2019年11月19日(火) 更新

最終面接での逆質問で社長の印象を良くする質問

社長でないと答えられないことを聞く

最終面接での社長への逆質問の時間では、社長にしか答えられないようなことを聞くのが一番です。誰でも答えられるようなことを聞いていたら、こういうチャンスを活かせない人物と思われて印象が悪くなるでしょう。たとえば、社内の人間関係はどうですか?というようなことを聞いていっても、それはむしろ社長でない方が答えられる質問です。ですから、意味が無いのです。最終面接で、社長にしか答えられないような逆質問にはどのようなものがあるのか見ていきます。

会社の未来や今後のビジョンについて逆質問する

では、どういう質問が、最終面接で社長にするべき逆質問となるのでしょうか?具体的に言えば、会社の未来に関することなどがそれにあたるでしょう。今後のビジョンを訪ねてみたり、ホームページなどに書かれている今後の展望などを具体的に突っ込んでみたりすると、それは社長しか答えられない質問となり、逆質問を通して、最終面接での社長からの印象が良くなるでしょう。

社長個人の事を聞く

最終面接での逆質問では、社長個人の事を聞くというのも正解です。基本的にこういう逆質問の時間では、仕事に関する質問が定番ですが、こと最終面接においては、めったに触れることのできない社長という人種と会話が出来るチャンスがあるわけですから、そういうちょっとプライベートまじりの事を聞いても問題ありません。コミュニケーション能力がアピールできて逆に社長からの印象がよくなるでしょう。

社員に求めるものや社員をどう思っているかなどについて逆質問する

それにあたる逆質問は、社長は社員の方をどのような存在だと思っていますか?社員に最も求めるものは何ですか?などがそれに当たります。もちろん社長個人のことといっても、彼女はいますか?などというようなごくプライベートの逆質問では意味がないので、その点だけきちんと理解しておきましょう。そうでないと最終面接の逆質問を通して社長からの印象を良くすることはできません。

今後の自分のことを逆質問するのもよい

最終面接での社長への逆質問では、今後の自分に関する内容を逆質問するというのもアリです。逆質問でさりげなくこうして向上心をアピールできるというのはすごく大きいです。社長は基本的に向上心のある人物を求めていることが多いので、きちんと良い印象をのこせるでしょう。そういう逆質問を通して、向上心をアピール出来ます。

自分に足りないものや今後するべき勉強について逆質問する

ここまでの最終面接でのやり取りで、自分にたりないものは何だと思いましたか?と聞いたり、これから自分がするべき勉強にはどういうものがありますか?などという質問がそれに当たります。こういう最終面接での逆質問の時間すらも、自分のために活かそうというその姿勢が、社長にも評価されています。最終面接ではそういう気持ちの面もよく見られているのです。

企業への質問を準備しておく

逆質問を考えるのが苦手という就活生は多いと思われます。そこで活用したいのが「逆質問100例」です。こちらでは、一次面接、二次面接、最終面接の三段階にわけて逆質問を列挙しています。注意点やNG例も取り上げているため、マイナスの評価を防ぐこともできます無料でダウンロードできるので、面接に備えていくつかピックアップしておきましょう。

最終面接では社長にしか聞けないものや今後の自分に関する逆質問をして印象をあげよう

最終面接での逆質問で社長の印象を良くする方法について見ていきました。最終面接の逆質問で社長に良い印象を残すための質問の仕方としては、自分をアピールするために逆質問をするべきということが言えます。ここで紹介してきたどの質問の仕方に関しても、さりげなく自分をアピールできる質問となっています。自分が聞きやすいことだけ聞くのも良いですし、3つ聞くのも良いです。上手く利用して、自分をアピールしていってください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント