2016年11月29日(火) 更新

新卒採用面接によく出る質問と理想的な答え方

新卒採用面接では定番質問がある

志望動機や、なぜこの会社で働きたいと思ったのかなどは採用面接時には必至の質問です。必ず明確な回答を用意しておきましょう。採用面接時には、その会社で働いている自分の姿がイメージできているかどうかがとても大事なポイントです。採用面接に応募した会社の社是や将来の方向性、CSRなどの考え方を理解した上で、共感や会社の尊敬すべき点などを整理し、この質問への回答を準備しておきましょう。

採用担当者は自社でなければいけない理由を見ている

志望動機を通じて新卒採用担当の面接官が見ているのは、なぜ我が社でなければいけないのかという理由です。押さえたいポイントは、業界の研究や同業他社との違いや会社のどの部分に一番の魅力を感じたのかです。では、例文を見てみましょう。
【例】
「御社の、仕事を通して人間的成長を支援する社風に魅力を感じました。」
「同業の◯◯社は仕事に◯◯を求めているのに対して、御社は仕事の◯◯に価値を置いている部分に大変惹かれました」
「率先して将来のリーダーを育てる御社の社風に魅力を感じました。」
「御社では女性の管理職の割合が非常に多く、女性にも重要なポジションを任せてくれるという点に大変心打たれました。」

志望動機を企業の求める人材像と照らし合わせよう

大切なのは、企業の求める人材像とも照らし合わせながら、志望動機を膨らませていくこと。特に、その企業ならではの取り組みについては必ず自分と照らし合わせながら触れられるようにしておくとよりよいでしょう。あなたが選んだ会社でなければいけない理由を考えるように、採用担当者も面接時には「この応募者でなければいけない」ポイントを探していますから、それが”あなた”になるような回答を準備することを頭にいれて用意しましょう。

面接の自己紹介では人柄と将来性が見られている

新卒採用時の定番である、「自己紹介をしてください」という質問ですが、新卒採用面接では、あなたが学生時代に「なにを学び」、「どんなことに取り組んできたのか」を通して”人柄”や”将来性”を見ようとしています。企業はあなたを採用することで、会社にどんなメリットがあり、将来的にどんな利益がもたらされるのかを見たいのです。

面接の質問には具体的な数字とエピソードを盛り込もう

自己紹介の注意点は、あまり長くなりすぎないことです。ですが、自己紹介はあなたという人物を簡潔に知ってもらうための大切な時間ですよね。あなたのこれまでと、これからを簡潔に伝えられるようにしながら、期間や人数などできるだけ具体的な数字やエピソードを盛り込んで、あなたという人物の魅力を面接官に届けていきましょう。

回答は具体的なエピソードを盛り込もう

ポイントは、5W1H(いつ、どこで、誰が、なにを、どうやって、なぜ)を意識した具体的なエピソードを入れることや、その経験を通して学んだこと、どのような価値観に繋がったのかを盛り込むことです。
【例】
「大学3年時に、サークルのリーダーとして◯◯人の部員の技術力向上のために貢献してきました。そこで学んだことは、◯◯です。それがきっかけで仕事を通して◯◯に自分も貢献できるようになりたいと考えるようになりました。」
「大学の4年間で◯◯のために◯◯を達成するという目標を入学時に掲げ、今年それを達成することができました。これだけは1日も欠かさずに続けてきて、この経験を通して人は成長し続けることができるということを感じました。」

上記では、具体的なエピソードと、その結果得られたことを端的に説明しています。そしてここでも注意すべきことは、「希望する会社の人材像に当てはまった回答になっているか」ということです。この辺りも意識してあなたならではの自己紹介を準備しておきましょう。

忍耐力と努力志向性を見る質問もある

新卒採用面接では、「学生時代に力を入れて取り組んだことは?」「あなたの長所と短所は?」「成功体験と失敗体験は?」など、忍耐力や努力志向性を知るための質問もよく出されます。新卒採用担当者は、短い面接の時間で「この人は長く仕事を続けられるのか?」というところも見抜かなければなりません。せっかく採用したのに、すぐに辞められてしまう人物を採用することは、企業にとっては大きな損害になってしまうからです。これらの質問を通して、あなたの忍耐力や努力志向性を見ているのです。

回答では具体的な数字を盛り込もう

続けてきたことや、困難な場面をどう乗り越えて来たのかです。例文を見てみましょう。
【例】
「部活(サークル)で結果を出すために、毎日欠かさず10kmの走り込みを続けていました。これは社会人になってもずっと続けていこうと考えています。休みたいと考えた日もありましたが、自分をもっと成長させたいと行動を起こすように動機付けを続けていきました。」
「部活(サークル)で思ったような成果が出ず、続けることを諦めそうになったこともありましたが、『自分に今できることで精一杯貢献する』という気持ちに切り替えて、仲間の成長のために◯◯という自分の役割を発見し、最後まで続けることができました。」

このように、「ともに頑張っている仲間のため」という視点での回答は、仕事でよい協調性を発揮できることも伝えられるので好印象。複数の視点から回答を考えておきましょう。あなたが採用担当者に仕事で活躍しているイメージを持ってもらうことができれば、採用の可能性はぐっとあがります。「あなたと一緒に働いてみたい」そう思わせることが理想です。より具体的なストーリーを探し、面接で自信を持って伝えていくことが大切です。

新卒採用面接では具体的なエピソードであなたの魅力を伝えよう

ここまで新卒採用面接時によく出される質問についての理想的な答え方や考え方について伝えてきましたが、参考になりましたでしょうか?新卒採用面接では、あなたの”人柄”や”将来性”、”忍耐力”や”努力志向性”を見ています。新卒採用面接でよく出される質問は、これらの要素を面接の短い時間で見抜き、あなたが企業内でどう活躍する人物なのかを具体的に採用担当者が持てるかどうかを見る場でもありますから、その貴重な時間を有効に活かしましょう。新卒採用面接によく出される質問とその理想的な答え方の3つのポイントを抑えて、新卒内定を獲得していきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

個別面談へご参加ください
  • 24年卒
  • 22年卒
  • 20年卒
  • 21年卒
  • 18年卒
  • 23年卒
  • 19年卒
  • 就活サポートサービス

個別面談へご参加ください

個別面談へご参加ください

42929 view

おすすめの就活イベント