2016年11月29日(火) 更新

大学を留年した場合の就職活動におけるポイント

大学を留年しても就職が不利になるわけではない

大学で留年をしてしまうと、就職活動の面接官から単位をきちんととらなかった、勉強を怠けていたと思われそうで、ESを出す前から不安になる人は少なくありません。しかし、留年をしたからといって、必ず就職が不利になるわけではありません。留年をしたかどうかは、入学年度と卒業予定年度を正確に見る必要があり、そこまで気にしていない面接官も多いのが現実です。

留年に関する質問にはきちんと答える

仮に、就職活動の面接で大学を留年した事実が分かったとしても、そこでしどろもどろになってはいけません。面接では、そうした質問の答え方も見られています。大学の留年といっても、人によって事情は様々です。そのため、事情も聞かずに一概に怠けていたからとは思われません。大学には、浪人をしたり留学をしたりする人もいます。卒業年度と年齢がまちまちであるため、それほど気にする内容でもありません。

留年の失敗経験から学んだことを伝えることが大切

大学を留年していることで就職活動を不利にしないためには、留年という失敗経験から、何を学んだのかを伝える必要があります。留年後に、学費を稼ぐ努力をした、単位を一杯とって出来る勉強はすべてしたなど、失敗経験をその後に活かす行動ができていれば、好印象となります。留年の理由は、答え方が重要です。

就職活動では失敗から回復する力を重視する企業もいる

大学を留年していても就職活動が不利になるとは限らない理由は、失敗経験を重視している企業もあるからです。近年、企業ではレジリエンスという、失敗から回復する力を重視する傾向があります。仕事には、失敗はつきものです。失敗経験が1度もない人は、挫折の乗り越え方を知らないと思われるケースもあります。

留年について堂々と大きな声で話すことが大切

大学を留年していることで就職活動を不利にしないためには、堂々とした話し方を心がけましょう。心理学では、話の内容よりも口調の方が相手に与える印象が強いと証明されています。ゆっくりと大きな声で、留年の理由、反省とその後のリベンジを要領よくまとめて伝えましょう。上手くできれば、就職活動におけるアピールポイントにもできます。

留年理由に「遊んでいました」はNG

大学を留年している事実は、就職活動において必ずしも不利にならないとは言ったものの、プラスの材料にできるエピソードではありません。留年の理由の多くは、単位の取りこぼしによるものです。たとえ自分もそうであったとしても、面接で「遊んでいました」と正直に答えるのはNGになります。何かに没頭していたなど、別の理由を用意しておきましょう。

大学を留年して就職活動をする場合は失敗経験から学んだことを堂々と伝えることが大切

いかがでしたか。大学で留年をしても、就職活動は必ずしも不利にはなりません。面接官は、入学年度と卒業年度をきちんと確認していない場合もあります。また、企業によっては、失敗経験を重視しているところもあるのです。大学の留年経験とその反省とその後のリベンジを、しっかりとした口調で伝えることで、自分のアピールをすることができます。大学を留年した理由に「遊んでいました」はNGです。相手が、それなりに納得できる理由を述べましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント