2016年11月29日(火) 更新

就活が振り出しに戻った際に取り組むべき対策

意気込んで臨んでも就活が振り出し戻るケースがある

多くの企業に応募し選考が重なって、ようやく落ち着いた時にはお祈りばかりが届いてしまった、という声も多く耳にします。意気込んで面接に臨み、選考が進むに連れ、もうすでに、そこの社員になった気持ちで居た感覚だったかと思われます。このような状況で、就活が振り出しに戻った際に、まずはどう対処すればいいのか考えてみましょう。

就活が振り出しに戻ったら原因を追究すべき

まずは、なぜ振り出しに戻ってしまったのか、そこに至るまでの原因を究明してみましょう。そこから見えてくる事実から、紛れもなく就活のやり直しが必要だと、理解できるはずです。就活に臨む自分の姿を、振り返ることから始めてみましょう。就活が始まり、大手企業ばかりを狙っていなかったか、企業研究が浅くなかったか等、一つ一つピックアップしてみてください。とても辛い苦しい作業ですが、この作業がないと先には進めません。自己と戦いながら、膿を出す作業は痛みを伴いますが、成長痛として捉え、後に必ず実務で活かされてきます。

就活が振り出しに戻ったときの対処法①:別の業界を受けてみる

振り出しに戻った原因を掘り下げた後は、就活の軸を変えてみるのも良い方法です。目指していた業界に、もしかしたら向いていないのではないか?このように疑問抱くのは決して間違いではありません。ダメだと感じた時は、方向転換するべきなのです。そこから新しい軸が見えてくる可能性も考えられます。さらには、目指す業界が見つかれば、その同業数社を比較してみるのもおすすめします。同じ仕事でも、会社が違えば全く別の「就活の軸」になるからです。

就活が振り出しに戻ったときの対処法②:客観的な意見を聞く

就活が振り出しに戻った際に、その要因を客観的な視点で分析してもらう必要があります。自分しか知らない自分は(自己判断)、その分野で理解できるフィールドが狭く、自分も知らない自分を知ると(客観的な意見)、さらに視野を広げられるでしょう。基本的な自己分析の手法なので、キャリアセンターの先生や、OBOGの先輩の意見を求めてみてください。

振り出しに戻る就活には忍耐力が必要

振り出しに戻るのは、もしかすると一度や二度では済まないかもしれません。それくらい就活には、「忍耐」の二文字が必要不可欠と言えるでしょう。何度も面接に落ちている事実を面接官に悟られないよう、平然とした顔をして臨む力はこの忍耐力から得られるはずです。振り出しに戻ることで得られる、最大のご褒美ではないでしょうか。

休憩をとってリフレッシュするのも大切

就活が振り出しに戻ると、次の行動に移せないくらい落ち込むときもあるでしょう。そんな時は少し、就活を休憩してみてください。ほんの少し気分転換するだけで、気持ちがリフレッシュでき、また新たな気持ちで就活に臨むことができます。就活をさぼっているわけではなく、この休憩時間も立派な就活なのです。

就活が振り出しに戻ったら客観的な意見を聞き別業界を受けて時には休憩するのも大切

就活が振り出しに戻ってしまった時には、自己分析と企業研究の見直しが必要です。他者からの客観的な目線で分析することで、さらに視野が広がり、新しいフィールドへ、興味がわくことも考えられるでしょう。就活が振り出しに戻るのは、自分の進むべき道が軌道修正されていると捉えてください。休憩をとりながら自分らしく就活に取り組んでいきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

個別面談へご参加ください
  • 23年卒
  • 18年卒
  • 19年卒
  • 24年卒
  • 20年卒
  • 22年卒
  • 21年卒
  • 就活サポートサービス

個別面談へご参加ください

個別面談へご参加ください

41927 view

おすすめの就活イベント