2019年11月06日(水) 更新

自己PRで留年をカバーするためのポイント

留年して成し遂げたことの成果を自己PRにする

自己PRで留年のマイナス面をカバーするためには、留年して成し遂げたことの成果を確実に表現する必要があります。自己PRで留年をカバーしていくためには、意味のある留年であったということを伝えなければなりません。そのためには、何か成し遂げたことを述べる必要があるのです。

物事を成し遂げるための留年は意志のある行動となる

何かを成し遂げるための留年ならば、それは意思のある留年となります。意思のない留年と意思のある留年では、明らかに印象が違ってくるでしょう。意思がある留年であれば、逆にそれだけの目的意識をもって、行動できる人物だと評価してもらえるようになり、マイナスどころか留年がプラスに働いていく可能性すら出てくるのです。

自己PR作成に役立つジェネレーター

自己PRには盛り込むべき要素がたくさんありますが、文章を考えるのが苦手という就活生は多いのではないでしょうか。的確にポイントを押さえることも大切ですが、面接官に伝わる文章力が試されるのも自己PRの特徴です。言いたいことはまとまったけれど、実際に文章にするのが苦手という就活生は、ぜひ自己PRジェネレーターを活用しましょう。自己PRジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで自然な流れの自己PRが完成します。無料でダウンロードできるので、文章の繋ぎ方や言葉遣いに自信がないという就活生にもおすすめです。

留年をプラスにするには価値が感じられる成果が必要

そうして自己PRを利用して、留年をプラスに変えていこうとするのであれば、価値がある何かでないとならないということになります。もちろん、その価値の受け取り方は人それぞれです。しかし、明らかに価値がないような留年の場合、その自己PRでは、留年のマイナス面はカバーしきれないでしょう。

留年の必要性があった物事でないと印象が悪くなる

留年して成し遂げるだけの物事は、留年しないとできない物事である必要があります。たとえば、長めの留学は留年しないとできないという場合もあるでしょう。そのため、自己PRでそれをきちんと伝えていけば、しっかりとマイナス面をカバーできるでしょう。留年しなくてもできることであった場合、楽な方を選んだだけだと思われて、印象が悪くなる場合があります。

留年して成し遂げたいと思った理由も述べる

自己PRで留年のマイナス面をカバーしていくためには、留年を選んでまで成し遂げたいと思った理由も述べていく必要があります。留年しないとできないことをしたいことには、何らかの理由があるはずです。結局その理由が無いのであれば、それはただ今から逃げているとの同じことになります。したがって、自己PRの中で理由は必須です。

考え方の流れを説明すると印象が良くなる

面接官や採用担当は、心の動き、つまり考え方を知りたいと思っているものです。そのため、こういう理由で成し遂げたいと思い、それは留年しないと成し遂げる事ができなかったからこのようにして成し遂げたと、考え方の流れを説明する必要があります。そうすると、グッと印象が良くなり、留年が悪影響にならなくなるでしょう。

自己PRで留年をカバーするには理由・正当性・成果が必要

いかがでしたか。自己PRで留年をカバーするためには、その留年の理由を述べる事と、それが留年しないとできないことであるという正当性と、そしてその留年自体の成果、この3つがまず確実に必要になります。これらがないと、どうしても自己PRで留年をカバーしていくのは難しくなるので、別の自己PRをしていった方が良いでしょう。是非参考にしてみてください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント