2020年06月30日(火) 更新

面接会とは~企業に採用されるまでのポイント~

面接会とは採用を考えている人を集めて判断する事

企業にとって、採用する人材を決めることは重要となっていますが、中でも面接が一番大切にしなければならないことです。面接会とは、採用したいと考えている方を集めて、採用しても大丈夫かを判断するために行われています。面接会とは、行われている場合2つの方法が考えられており、どちらになるかを考えておく必要があります。

面接会で重要なのは自分をアピールする事

面接会とは参加することは、企業との戦いでもあります。企業にとって採用したいと考えている人材かを判断するのですが、その企業に迫ることができるか、求めているラインまで行けるかが重要なのです。そのために必要なのは、とにかくアピールをすることであり、何でもいいから話をして、質問に応えていくこととなります。どちらの方法を採用されても、アピールをしっかりすることには変わりありません。

面接会とはグループディスカッション形式で行われる場合もある

面接会とは、2つの方法で行われており、1つは企業側が面接会として開催している場合です。面接会という名目にはなっていますが、実際には1次面接であることが多いために、面接と言えるものか微妙な状態になっています。もし面接をする際に、グループディスカッション形式が採用されているなら、これは面接会と考えてもいいのです。

グループディスカッション形式なら自分の良さをアピールする

グループディスカッション形式での面接であれば、グループ内で良さを出していくことが重要となります。引っ張っていける人材だと思われれば、それだけで採用される可能性が高まりますし、色々なアピールに繋げることができます。一方で消極的な姿勢が見られると、面接会に参加しているのか分からないと判断されてしまい、不採用にされてもおかしくない状態になります。

それぞれの役割での対策がある

適切な役割を把握した上で、練習を進めた方が効率的に対策ができます。しかし、集団討論でどの役割を担えばいいのかは、多くの就活生が悩むものです。そこでおすすめなのが「グループディスカッション完全対策」です。こちらの資料では、YES・NO診断で自分にぴったりの役割が診断できます。「アイディアマン」「司会」「書記」「タイムキーパー」の内、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるので、ぜひ試してみましょう。

面接会とは他企業と合同で行う場合もある

面接会とは、1企業だけで行われているわけではなく、他の企業が合同で面接を行っている場合があります。こうした合同面接会を行っていることも、当然面接会と言えることですし、この方式を採用している所も結構あります。場合によっては、多くの企業と面接が出来るようになり、1回の参加で複数の企業から内定を貰うことができます。

合同面接会とは複数の企業から内定を貰えるメリットがある

合同面接会とは、内定を上手く貰うことが出来るため、色々と考えられるようになります。複数の企業から内定を貰うことが可能となるので、もし狙っている企業以外の内定が出た時に、検討することが出来るのです。狙っている企業が思っていたより良くなかった場合や、不採用になった場合に、合同面接会での結果が大きなメリットを生み出してくれます。そのため面接会とは、複数の企業にアピールすると考えてください。

面接会とは企業が学生を採用するかを決める場であり自分をアピールすることが重要

企業も採用するために、当然品定めをするための時間が必要となります。その時に利用されているのが面接会であり、面接会とは多くの人と戦いながら、企業への採用を目指していきます。面接会とは2種類あるので、単独での開催か、合同での開催かをよく考えながら、内定を貰うための準備をしなければなりません。合同の場合は複数の内定を貰うこともできます。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

Bc13609351f58bdb

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント