2017年08月10日(木) 更新

面接で緊張しない方法と原因について

緊張しない方法①:原因を突き止める

面接で緊張するのは何故かを知る企業の採用面接などの面接全般は、誰もが必ず緊張してしまうものです。緊張は体を硬直させ思考能力を低下させますから、緊張したままの状態ではまず100%の力は出せないと言えます。その為緊張しない方法を考える必要があるわけですが、緊張しない方法を考える前に何故緊張するのかの原因を考えることも必要となるでしょう。

原因は「面接官・場の空気・自信がない・慣れない環境」

緊張の原因として考えられるのは、面接官に対して緊張、その場の空気に対して緊張が原因、自分自身に自信が無いことが原因、そして面接自体に慣れてなくて緊張といった原因が考えられます。それぞれに対処法も違いますから、面接の前にあらかじめ原因に対して対策を講じておくことが、緊張せずに面接を受けることが出来ることに繋がるのではないでしょうか。対策を講じずに面接をぶっつけ本番で挑むことは無謀にも等しいですから、入念な対策を練ることから始めましょう。

緊張しない方法②:面接慣れは練習の回数でカバーできる

面接で緊張しない方法の対策面接で緊張する原因を考えましたが、その中でも面接慣れしていないので緊張すると言うのは、事前の対策で対処が可能になります。人生の中で面接を受けるのは誰もがそれほど多くはないと思いますが、就活においては面接をクリア出来なければ内定が貰えないわけですので、模擬面接などを数多くこなし、面接というものを自分の中で特別なものではないと言う意識を持たせる必要があります。要するに場馴れすることで本番の面接にも動じることなく、いつもの自分を出せる状態に出来ると言いうことです。

自分の性格と向き合うことも緊張しない解決策になる

面接は独特な雰囲気もありますし、面接官も初めて会う人ですから、模擬面接も知らない人を準備して、本番さながらの状況を作って行う必要があるでしょう。それと自分に自信が無くて緊張するという人は、何に対して自信が無いのかをまず自分自身で把握しておかないと、緊張しない方法を見つけることが出来ませんし、自信が無い状態で面接に挑むと言うこと自体準備不足だと言えますから、そうならないように自分のアピールポイントを見つけだし、自信を持って面接に挑めば緊張することも無くなるでしょう。

緊張しない方法③:面接官も一人の人間であると思うこと

面接官に対して緊張する場合面接で面接官に対して緊張すると言う人も多いでしょう。確かに面接官に気に入られるかどうか、好印象を与えられるかどうかで自分の未来が決まると考えれば、面接官のことが急に怖くなって緊張してしまうと言えるでしょう。しかし面接官といってもその正体はその企業の単なる社員の一人ですから、なんら怖いことは無いわけです。要するに面接官という名前が緊張の度合いを上げているわけですから、緊張しない方法としては、面接官のことを単なるおじさん程度に考えてみると一気に気が楽になると言えます。

緊張している宣言をしておこう

どうやっても緊張が解けない、何故緊張しているのか原因が特定できない場合には、「緊張していますがどうぞよろしくおねがいします」と声に出すと緊張がほぐれる場合もあります。緊張しないようにと考えることも、逆に緊張を高めてしまう原因となり易いので、緊張のことを考えないのも緊張しない方法だと言えます。

面接で緊張しない方法は原因を突き止めて練習の積み重ねと自己の見直しが大切

面接で緊張しない方法を考えても、無意識のうちに緊張してしまうことは有ります。そのためいくら事前に緊張しない方法や原因を突き止めても、結局緊張したまま面接に挑まなければいけなくなる場合もあります。しかし重要なのは緊張していても言いたいことは言い、質問には丁寧に答えると言うことが大事ですから、無理なアピールをしなくても誠実に面接に挑めば緊張していても面接が上手くいくこともあります。ですから緊張のことばかり心配せず、自分の持っているものを出来るだけ出せるようにすることに意識を集中したほうが、面接は上手くいくと言えるでしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

F0236d146680c72d

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【WEB・電話面談】1,000社から厳選!好待遇なホワイト企業に内定できる!

    【0120-082-118より日程調整のためご連絡差し上げます。】