2018年10月11日(木) 更新

【書類選考の返信はいつすべき?】通過連絡をもらった際のマナーと例文

6a0ed8043a8a1688

この記事の監修者

キャリアアドバイザー

赤塩 勇太

大学を卒業後、新卒で採用コンサルティング会社に入社。キャリアアドバイザーとして、1,000名以上の就活生に対してキャリアセミナー、面談を実施。その後、採用コンサルタントとしてクライアントの採用課題の解決に従事。法人・求職者双方の目線から、適切なアドバイスを提供している。

書類選考の結果連絡が来る期間は?

一般的な書類選考期間は約2週間が目安

就活で、書類選考通過のメールが来る期間の目安が気になる人は多いでしょう。一般的な書類選考の期間は約2週間(10営業日)となっています。この2週間を目安にしておくとよいでしょう。時期などにもよりますが、企業側は書類が届いて早くて1~2週間程度で選考を始め、書類選考の結果を知らせる傾向にあるようです。

書類選考通過のメールが遅いケースもある

企業によっては、書類選考通過のメールが2週間以上かかるケースがあるのです。その原因として、【担当者が忙しくて処理できていない】【二次選考の日程が決まっていない】など、以下の表のようなことが考えられます。

書類選考通過のメールが遅い原因

  • 担当者が忙しくて処理できていない
  • 長期休暇などと重なり、対応が止まっている
  • 中途の場合、新卒採用と被って後回しにされている
  • 書類が一定数に達するのを待っている
  • 二次選考の日程が未決定

企業から書類選考通過の連絡がきたら?

企業から、書類選考の結果を知らせるメールが送られてくるまでの期間はその時々により異なります。企業からの連絡に関して、1つだけ言えることは、書類選考に通過していれば、必ず企業の採用担当者から連絡が来るはずということです。
仮に、書類選考に落ちてしまっているという連絡が来たら、こちらから改めて企業側の採用担当者にメールでの返信する必要はありません。しかし、書類選考に通過している趣旨の連絡が送られてきた場合、次の選考のための日程なども相談しなければなりません。そのため、採用担当者に対して、メールでの返信が必須になります。いざ、返信しなければならない時のために、メールでの返信を行うための基本的な作法は、事前に学んでおきましょう。

すぐに返信する

返信マナーとして、企業からメールが届いたらすぐに返すことが挙げられます。ビジネスの中では、メールの返事が早い人はできる人と思われがちです。それは就活生も同様でしょう。就活をスムーズに進めるためにも、企業から書類選考通過のメールが届いたらなるべく早く返信してください。ただし、深夜や早朝にメールを送るのは迷惑になる場合があります。メールを送る時間帯にも気をつけましょう。

遅れた場合は一言添える

社会人としてのマナーに則るならば、メールが送られてきて1日以内に返信するのが、当然の行動であると言えます。しかし、何らかの事情により、すぐに返信出来ない場合もあるかもしれません。もし、営業日1日以内を過ぎた後にメールを返信する時には、「遅れて申し訳ございません」と文頭に一言添えるようにしましょう。
社会人の一員を目指す身として、ビジネス上のマナーを遵守することは、就活生でも同様です。しかし、出来ないことやミスが発生するのも、仕方のないことです。そういった間違いや過ちをしてしまった時は、素直に謝罪する気持ちをメール1通の中にでも持つことが、社会人として必要な要素になり得ます。
くれづれも注意しなければならないのは、謝罪の気持ちさえあれば、メールの返信が遅れてもいいというものではありません。メールに気づいた後には、出来るだけすぐにメールを返信しましょう。メールの返信が遅れるということは、次の選考が遅れることも意味し、企業と自分双方に不利益になってしまいます。

基本的なビジネスマナーに沿ったメールを作成する

スピーディーに返信をするのはもちろん大切ですが、スピードを重視するあまりに、マナーを軽視した失礼なメールを送ってしまわないように注意しましょう。この人事に好印象を与えるメール・電話応対のテンプレート集には、ビジネスメールのマナーにそった返信メールのテンプレートがまとめてあります。慣れないメールのやり取りではミスが発生しやすいですから、このテンプレートを使用して、メールを作成するとよいでしょう。

返信メールの構成

宛名→挨拶→要件→挨拶

メールでは、用件だけを端的に伝えることが求められます。そのため、余計な文章を省き、シンプルな内容を心がけましょう。就職活動での返信メールの構成は、宛名、冒頭の挨拶、要件、締めの挨拶の順番であれば十分です。これだけの内容だとメールが短くなりすぎてしまい、不安に感じることはありません。むしろ、シンプルに用件だけを伝えることの出来ているメールの方が、受け取り側も読みやすく返しやすいと感じることが出来ます。
ただし、シンプルな内容のメールが求められるからと言って、全てをシンプルにしていいわけではありません。宛名として、企業名や役職、名前や敬称は正しく記載しましょう。また、挨拶も省略してはいけません。さらに、要件の中でも、敬語を正しく用いることが出来ているのかを逐一確認することを忘れてはいけません。

件名は変えない

送り手側からのメールに返信する時に件名を変えないのは、一般的な釈迦人としてのマナーです。さらに言えば、同じ内容に関するメールでのやり取りが続く限り、件名を変更する必要はありません。
件名を変えない理由は、メールでのやり取り相手がメールを開封する前から、おおよその内容を把握するための返信する側からの配慮という意味合いが強いです。社会人になると1日にたくさんのメールを受け取ることになります。そして、その中から返信する必要のあるメールを選別し、返信を行っています。採用担当者も、このような事情と同様の状況に置かれています。さらに言えば、就職活動の活発な時期は、学生との多くのメールでのやり取りを行う必要があるでしょう。そのため、就活生の判断で安易に件名を変えてしまうと、採用担当者側で返信する必要のないメールと判断されてしまい、返信したメールを見てもらうことが出来ない可能性が生まれてしまいます。もちろん、可能性の話ではありますが、わざわざ件名を変える必要はありません。よほどの理由がない限り、採用担当者への配慮の意味でも、件名を変更しないようにしましょう。

署名も忘れず付ける

署名を入れることが出来ている就活生と、出来ていない就活生の差は大きなものがあります。就職活動を行うためのメールアドレスでは、署名を忘れずに付けておきましょう。今では、メールアドレスを誰でも簡単に入手出来ます。そのため、企業の採用担当者からしたら、本当にそのメールアドレスが就活生本人の所有しているアドレスなのかを判断するのが難しいです。メールに署名が付いていれば、本人である可能性を大いに高める効果があります。署名には、本人であることを示すための情報が、多く記載されることになります。就職活動で用いるメールアドレスには、本名から、学校名や学部名、電話番号などをしっかり署名として載せておきましょう。個人情報などの扱いが難しい時代だからこそ、しっかり自分の情報を載せることで採用担当者も信用できる情報になります。
また、くれぐれも気を付けなければいけないのは、署名を付けたメールアドレスを他の目的で使用しないということです。署名には、個人情報を少なからず載せることになるでしょう。そのため、迂闊に就職活動以外の目的で使用することは、おすすめ出来ません。

署名の例

────────────────────

○○大学 ○○学部 ○○学科 ○年
○○○○
e-mail:○○○○@.com
〒123-4567
○○県○○市○○町1-2-3
携帯TEL:xxx-xxxx-xxxx

────────────────────

基本的なビジネスマナーにそったメールを作成する

スピーディーに返信をするのはもちろん大切ですが、スピードを重視するあまりに、マナーを軽視した失礼なメールを送ってしまわないように注意しましょう。この人事に好印象を与えるメール・電話応対のテンプレート集には、ビジネスメールのマナーにそった返信メールのテンプレートがまとめてあります。慣れないメールのやり取りではミスが発生しやすいですから、このテンプレートを使用して、メールを作成するとよいでしょう。

書類選考通過メールに対する返信の例文

返信の例文①

書類選考通過のメールに対する返信の例文をご紹介します。書類選考通過のメールを、どのように返信しようか悩む就活生も多いでしょう。どう返信すればよいかわからない場合は、下記の例文を参考にしてみてください。

返信の例文①

件名:書類選考通知の件(○○大学△△)

株式会社□□
人事部 採用ご担当様

○○大学○○学部○○学科の△△と申します。

書類選考合格のお知らせを頂き、誠にありがとうございました。
次の二次選考の機会を頂けたこと大変嬉しく思っております。

先ほどメールを確認致しましたので、
取り急ぎ、その旨をご連絡するためメールさせて頂きました。
今後ともよろしくお願い致します。

────────────────────

○○大学 ○○学部 ○○学科 ○年
○○○○
e-mail:○○○○@.com
〒123-4567
○○県○○市○○町1-2-3
携帯TEL:xxx-xxxx-xxxx

────────────────────

返信の例文②

返信の例文②

件名:書類選考結果のご連絡ありがとうございました(○○大学△△)

□□株式会社
人事部 ▲▲様

お世話になっております。
○○大学○○学部○○学科の△△と申します。

このたびは、書類選考通過のお知らせをいただきまして誠にありがとうございました。
二次選考の機会を頂戴できるとのことで、大変嬉しく思っております。重ねて御礼申し上げます。
ご指定の×月×日に伺わせていただきます。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

────────────────────
○○大学 ○○学部 ○○学科 ○年
○○○○
e-mail:○○○○@.com
〒123-4567
○○県○○市○○町1-2-3
携帯TEL:xxx-xxxx-xxxx
────────────────────

書類選考通過に対する返信メールの注意点

相手からきたメールの内容は削除しない

採用担当者からのメールを返信する時に、相手が書いた内容を削除しないように注意しましょう。メールを返信する時は、引用返信を用いるのが妥当な判断です。そもそも、使用しているメールソフト次第でありますが、返信する時にそのまま引用返信になっている場合も多いので、意識する必要もないかもしれません。
相手のメールの内容を削除しない方がいい理由は、こちらのメールの確認をした時に、もう一度相手がすぐに自分で送った内容を確認するためです。採用担当者も社会人として1日に何通もメールでのやり取りを行っています。たくさんメールのやり取りを見ているので、自分が送ったメールの内容を完璧に覚えている訳ではありません。そのため、就活生からメールを返信する時に、採用担当者からのメールを引用返信という形で残すことで、採用担当者が簡単にメールのやり取りの内容を思い出すことが出来ます。

機種依存文字を使わない

文字化けの恐れがある機種依存文字は使わないようにしましょう。機種依存文字とは、パソコンの種類やOSに依存した文字です。つまり、WindowsPCに依存している文字は、macintoshのPCだと文字化けして表示されます。文字化けすると「・」や「?」などの文字に置き換わり、メールの内容がわからなくなるため、使用は避けましょう。

書類選考通過のメールにはすぐ返信をすべき

返信マナーとして、【企業からメールが届いたらすぐに返す】【署名をいれる】【書類選考通過に対する感謝と意欲を見せる】ことが挙げられます。返信に遅れた場合は、「返信が遅れて申し訳ございません」と一言添えましょう。返信し忘れをしないためにも、就活中は毎日メールをチェックするとよいです。返信の内容に困った方は、本ページでご紹介した例文を参考に作成してみてください。

6a0ed8043a8a1688

キャリアアドバイザー|赤塩 勇太

テンプレートを活用して最低限のマナーを守る

書類選考の通過可否への返信のみで心象を大きく下げたりあげたりするということは、基本的にはありません。ですが、相手の企業の名前を間違えたり、ピント外れの回答をすることには、一定のリスクが発生いたします。ですので、テンプレートを活用して、最低限のマナーは守れるようにいたしましょう。

登録必須!おすすめ就活サイトランキング5選

96d3d7bdc29564db

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

【最短1週間での内定】”特別推薦枠”で選考に進める就活サービス『キャリアチケット』
  • 2019年卒
  • 就活セミナー

【最短1週間での内定】”特別推薦枠”で選考に進める就活サービス『キャリアチケット』

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2018.06.30 17:00 ...

今回ご紹介するのは、特別推薦枠で選考に進める就活サービス「キャリアチケット」。最短で1週間の内定が狙えます!

31085 view

【19卒向け】【6万人の就活生が利用!】最短1週間でプロが内定まで導く、個別面談サービス
  • 2019年卒
  • 就活セミナー

【19卒向け】【6万人の就活生が利用!】最短1週間でプロが内定まで導く、個別面談サービス

  • 開催場所: 東京都, 大阪府
  • 開催日時:  2018.01.15 00:00 ...

【19卒向け】【6万人の就活生が利用!】最短1週間でプロが内定まで導く、個別面談サービス

33414 view

就活に絶対必要な4つのテーマを凝縮!【早期特別オファーイベント】
  • 2020年卒
  • 就活セミナー

就活に絶対必要な4つのテーマを凝縮!【早期特別オファーイベント】

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2018.09.09 18:00 ...

今回ご紹介するのは、難関企業の内定者を多数輩出したキャリアチケットの早期特別オファーイベント。当日は、難関企業最大4社が参加し、特別選考権など内定候補者になれるチャンスも!

3493 view

もっと見る

おすすめの就活イベント