2016年11月29日(火) 更新

就活にやる気が出なくて無気力になった場合の対処法

無気力になったときの対処法①:あえて別職種で就活する

就活に対して無気力になった場合、リフレッシュをする必要がありますが、そのリフレッシュ方法を就活に応用するのです。
つまりどういう事かと言うと、今まで同じような業種を就活で受けていたと思いますが、全く異なる業種を受けてみることで、今までとは異なる就活ができるようになります。

就活のやり方を変えて無気力な自分にやる気を!

仕事が欲しいなら就活から逃れることはできませんから、就活のやり方を変えて、無気力な自分にやる気を与えるのです。職種が変わればまた調べる事も増えますし、面接の対策だって変えなければいけません。
そうすると、嫌でも就活に必死にならなければいけませんし、もしかしたら、別職種にした事によって、就活がスムーズに決まるなんて事もあり得るからです。

無気力になったときの対処法②:丸1日就活から離れてみる

就活をしていると、全てが就活中心、頭の中も就活中心になるから、プレッシャーもかかり、それが度を超えると無気力になって就活なんて手をつけたくないとなるのです。そうなってきたら、もう丸1日就活から距離をおいてみましょう。

たった1日就活と離れるだけでも、随分リフレッシュはできます。

リフレッシュをすれば自然とやる気を取り戻す!

そのリフレッシュした気持ちを覚えておきましょう。そうすることで、就活が終わればいくらでもこんな時間が取れるのだ、こんな時間を取るためにも、就活を頑張ってさっさと自分の好きなことができるようにするぞ。という気持ちがみなぎってくるはずです。
とことん、1日自分の好きなことをやって、リフレッシュし、就活に対するモチベーションを再びアップさせていくのです。

無気力になったときの対処法③:何の為に就活をしているのか考える

改めて就活を何の為にしているのかということを、就活に対して無気力になっている時にやると良いでしょう。
というのも、あまりにも就活がうまくいかないと、就活が始まった頃には、「就活で絶対希望の会社に入って、楽しく働いてやる」なんて思っていたと思いますが、それを忘れてしまいがちになります。

今と将来の自分を照らし合わせ就活について改めて考えてみる

無気力であっても考えることはできるでしょうから、自分はなぜ就活をしているのか、どんな所に就活してどんなことをやってみたのか、今の自分と将来の自分を照らし合わせて就活について改めて考えてみると、「自分が就活をやっているのはこうなりたいからだった」と、目標が再び明確になります。

そうなると、やる気がわいてきますから、また就活を頑張ろうと言う気になります。

就活中にやる気がなくて無気力になった時の対処法は気分を変える行動をすること!

今回は、就活にやる気が出なくて無気力になった場合の対処法についてみていきましたが、いかがでしたでしょうか。

就活は誰しも無気力になってしまう時はあると思います。特に就活がうまく進まないとなれば余計にそうなります。そんな時には、できる範囲でリフレッシュし、自分なりにモチベーションをアップさせる方法を見つけてやる気を取り戻しましょう。就活が終わればやる気がなく無気力になるような状況からサヨナラできますよ!

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント