2017年07月18日(火) 更新

【就活生必見】「仕事で体力が必要」と面接官に言われた時の好印象を与える受け答え方のポイント

体力が必要だと就活生が感じる職種は多い

就活生の回答

  • 営業。体力必要
  • はい。広告業界
  • 不動産は体力が要ると聞きました
  • 損害保険業界、ある程度は必要になると思います。
  • はい。施工管理

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月6日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「あなたが希望する仕事に体力は必要そうですか?職種も併せて教えてください!」
就活生が希望する仕事の多くでは、体力が必要だという結果がわかりました。「不動産は体力が要ると聞きました」や「損害保険業界、ある程度は必要になると思います。」などの回答から、体力が必要な職種が見えてくるかと思います。
このような体力の必要な職種を希望する就活生は、どのように答えれば好印象を与えられるのでしょうか。そのポイントを紹介していきましょう!

体力に自信がなくてもネガティブな答えは言わない

体力は、健康的な元気さなども連想される言葉です。体力が無いと答えると、同時に新卒生としての覇気が欠けているとも捉えられてしまいます。

なにも、「プロ級のアスリートか否か」を問うているわけではありません。ときに、残業などでハードワークになってしまうかもしれません。あるいは、風邪をひいたけど、どうしても出社しなければならない、なんて状況も社会ではよくあります。
「一般的に考えて、体力面に不安はないか」という質問と同じような意味だと考えて答えましょう。

一番は、本当に体力に自信があって「はい! 大丈夫です!」と答えられることです。ですがそこまでではなくても、ネガティブな発言はしないようにしたほうが良いでしょう。

体力に関するエピソードでアピール

大会やコンクールで賞を獲ったことがなくても、サークルやバイトなど、身近なシーンで実際にあった体力に関するエピソードでアピールしましょう。

例えば、「高校時代は野球部で、大学でも野球のサークルに所属していた」という経験。これをただ説明するだけでは不十分です。どの程度の頻度でやっていたのか。これが、どのように体力維持につながったのか。それがわかる、具体的なエピソードはあるか。これらを中心に話すといいでしょう。

また、こちらでもスポーツ経験は必ず必要ではありません。「8時間の立ち仕事のアルバイトを休まず続けたこと」や「週末は徹夜で飲み歩いていたが、月曜の1時間目に遅刻したことはない!」と言った内容でも大丈夫。具体性をもって話し、それがどのようにこれからの社会人生活で活かせるのかを付け加えれば、「体力アピール」としては十分です。

健康的で意欲があることを伝える

体力への自信をうかがう質問には、体調が優れなくても会社に貢献できるかと言った、やる気を探る意味合いが隠れています。

この質問で、あなたがトップアスリート並みの体力をもっているかどうかを知りたいわけではありません。社会人の基礎である「自分自身の体調管理ができるか」「継続して仕事を続けられるか」といったことを聞きたい質問なのです。質問の意図を誤解して「100mのタイム」などを答えて、会話がかみ合わなくなることは避けましょう。

体力に関するエピソードや健康的で意欲があ意欲があることを伝えよう

「体力を必要とする仕事ですが、大丈夫ですか」言われたら、少し自信がなかったとしても、健康的で元気な印象を与えましょう。「盛りすぎ」は禁物ですが、具体的なエピソードと、それによってどう貢献できるかを添えるとより印象は良くなるはずです。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

5a334849b2c88964

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント