2017年07月18日(火) 更新

圧迫面接をされて内定辞退になる理由

そもそも圧迫面接とはどのような面接か

就職活動の中で必ず通らなければならないひとつに面接があります。
これから受けるという人もいれば、既に採用面接を受けたという人もいるかと思われます。面接で合否が決まり、これからの人生が左右されるとなると、胃が痛くなったり、眠れなくなったり、緊張する事も多いでしょう。その緊張を一挙に高めるのが「圧迫面接」です。

意地悪な質問を投げかけてストレス耐性を見る

圧迫面接とは、面接官がわざと意地悪な質問を投げかけて志望者のストレス耐性を見るという方法で、内容としては志望者が触れてほしくない点を問うことによって、志望者がどんな対応をするかを見るものです。

面接する側としては、これにキレてしまうようでは厳しい仕事を任すことはできないという思いからこういった方法をとるわけです。受かったとしても内定辞退をしてしまうようでは忍耐力がないと判断されてしまうわけです。

受かったのに内定辞退を決めた圧迫面接とはどんな面接!?

圧迫面接を受け、受かったとしても内定辞退を決めさせた質問はどんな内容のものがあるでしょうか。志望者の想いや考えを引き出したいがために、何度も質問を繰り返すこともあるかもしれません。そのため我慢強く答えていく必要があるでしょう。

人間性を否定するような内容のケース

しかし人間性を否定するような言葉が面接官から発せられたとすれば、志望者のストレス耐性を図るべくの質問かもしれませんが、受かったとしても内定辞退を決める人もいるでしょう。
就職が決まり仕事に就いたとしても、職場に面接官と同じような人がいて、同じような対応を受けることを想像してしまうからです。

人間性を否定するような内容に対しては、やはりそれをそのまま受け入れる人は少ないのではないでしょうか。圧迫面接がエスカレートすればそういったケースも増えてくるのではないでしょうか。

内定辞退を決意する行き過ぎた圧迫面接質問の例

圧迫面接の結果、本当にほしいと考えていた志望者からの印象を悪くして逃げられてしまったケースもあるようです。
行き過ぎた圧迫面接により、会社の評判を落としてしまうこともあります。
基本的に、、企業側の採用担当者も、こういった影響に注意を払っています。

不快な思いをする質問

仕事とは、あまり関係の無い「恋人の有無や経験人数」という質問や、志望者に結婚する女性は、採用したくないという印象を与えかねない、「女性に対して結婚する気はありますか」といった質問が行き過ぎた圧迫面接ではあったようです。
志望者に対して「どうしてこんな質問をするのだろう」と不快な思いをさせてしまった質問だそうです。

こういった質問により、せっかく志望者が、思い描いていた企業の良いイメージを壊してしまうことにもなりかねません。
このことによって、受かったとしても内定辞退という事態もありえます。
圧迫面接も行き過ぎるとせっかくの人材を失ってしまうという事を、企業は分かった方がいいですが、現状そうもいかないようです。

せっかく受かったとしても圧迫面接が原因で内定辞退を考える理由はモラルのない質問

今回は、せっかく受かった企業を圧迫面接が原因で内定辞退をする事についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?
採用面接で、企業として役に立つ優秀な人材を採用せんがために、志望者のストレス耐性を図ろうとする圧迫面接は、行き過ぎると、望者に不快な思いを与え、内定辞退者を増やすことにもなるのです。その代表的な質問は、倫理やモラルがない質問にあるようです。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

F0236d146680c72d

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント