2016年11月29日(火) 更新

SPIの適正検査で見られる項目と対策

SPIの適正検査で見られる項目は筆記と性格適正

SPIの適正検査で見られる項目は、基本的な能力と性格適正です。基本的な能力は、中学生レベルの国語や数学、英語などを指します。そのために、SPIの問題のレベルは中学生レベルとなっており、日頃から勉強をしている場合には、特に対策を立てなくても問題なくクリアできます。日頃から勉強をしていなかった場合でも、復習をする程度で充分に対策は可能です。

SPIの性格適正検査でミスマッチを防ぐ

SPIの性格適正検査では、多くの質問に「はい」と「いいえ」、「どちらでもない」のどれかで回答することになります。矛盾点で見つけるために、似た様な質問が出されたり、繋がりがある質問を出されます。企業の社風や業務内容によって、適正と判断される性格は異なるので対策することはできません。正しく回答することで、企業とのミスマッチを防げるので、ありのままに質問に答えましょう。

企業によってSPIで見られる項目は異なる

企業によって、SPIの適正検査で見られる項目は異なります。点数が高ければ通過できるとは限らず、点数が高くても性格に難があるとわかれば、それだけで通過できない場合もあります。逆に、性格の適正が高く、点数が悪い場合でも、倍率によっては通過の可能性があります。志望している企業が、どの項目に重点を置いているのかを知りましょう。

社風と業務内容から適正内容を知ろう

企業研究を行い、社風と業務内容、将来のビジョンなどを元にして、どういう人物が適正と判断されるのかを知りましょう。英語力が必須で、解析力も求められるのであれば、数学と英語でより高得点を獲得する必要があります。倍率によっては、一般的な合格ラインである7割を突破しても通過できないこともあるので、万全に対策しておきましょう。

SPIの性格適正検査は対策法はない

SPIの性格適正検査には対策法はありません。下手に対策しようとしても、多くの質問の中で自分の性格を偽り、矛盾点を出すことなく回答することは非常に難しいです。類似している言葉を使用して、別の質問であるかの様に装い、矛盾点を発覚させるようになっています。どうしてもその企業に入社したいと考えていても、適正が無いのに入社しても自分のためにならないことを覚えておきましょう。

SPIの性格適正検査では基本的にポジティブな回答をしよう

SPIの性格適正検査では、細かい性格に対する対策はできませんが、基本的にポジティブな回答をすることで、適正があると判断してもらえます。粘り強く努力をするかという様な質問には、迷うことなく「はい」を選びましょう。行動的でありながら、データを元にして慎重に行動し、チームワークを大切にしている人物が基本的に求められます。

SPIの適正検査は正しく対策しよう

SPIの適正検査を受けることで企業とのミスマッチを防げます。志望している企業が求めている人物像を知って、そこからどの科目を重点的に対策すればいいのかを考えましょう。全ての科目において高得点を獲得しても、性格適正が無いと判断されれば通過できない場合もあります。SPIの適正検査の内容と行われる理由を知って、正しく対策しましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント