2019年12月03日(火) 更新

面接の口頭試問は難しい?質問に対する回答方法

面接の口頭試問は質問に対してどのように対処できるのかをチェックしている

就職活動においては、企業側は提出書類される志望動機の内容を重視します。書類に書く内容は企業研究も情報をたくさん集め他社と比較しながら十分に検討し、更にアドバイスも受けながら時間をかけて仕上げることができます。企業側も面接において志望動機に関する質問や予想できる質問に関しては自信をもって意欲的にアピールすると予想しています。そこで全く予想していなかった質問を出した時にどのように対処できるのかをチェックするために意識的に答えにくそうな質問を含めて質問するのが口頭試問です。

難しい質問をされても戸惑わないように注意しておく

通常就職活動の面接では就職意欲やスキルなどを確認しながら面接官も何度か変わりながらいろいろな角度からチェックし、採用基準に適合するかどうか判断します。しかし面接の中でユネスコの世界遺産に最初に登録されたのは何ですかとか、マイナス金利について企業に与える影響はあなたはどう考えますか、5年後の日本の経済状況はどうなっていると思いまいますか、その理由を述べて下さい、など口頭試問で予想もしていない質問をされたら答え方に戸惑ってしまう事がありますがあわてないことです。

面接対策で一番重要なのは質問の意図を理解すること

筆記試験や事前にテーマが与えられていること等に対してはプレゼンテーションなど練習でき、備えることができます。しかし企業の中で仕事をしていく上で、また世間には予期せぬ出来事が突然出てくることが珍しくありません。その時に試されるのが面接での口頭試問での質問に対する反応で、コミュニケーション能力が試されます。質問の意図を良く理解できるか、適当に言葉を濁さず分からないことは分からないと正直にいえるかなどペーパー試験では確認できない、人物確認になりますので、あわててごまかしたりしてはいけません。

口頭試問で自分を表現する事を一番に考える

面接の口頭試問ではわざと答えにくそうな質問も含めてします。その時の対処方法を試されますのでその事を理解して面接に臨むべきです。口頭試問に出そうな最近の話題となっているニュースや経済動向、受験企業と同じ業界動向など予想しながら準備をし、予想していたのが出たらまず客観的な意味を説明し、その後自分の見解を述べるようにした方が良いです。また予想が外れたら、すぐ分かりませんではなく少し考えてからどうしても思い出せませんとか、忘れてしまいましたとごまかさず正直に話をした方が良いです。

最終面接前にすべき対策

最終面接で内定を勝ち取るためには、失敗するケースを事前に把握して対策を講じることも大切です。最終面接で意識したいことや内定を獲得するコツをおさえ、他の就活生に差をつけましょう。そこで活用したいのが「最終面接マニュアル」です。事前に面接官視点や最終面接で重視されているポイントを把握し、内定を獲得しましょう。無料でダウンロードできるため、最終面接を控えた就活生におすすめです。

口頭試問では立派な回答は必要ない

応募書類の履歴書や志望理由書の内容だけでは、その人が本来持っている人間性や性格がどのようなもので、また柔軟性や常識はどうなのか判断できません。面接の口頭試問では丸暗記した内容を確認するためでも立派な回答を期待する事ではなく、応募者の考え方を自分の言葉でどれだけ話せるか、考え方はどうなのかなど人間性や柔軟性をチェックするために行われます。

面接前に一呼吸置いてリラックスしながら回答できる環境を作る

面接の口頭試問で緊張するなとかリラックスするようにといっても無理なことではありますが、入室前に深呼吸し丁寧なノックをしてから入室することで大部肩の力を抜くことができます。面接官には入室からのはっきりした挨拶や言葉、服装や態度などで第一印象を良くし、自分の言葉で丁寧に精一杯伝えることで自分が持っている良い面を出すことがコツになります。

面接の口頭試問では質問の意図を理解して自分を上手く表現する事が大切

面接でどのような質問されるか予測が困難な口頭試問で大事なことは、質問に正確に答えるだけではありません。質問の意図することをくみとり、会話として柔軟で臨機応変に対応できるかなどコミュニケーション能力がチェックされます。答えられない質問に対して頭の中が真っ白になり会話を止めることなく、答えられない理由を素直に述べ、答えられないままではなく後で確認します、など努力する姿勢を示すことも大切になります。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

F0236d146680c72d

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント