2019年12月10日(火) 更新

1dayインターンシップの内容と就活生が参加するメリット|把握しておくべき点もご紹介

1dayインターンシップは拘束時間の短さが一番の魅力?

キャリアパーク会員の就活生を対象に「1dayインターンシップに参加するメリットはなんだと思いますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

就活生の回答

  • 少しでも企業についてわかる
  • 企業のことを知れるし1日だから少し気が楽。
  • 業界のことやその企業のことなど、幅広い知識が得られること。
  • お手軽さ
  • 時間の拘束が少ない上、直接企業の方とお話しできる

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月8日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「1dayインターンシップに参加するメリットはなんだと思いますか?」

インターンシップには、さまざまな種類があります。そのひとつである「1dayインターンシップ」は、就活生に人気のものだといえるでしょう。理由として、「1日だから少し気が楽」「お手軽」「時間の拘束が少ない上、企業の方と話す機会ができる」などが挙げられます。こちらの記事では、1dayインターンシップの内容やメリット、把握しておくべき点を見ていきます。

1dayインターンシップの内容

仕事内容の説明や社内見学

1dayインターンシップの内容として、仕事内容の説明や社内見学が挙げられます。社員から仕事内容の説明を聞いた後、社内見学をできる企業があるようです。また、社員と交流できる時間が設けられている1dayインターンシップもあります。実際に働いている社員に質問できたり、生の声が聞けたりできるのは、就活生にとって良い機会といえるでしょう。

グループワーク

1dayインターンシップの内容に、グループワークを設ける企業もあるようです。企業から提示された課題について話し合うグループワークは、就活生たちと交流できる良い機会といえます。提示された課題に対して、ほかの就活生たちと意見を出し合い、協力して進めることの大切さを学べます。

就活生に人気の高い業界を知る

人気21業界丸わかりMAP」は、就活生に人気の高い21業界200社以上の情報を一気に読むことができます。知らない業界のことでも、少し見聞きしておくだけで、第一志望の業界との関連性が見えてきたり、アイデアが生まれてくる可能性があります。
無料ダウンロードで「業界丸わかりマップ」を読み、就活を有利に進めましょう!

1dayインターンシップの服装

1dayインターンシップが【服装自由】の場合は、スーツで参加するのが無難です。私服で参加する際は、オフィスカジュアルを意識した服を選ぶと良いです。私服だからといって、サンダルやTシャツ、ジーパンで参加するのはマナー違反なのでやめましょう。1日だけのインターンだとしても、服装や身だしなみに気をつけて参加するべきです。

1dayインターンシップに参加するメリット

メリット①:時間に縛られない

1dayインターンシップに参加する1つめのメリットとして、長期インターンと比べると【時間に縛られず参加できる】ことが挙げられます。日々の大学のカリキュラムやアルバイトが忙しい人も、1dayインターンシップならスケジュールを調整しやすく、気軽に参加できるでしょう。

メリット②:業務内容が把握できる

1dayインターンに参加する2つめのメリットとして、【業務内容が把握できる】ことも挙げられます。たとえ1日だけのインターンであっても、業務内容を丁寧に教えてもらえるケースは多いです。企業の志望度にかかわらず、少しでも選考情報を集めたい場合は、参加すると良いでしょう。 企業研究を進めたい人や、志望動機に多少の厚みを増したい人にも、1dayインターンシップはおすすめなのです。

1dayインターンシップでは得られるものが少ない

長期インターンに比べると、1dayインターンシップでは得られるものは少ないということも覚えておきましょう。1dayインターンシップに参加したからといって、選考が有利にはなることはほぼありません。それでも、企業との接点を作ろうと、多くの学生が1dayインターンシップに参加しています。インターンシップの倍率が高く、参加できないケースもあるようです。

1dayインターンに参加するうえで把握しておくべき点

①:企業の雰囲気を1日で知るのは難しい

把握しておくべき点として、業務内容は深く知れても、企業の社風や職場の雰囲気を肌で感じ取るのは難しいことが挙げられます。企業の社風や職場の雰囲気を、1日だけで感じ取ることは難しいです。 また、1dayインターンシップで多くのものを得ようと参加しても、自分の思っていた内容と違い、落胆するケースがあります。

②:会社説明会の延長と企業は考えていることも

2つめに把握しておくべき点は、1dayインターンシップは会社説明会の延長だと、企業が考えているケースがあることです。1dayインターンシップでは、業務内容や企業について詳しく説明してもらえます。しかし、「企業の雰囲気や社風を知りたい」と思って参加すると、内容に落胆してしまうかもしれません。1dayインターンシップは、このような点を把握したうえで、参加するか決めると良いです。

お礼状は書いた方が無難

1dayインターンシップに参加した場合でも、お礼状は書いておいた方が無難でしょう。お礼状を送る方法として、手紙とメールが挙げられます。1dayインターンシップなら、メールで送っても良いでしょう。ここでは、メールの例を紹介します。

メール例文

件名:【インターンシップのお礼】 ◎◎大学/○○○○(名前)

株式会社 □□ 採用担当(名前)様

◎◎大学の□□学部 ○○○○(名前)と申します。
このたびは、貴社のインターンシップに参加させていただき、ありがとうございました。
インターンシップでは、社員の方々との座談会やグループワークなどで意見を交換でき、大変勉強になりました。社員の方々に温かくご指導していただき、感謝しております。
また、社員の皆さまの働く姿勢を目の当たりにし、貴社で働きたいという意欲がますます満ちてまいりました。
まずはインターンシップのお礼を申し上げたく、メールを差し上げた次第です。
末筆ながら貴社のますますのご発展をお祈り申し上げます。

(署名)

1dayインターンシップは時間効率が良い

本ページでは、1dayインターンシップの内容やメリット、把握すべき点などをご紹介しました。1dayインターンシップの内容としては、業務の説明や先輩社員との交流、グループワークが挙げられます。長期インターンシップに比べ、【時間に縛られず参加できる】【業務内容が把握できる】などが、メリットだといえるでしょう。志望度にかかわらず情報を集めたいのであれば、1dayインターンシップに参加すると良いです。1dayインターンシップを活用して、就活を進めましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント