2017年09月14日(木) 更新

一次面接に通らない人の特徴と落ちてしまう理由|選考を通過するためのポイントと対策をご紹介

採用面接の第一関門である一次面接の特徴

就活生は一次面接にはふるい分けの役目があると考えている

就活生は、一次面接に対してどのようなイメージイメージを持っているのでしょうか。キャリアパーク編集部が独自にアンケートを行い、学生たちの生の声を集め、代表的な声をまとめました。

質問:一次面接は、その後の面接と違ってどのような特徴があると思いますか?そう思う理由とあなたなりの対策を教えてください。

就活生の回答

一次面接は、二分割を行うものであると考えています。多くの人物を選考しないといけないため、ある程度のラインを設けて「一緒に仕事をしたいと思える人」と「そうでない人」に分けているのだと思います。一次面接は、一般的に現場の社員がすると聞きました。そうなれば、見ることは1つであり、「一緒に仕事をしたいと思えるかどうか」が基準だと思うのです。一緒に仕事をしたいと思わせるために、私は業界・企業研究を徹底しておこないました。業界が抱えている問題や、今後の方針について把握しておくことで、具体的にこういった部分で活躍できます、というのをアピールしました。

※上記は就活生から取得したアンケート回答をもとに、編集部で表記や表現などを一部調整のうえ、記載しております。

アンケート結果を見ると、就活生は一次面接をふるい分けの役目があると考えているようです。一次面接の選考に合格し、次の選考に進むには、その特徴を理解して対策を練る必要があります。まず、一次面接の特徴が一体どんなものなのか、みていきましょう。

一次面接は社会人としての一般常識やマナーを持ち合わせているかが見られる

一次面接では、志望者が社会人としての一般常識やマナーを持ち合わせているかを見ています。一次面接の面接官は若手社員がおこなう場合が多く、能力的・本質的なものを見極めるのは難しいため、「社会人として働ける人なのか」という基本的なところをチェックされるのです。
具体的には、身だしなみやマナー、コミュニケーションがきちんと取れるか、その企業への志望度がどのくらいなのかという点をチェックされています。

エントリーシートとの整合性も見られる

一次面接では、自己PRや志望動機についても問われます。このとき、エントリーシートに書かれた自己PRや志望動機と食い違いがないのかをチェックされているのです。エントリーシートの記述と面接での回答にブレがあったりすると、適当に答えているイメージになり、いい加減な人間だと判断されかねません。また、その企業へ本当に就職したいのかと疑問に思われる可能性もあります。

一次面接に通らない人の共通する特徴

就活生は面接に通らない人には共通点があると感じている

キャリアパーク会員の就活生を対象に「面接に通らない人の共通点には、何があると感じますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

就活生の回答

  • 面接官の質問に答えてない人
  • 自分を分かっていない
  • 自己主張が強すぎるか弱すぎる
  • 言葉が詰まる
  • 暗い。下を向いている

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月6日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「面接に通らない人の共通点には、何があると感じますか?」

就活生の多くは、面接に通らない人には共通点があると感じているようです。面接で話す内容以外にも「言葉が詰まる」「暗い。下を向いている」といった話し方や視線についても見られているという意識を持つことが重要だと考えています。
つづいて、一次面接を通らない人の特徴についてご紹介します。

一次面接に通らない人の特徴はコレ

以下が、一次面接に通らない人に共通する特徴になります。

一次面接に通らないの特徴

  • 自己紹介や志望動機が自分の言葉でないと感じられてしまう
  • 視線が定まらず、下を見がち
  • 表情に喜怒哀楽が一切見られない
  • 入社したいという熱意が一切感じ取れない
  • ネガティブな発言からみえる、自信のなさ
  • 明らかに嘘をついている
  • 丸暗記してきたかのごとく回答をスラスラ言う
  • 面接官の意図を理解できず、明らかに的外れな事を回答する
  • 社会人に必要になるマナーが身についていない
  • 質問をしてもまったく答えられない

上記から一次面接を通らない人の特徴は、コミュニケーション不足やマナーのなさ、やる気を感じさせないことだといえます。

一次面接に通らない理由

①会話のキャッチボールができていない

一次面接で落ちてしまう理由の1つ目は、会話のキャッチボールができていないことです。面接官からの質問に的確に答えられずに、話が本質から逸れてしまっている人は意外と多いと言えます。 面接は口頭コミュニケーションですので、面接官から聞かれたことに対する答えをきちんと述べなければ、コミュニケーション能力不足だと捉えられ、評価が下がってしまうでしょう。

②質問対策ができていない

頻出の質問への対策ができていないことも、一次面接に通らない理由になります。面接では、必ずといっていいほど聞かれる質問があります。そういった質問にさえも対策を練っていない人は、当然ながら聞かれても答えられないことが多いでしょう。 準備不足が露呈するだけで、プラスに働く要素は何もありません。

③丸暗記で機械的になっている

質問に対する答えや自己PR、志望動機を丸暗記して、機械的に話してしまうことも、一次面接に通らない理由に挙げられます。どうしても「暗記している感」が出てしまって、面接の場で感情が乗りにくいため、出てくる言葉に力がないように感じ取られてしまうのです。
それは、「本当に働く意欲があるのか」、「本当にその企業に入りたいのか」と疑われてしまうことにもつながるでしょう。

④一般常識やマナーがなっていない

学生気分が抜けておらず、社会人に必要になる一般常識やマナーが身についていないと、マイナス印象を与えてしまいます。社会人になってからマナーを学んでいけばいいという考えは捨ててください。 社会人に必要になるマナーは、人として身につけておくべきマナーにつながるので、非常に重要視されます

⑤目線があさっての方向に向いている

一次面接に通らない最後の理由として、目線があさっての方向に向いていることが挙げられます。目が合わなかったり、あさっての方向を向いていたりすると、「人と接するのが苦手なのかな」「嘘をついているのかな」などと思われてしまいます。面接官は、【目が合う】ことを意外と重要視しているのです。

一次面接通過のための対策

①面接でよく聞かれる質問に対して前もって準備しておく

はじめに、面接でよく聞かれる質問を知りましょう。その後に、自分だったらこう答えるなどの、回答の大枠を考えてみて下さい。答えを出すためには、企業研究や自己分析が必要とになります。
面接でよく聞かれる質問は下記のとおりです。しっかりと事前に準備しておきましょう。

面接でよく聞かれる質問の例

  • 自己紹介をお願いします
  • 当社を志望した理由は何ですか
  • 周りの友達からはどんな人だと言われますか
  • 挫折した経験と、それを乗り越えるためにおこなったことはありますか
  • 長所と短所をおしえてください
  • 仕事をしていく上で、大切にしたいことは何ですか
  • 最近気になったニュースは何ですか
  • アルバイト経験はありますか
  • 学生時代に頑張ったことは何ですか

②自己PRや志望動機は要点だけを押さえておく

機械的な答え方にならないように、回答の要点だけを押さえておくとよいでしょう。自分が一番伝えたい内容を軸として持っておき、質問されたらその軸に肉付けをしていく形で回答するようにしてください。そうすれば、伝えたいことをしっかりと伝えられますし、丸暗記感も出ないでしょう。

③質問に対する答えを最初に述べる

面接官と会話のキャッチボールをしっかりおこなうには、質問に対する答えを最初に述べるとよいでしょう。最初に答えを述べると、自然と次に出てくる内容は「なぜなら~」や「その理由は~」となるので、一貫した内容を伝えることがより容易になります。 面接官との会話の軸がぶれることが減るので、まずは質問に対する答えを述べることを意識してみて下さい。

④面接で求められるマナーを身につけておく

面接で求められるマナーは大事なものになります。なかでも、入退室と言葉遣いは特に面接官に見られていますので、ポイントを押さえておきましょう。
入退室の際は、後ろ手でドアを閉めないように注意してください。粗末な振る舞いに見えてしまいます。また、「よろしくお願い致します」「ありがとうございました」などの挨拶は、しっかりと目を見て言うようにするとよいです。
また、最低限の敬語は使えるようにしておいてください。敬語が使えないと好印象を得ることはありません。日ごろから使うように意識しましょう。

⑤面接官と目線を合わせづらい場合は襟元に視線を向けるとよい

目を合わせるのがどうしても苦手という人も多いでしょう。そこで、無理に目を合わせようとするのではなく、襟元や顔全体を見るように意識することをおすすめします。しっかりと面接官に視線を送っている姿勢が見えれば、問題はありません。面接官も、「相手の顔を見て話してくれている」と感じてくれますので、ぜひ実践してみて下さい。

選考に通らない理由を理解して一次面接を突破しよう

一次面接を通らない人の特徴は、コミュニケーション不足やマナーのなさ、やる気を感じられないことです。また、通らない理由には、面接時のマナーがなってなかったり、質問へ適切に答えられない点があります。これらは事前に対策することができますので、しっかり対策を施して一次面接の壁をくぐり抜けましょう。

【大学3年生向け】面接官の立場になって自分を評価してみませんか?

面接では何が評価されているのか、またなぜ落ちたのかがわかりにくいもの。そのため、有効な対策を見つけるのは意外と難しいですよね。
実際、面接官はあなたのマナー、志望動機、自己PRなどを主に3つのシートで評価しているといわれています。今回、そんな面接官が実際に使っている評価シートを無料で公開!これで対策を行えば自信を持って面接に臨めるでしょう。

面接評価シートをもらう(無料)

関連タグ

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

「内定式までに就活を終えたい・・・」最短1週間でプロが内定まで導く、就活支援サービス
  • 2018年卒
  • 就活セミナー

「内定式までに就活を終えたい・・・」最短1週間でプロが内定まで導く、就活支援サービス

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:   ...

18卒の関東の学生のみなさんに、DODA新卒エージェントをご紹介します。3,000社という圧倒的な取引企業で、学生のみなさんに幅広い選択肢を提案できる、新卒エージェントの定番です。

1162 view

自己PRを大手レベルに仕上げる!1000社の採用基準をもとに、選考を通過させる自己PRを作り上げるセミナー
  • 2019年卒
  • 就活セミナー

自己PRを大手レベルに仕上げる!1000社の採用基準をもとに、選考を通過させる自己PRを作り上げるセミナー

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2017.09.14 13:00 ...

1,000社以上の一流企業の採用基準を基に、自己PRを作成できるイベントをご紹介!企業目線に立って自己PR作成が実践できる絶好のチャンスです。

1768 view

トップビジネスパーソンに必須のスキル! 営業力について学べるソリューション営業体験 セミナー
  • 2019年卒
  • インターン説明会

トップビジネスパーソンに必須のスキル! 営業力について学べるソリューション営業体験 セミナー

  • 開催場所: 東京都, 大阪府
  • 開催日時:  2017.07.11 12:00 ...

トップビジネスマンに求められるスキルを、「営業」を体感することで実践的・論理的に身につけられる セミナー。

2940 view

もっと見る

おすすめの就活イベント