具体的に話すのがアピールのコツです。

面接でコミュニケーション能力をアピールするコツ:企業の求める人材に関連づける

その企業の情報収集はコミュニケーション能力をアピールするコツです。その中にはいろいろな業務があるでしょう。しっかりと調べて、自分のコミュニケーション能力が、その企業のどんな部門でどのように活かすことができるか、を整理して語るのはコツとして大切です。企業が採用したいのは、「わが社で役に立つ人」が前提としてあります。この人はこんな業務で長所であるコミュニケーション能力を活かせられる人かもしれないと伝えるには、アピール前にどういった活躍を求められるのか知っておくのがコツです。

アピール後に質問に対してしっかり答えられるのも大事

「コミュニケーション能力がある」とアピールすると、面接官は突っ込んで質問してくるのは覚悟しておきましょう。面接の態度からも、この人のコミュニケーション能力はこの程度か、や、なかなかやりそうだ、と測られます。「コミュニケーション能力」をアピールしているのに、話し方や内容が十分でないと、すぐに見破られます。面接の態度からもアピールできるよう意識しましょう。質問に対して的確に答えるのもさらに好印象を与えるコツの一つです。

面接でコミュニケーション能力をアピールするコツは具体的なエピソードを交えて話すこと

就活で「コミュニケーション能力」をしっかりアピールして臨むと、かなりの確率で有利になります。そのためには、エピソードを交えて話す、企業で求められる業務を事前に調べておくといったコツがあります。企業は役に立つ人が欲しいのが大前提です。そのため、自分の長所が会社のどういった場面で活かせるのかとうまく関連させて面接ではアピールをしましょう。また、質問に対して的確に答えらえられるのも大事です。コツを押さえてアピールポイントがうまく伝えられるように励んでください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

F0236d146680c72d

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【WEB・電話面談】1,000社から厳選!好待遇なホワイト企業に内定できる!

    【0120-082-118より日程調整のためご連絡差し上げます。】