2017年05月01日(月) 更新

就活におけるエントリー数の平均と内定数との関係|9業界の人気企業ランキングもあわせてご紹介

就活では約15~30社ほどエントリーする学生が多い?!

キャリアパーク会員の就活生を対象に「あなたは現在何社エントリーしていますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

就活生の回答

5社

就活生の回答

30

就活生の回答

16社

就活生の回答

20数社

就活生の回答

15社ほど

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月6日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「あなたは現在何社エントリーしていますか?」

調査によると、就活では5~30社ほどエントリーする学生が多いことがわかります。5社と少ない企業に絞る人もいますが、15~30社ほどはエントリーを行い、企業同士を比較して就職先を決める学生が多いといえるでしょう。では、就活を始めたらどれくらいエントリーすればいいのでしょうか?周りと比べてエントリー数少ないけど大丈夫なのか、不安になる就活生も少なくありません。そこで本記事では、就活生の平均エントリー数と内定、選考の関係性について解説していきます。

エントリー数が100社を超える就活生もいる

A501dded59cc5661
学生が就活を始めるにあたり、企業へのエントリー数は平均でどれくらいなのか気になるところでしょう。就活生のエントリー数は、専門分野や業界によって異なります。そのためエントリー数にも差はありますが、20社程度から多い人だと100社を超える就活生もいるようです。

就活における平均エントリー数は約30社

就活生の平均エントリー数は、※約30社です。就活では、平均エントリー数である30社のすべての面接を受けるわけではありません。ここから、説明会や企業研究で絞り込んでいきます。取捨選択をおこない、実際にエントリーシートを提出するのは30社よりも少なくなるのです。 ※キャリアパーク調べ ▼こちらもチェック! 【エントリーシートの書き方マニュアル完全版】企業の採点基準・業界別ESの質問&回答例を徹底紹介

就活サイトやSNSの普及で平均エントリー数が増加している

B3711b02a9bc872d
なぜ、多くのエントリーが可能になるのでしょうか。近年は、就活サイトやSNSから、クリックするだけでエントリー可能となる企業も多いです。このようなシステムの普及により、就活生の平均エントリー数も大幅に増加している傾向にあります。

景気回復で採用活動が活発になっているのも要因

就活で平均エントリー数が増加している要因として、景気が回復傾向にあり、就活生の採用人数を増やすなどリクルート活動に積極的な企業側の動向があげられます。この追い風にのって、就活生もしっかりと準備を進めてきた点が平均エントリー数を伸ばした要因といえそうです。

就活においてエントリー数と内定数は関係する?

19d7191b8b23ad94
では、就活をおこなう際、エントリー数と内定数は関係するのでしょうか。就活でエントリー数が上がれば、内定数も比例して上がるという説があります。では、実際の就活生の平均エントリー数が増加している昨今において、内定数はどうなっているのでしょう。内定数も、エントリー数に比例して増加しているのでしょうか?

平均エントリー数を増やすことで内定数には影響しない

就活生の平均エントリー数が増加しても、内定数が増加することはないようです。1人の就活生が平均以上にエントリーしても必ず受けるとは限らず、1人の学生が対応できる数は決まってきます。 100社にエントリーしたとしても、実際に選考に移るのはその半分にも満たないはずです。そこから選考を進めたとしても、結局内定数は変わりません。ただ、就活の際にエントリー数が多いと、それだけ可能性は広がります。多くの企業に興味を持って就活を進めるのは大切です。 ▼こちらもチェック! エントリーシート(ES)の平均提出数と通過率|就活前に知るべきその数をラインキング形式で一挙大公開

思わぬ業界・企業との出会いがある!?

40e050fe9eeeeefe
就活を始めたけど、まだいまいち志望する業界が決まらない、ほんとにここでいいんだろうかと迷っている。そんな就活生は人気の21業界をチェックして自分に合った企業を探しましょう。人気の21業界、200社以上がまるわかりする業界マップが今なら 無料でダウンロードできます。

詳細はコチラ

エントリー数を増やすとしても面接できるのは平均10~20社

71555b4e9f8a0501
就活の際にいくらエントリー数を増やしても、セミナー参加や会社説明会などを経て、エントリーシートを提出することになります。就活の際、エントリー数が多すぎると情報混乱の要因にもなるでしょう。就活で実際に面接へこぎつけるのは、平均10~20社ほどというのを念頭において、就活を進めるようにしましょう。

エントリー数を増やすとメール対応が多くなり大変

就活中は、企業から様々な情報のメールが送られてきます。ただの就活イベントの告知ならいいのですが、選考に関する大事なメールなどが紛れてしまうと、見落としてしまう恐れもあるのです。就活をする際は、エントリー数が多すぎて重要なメールを見逃さないように気を付けましょう。

エントリー数を増やすときはスケジュール管理を優先する

エントリー数を増やすと、その分選考に進む企業も平均的に上がるでしょう。就活の期間は、1日で複数社を受けるケースもあるはずです。そうなると、エントリー数が多いほど1社にかける準備時間が減少していまします。 就活では、スケジュール管理も重要です。スケジュール管理が十分にできる範囲でエントリーするよう、気を付けていきましょう。 ▼こちらもチェック! 就活手帳・スケジュール帳を持つメリットと選び方5つ

エントリー数の多い就活生に人気の企業ランキング9業界

A591cbb9f7507866
就活生に人気の、エントリー数が多い企業についても気になりますよね。そこで、就活生が選ぶ「業界別・就職人気ランキング」を参考に、ランキングを紹介していきます。9業界ごとのベスト3を見て、エントリー数が多い企業を把握しておきましょう。

人気企業ランキング【金融】

業界動向SEARCH.COMによると、金融業界の業界規模は49兆4,890億円、平均年収は678万円です。銀行の仕事は、預金業務・貸出業務・為替業務の3大業務になります。三菱UFJフィナンシャル・グループ、みずほフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャル・グループは、三大メガバンクと呼ばれています。

人気企業ランキング【金融】

1位 三菱東京UFJ銀行           5兆1,761億円
2位 みずほフィナンシャル・グループ   2兆9,277億円
3位 野村證券              1兆8,318億円


人気企業ランキング【マスコミ】

マスコミ業界は、放送、新聞、出版、広告で構成されています。ほかにも、映画や音楽、芸能などの産業があり、どれも人気が高いです。業界の認知度が高く応募者が殺到するため、志望するからには人一倍の努力が必要になります。

人気企業ランキング【マスコミ】

1位 電通             2兆3,093億円
2位 集英社             1,229億円
3位 博報堂            1兆959億円


参照:【新文化】 - 集英社、増収増益の決算

人気企業ランキング【電気機器】

E4ab3e1c2967c7ab
業界動向SEARCH.COMによると、電気機器業界の業界規模は80兆7,077億円、平均年収は601万円です。電気機器業界は、家電、重電、時計、OA機器、半導体にわけられます。家電メーカーは、PM2.5や黄砂などの環境的要因にも左右される業界です。空気清浄機や布団掃除機など、快適に生活するための家電が求められています。

人気企業ランキング【電気機器】

1位 日立製作所          9兆6,162億円
2位 三菱電機           4兆0,543億円
3位 ソニー            7兆7,672億円


人気企業ランキング【食品】

業界動向SEARCH.COMによると、食品業界の業界規模は18兆388億円、平均年収は569万円です。世界的な日本食ブームもあり、食品メーカー各社が海外進出しています。「しょうゆ」の次は?キッコーマンの海外戦略では、しょうゆメーカー最大手キッコーマンの、グローバル展開について紹介しています。

人気企業ランキング【食品】

1位 明治グループ        1兆1,480億円
2位 アサヒ飲料         1兆7,069億円
3位 味の素            9,913億円


参照:直近の業績 | 財務・業績情報 | 株主・投資家のみなさまへ | アサヒグループ

人気企業ランキング【化学・医薬・化粧品】

業界動向SEARCH.COMによると、化粧品業界の業界規模は2兆97億円、平均年収は546万円です。化粧品業界においては、異業種からの参入が多くみられます。富士フイルム、味の素、アサヒグループなど、本業の研究開発から生まれた成分を応用する企業が多いです。

人気企業ランキング【化学・医薬・化粧品】

1位 資生堂              7,620億円
2位 花王               1兆4,576億円
3位 コーセー             1,900億円


参照:花王グループ概要|花王株式会社 - Kao

人気企業ランキング【通信・IT・ソフトウェア】

Feb301f57dc1b1f0
業界動向SEARCH.COMによると、通信業界の業界規模は29兆152億円、平均年収は966万円です。スマートフォンの普及により固定電話の需要が下がってきた近年、高速通信の低価格競争と、携帯電話の新サービス開発、加入者の争奪が激しくなっています。今後もシェアを拡大するには、顧客のニーズに対応したサービスが求められるでしょう。

人気企業ランキング【通信・IT・ソフトウェア】

1位 NTTデータ            10兆9,251億円
2位 SCSK                 3,239億円
3位 NTTドコモ             4兆4,612億円


参照:財務・業績 | SCSK株式会社

人気企業ランキング【商社】

業界動向SEARCH.COMによると、総合商社業界の業界規模は31兆1,307億円、平均年収は1,286万円です。総合商社は多彩な商材を扱っていますが、最も成長できる分野を見つけ、自社の強みを見極めて競争力をつけていきます。商社を志望する場合、環境の変化に対応できる柔軟さが求められるのです。

人気企業ランキング【商社】

1位 三菱商事           7兆6,351億円
2位 伊藤忠商事          5兆5,875億円
3位 三井物産           5兆7,319億円


人気企業ランキング【流通】

流通とは、商品を生産者から消費者に渡す商業活動です。流通業界の業態には、百貨店、コンビニ、家電量販店、ドラッグストア、スーパーなどがあります。いずれも生活に密接した存在であり、必要不可欠です。ライザップもニトリも参入、なぜいまアパレル業界なの?によると、ニトリがアパレル業界へ参入する意向を示しているようです。ネットが普及した現代において、新しいビジネスの開拓が必要といえます。

人気企業ランキング【流通】

1位 ニトリ            3,876億円
2位 イオン           6兆3,951億円
3位 紀伊國屋書店         1,059億円

 

参照:【新文化】 - 紀伊國屋書店、6期連続の増益決算

人気企業ランキング【建築・住宅】

業界動向SEARCH.COMによると、住宅業界の業界規模は8兆9,721億円、平均年収は592万円です。住宅業界の将来性によると、東日本大震災を境に住宅へのニーズは大きく変化しているようです。土地の地盤や耐震性、太陽光発電など、地震に強い家を求める声が多くあります。

人気企業ランキング【建築・住宅】

1位 住友林業            9,729億円
2位 積水ハウス          1兆8,051億円
3位 大和ハウス工業        2兆7,003億円


就活生の平均エントリー数は約30社!スケジュール管理に無理のない範囲で計画を立てよう

いかがでしたか。就活生のエントリー数の平均と、人気の高い企業のランキングをご紹介してきました。就活生のエントリー数は、平均30社です。エントリー数は多い方がいいように感じますが、スケジュールの管理や選考に進める可能性を加味すると、無理のない範囲でエントリーする必要があります。エントリー数の多い企業は競争率が高くなるので、志望する場合はイメージやなんとなくの理由で選ばないように注意しましょう。

現役就活エージェントが解説!面接攻略法Book!

%e9%9d%a2%e6%8e%a5%e6%94%bb%e7%95%a5 %e8%a8%b4%e6%b1%82%e5%ba%83%e5%91%8a%e6%9e%a0 header

面接がうまくいかない。どうして?
就活生にとっての最大の難関。それは面接です。

・いつも面接で落ちてしまう
・しっかり準備したはずなのに、うまくいかない

これらの悩みには必ず理由があります。しかし、それを一人で見つけるのは非常に困難。自分の頭の中でグルグル考えているうちに、余計に泥沼にはまってしまうなんてことにもなりかねません。あなたの面接対策を客観的に見直してみることが何よりも大切です。

詳細はコチラ

このコラムに近いイベント

もっと見る

おすすめの就活イベント

厳選企業5社の選考。内定直結合同選考会

  • 開催場所: 大阪府
  • 開催日時: 2017/06/24

人気のコラム