2018年10月11日(木) 更新

グループディスカッションに通らない・落ちる3つの原因

グループディスカッションで失敗する人の原因は?

就活生の声

キャリアパーク会員の就活生を対象に「グループディスカッションで失敗する人の原因は何だと思いますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

  • 我を出し過ぎている
  • 人の意見を聞かない人
  • 自分の立ち位置を間違えてる
  • 自分の意見を言わない
  • 自分の意見を主張しすぎるか、しなさすぎか、または論理的に話せない。

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月8日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「グループディスカッションで失敗する人の原因は何だと思いますか?」

就活生から見て、グループディスカッションで落ちる人の特徴として意見を言いすぎる人、また言わな過ぎる人という回答が多く挙げられました。「我を出し過ぎている」「自分の意見を言わない」など、チームにとって必要な積極性・協調性に欠けていると落ちる可能性が高くなるのでしょう。では、どういった立ち位置で進め行くとグループディスカッションを攻略できるのでしょうか?本記事では、グループディスカッションで落ちる人の原因を詳しく解説するので、確認して本番でNGな行動をしないようにしてください。

グループディスカッションとは?

グループディスカッションとはどのようなものか、ご存知でしょうか。改めて聞かれると説明しにくいものです。ここで、しっかりと理解をしておくというのも大事だと思います。まずはそこに関しておさえておきましょう。

特定のテーマを3~4人で討論する

よく採用試験なんかで、多くの企業が選考の手法として取り入れているのが、グループディスカッション。GDともいわれます。3~7名程度でひとつのグループを組んで行うのが一般的で、特定のテーマで討論するというものになります。採用試験の場合には、面接官と対峙する訳ではなく、他の就活生とコミュニケーションしている様子を採用担当が見て、合否を出すのが一般的です。
このディスカッションは、人前で喋らなければいけいない、またその意見に対して自分の意見をぶつけてくというものになります。そもそも討論というのはそういう場であり、そうでないと意味がないものです。仕方がないのですが、やはり得意な人と得意ではない人の差は、大きく出るものだといえます。

面接官が相対評価しやすく効率的に選考が進められる

グループディスカッションは応募者が多い企業にとって、効率的な選考方法です。というのも、グループディスカッションは複数の学生を同時にみるため、相対的な比較がしや酸いためです。またグループディスカッションは比較基準となるものさし=評価も同じなので、選考が進めやすいといわれており、これは、企業側にとって大きなメリットといえるでしょう。
グループディスカッションは、面接官から見ると、誰が優秀な人材か驚くほどよくわかります。そのため、人数が多くて一定ライン以上を足切りしたいときに、有効な方法といえるでしょう。

通らない・落ちる原因①:ディスカッションの意味を理解してない

合格へ向けての対策を考えるために、まずはグループディスカッションに通らない原因を知ることから始めてみましょう。その一つ目として、ディスカッションの意味や意図が分かっていないという点です。この初歩的な原因が理由で、通らない方は多いと思います。通らない原因とはどのようなものか、よく学んで内定を獲得しましょう。

よりよいアイディアを1つにまとめるのがディスカッション

上記でも紹介したように、グループディスカッションでは複数の人と特定のテーマに関して討論するものです。そしてディスカッションは複数の人と話すことで、その場でしか生まれないアイデアを引出します。そのアイデアを整理し、吟味し、よりよいアイデアを結論として結ぶのです。最後にテーマに対する提案や答えとしてまとめるフローということになります。したがって、人より喋ればいい、司会でイニシアチブを握れば好印象、というわけではありません。

通らない・落ちる原因②:アピールしたがりな人

グループディスカッションに通らない、典型的な原因が競争むき出しのタイプです。相手の主張を打ち負かすことで、自身の能力を面接官にアピールしようとする人をさします。もちろん採用試験ですので、自分以外はみんなライバルだと競争心をむき出して、グループディスカッションに意気込んでやってくる人っているものですが、アピールのしすぎはよくありません。

グループディスカッションの構成員はチームメイト!

グループディスカッションを仕事に置き換えてみると、プロジェクトチームになる訳です。仕事中にそんな競争心をむき出しにして、その場だけで目立とうとはしませんよね。あくまで、よりよい結論やアイデアに行きつくように考えたり同意したり、別に意見を懸念するはずです。
グループディスカッションであり、その場では、競争相手ではありません。チームメイトですので、良いディスカッションであれば全員通過することだって、往々にしてありますので、そこの意識も間違っていないか再度確認してみてください。

通らない・落ちる原因③マニュアル回答が多い

マニュアルでがっちり対策をしていて、マニュアル的な回答しかでてこないというのも、よくあります。確かに世の中には、マニュアル本として、ディスカッション対策などの書籍も多数あったり、また講座なんかもあったりするものです。しかし、あくまで参考にするまでであって、それをそっくりそのまま実践することを推奨しているものではありません。

面接官は思考力や人間性を見ている

面接官は、そういうマニュアルに関しては熟知しているどころか、目の前で同じ答え方をする人を何人も見ているという風に思ってください。あくまでも、ディスカッションはアイデアや別の角度からの視線が大事ですので、自分の頭で考え、討論していくことが大事です。答えが良いか悪いかなんてのは、二の次だといえま。面接官そういうところを見ているのではないのでなく、あなたの人間性などを見ているので、そういうものに頼らない人の方が当然、通過しやすいはずです。

ディスカッションでNGな行動や考え7つ

①長話により、面接時間の占有率高い
②自分が目立つことしか考えてない。あるいは目立たないことしか考えてない。
③貧乏ゆすりやペン回しなど集中力が無い
④多数決やじゃんけんで決めるのが好き
⑤感情的になる
⑥話の語尾がはっきりしない
⑦自分の役割以外のことに全く関心がない

自己主張が強すぎるのも、無言になって何も言わなくなるのも、グループディスカッションでは、絶対にしてはいけません。協調性をもつことが大事です。

グループディスカッションに通らない・落ちる最大の原因は協調性の欠如!

グループディスカッションに通らない、最大の原因は協調性の欠如にあります。グループディスカッションに通らない、そういう時は、是非一回、意味や意図を考えてみてください。実際に、こういったグループディスカッションの中から、新しいアイデアが生まれ、新商品や新事業などが誕生しています。そういったことを、改めて考えて臨むようにしましょう。
グループディスカッションを通過するためのコツとしては、企業の意図をしっかり汲み取り、動くことです。キャリアパークではグループディスカッション対策シートを無料で配布しているので、こちらを参考にしながら対策を立ててみましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

F0236d146680c72d

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント